« ■黒澤映画祭が資金難で今年中止 | トップページ | ■酒井法子容疑者、所持罪で起訴 使用でも追起訴へ »

2009.08.28

■体重増加を抑える化合物発見

 脂肪の合成を妨げ、過食による体重増加を抑える化合物を、京都大と東京大などの研究チームが発見した。メタボリック症候群を改善させる薬の開発につながる成果。28日、米専門誌に発表する。
 京大物質―細胞統合システム拠点の上杉志成(もとなり)教授らは、同大学にある約3万種類の化合物の特性を調べるなかで、培養した細胞内で脂肪の蓄積を阻害する物質を発見。「ファトスタチン」と名付けた。
 遺伝子操作で食欲を抑えられないようにした肥満マウスは、体重が約1か月で25グラムから36グラムに急増し高血糖や脂肪肝になったが、ファトスタチンを注射した肥満マウスは、1か月間餌を食べ続けても体重が32グラムに抑えられ、血糖値も正常だった。肝臓などの細胞内で、脂肪が合成されるのに不可欠なたんぱく質に結合し、働きを抑えているらしい。

|

« ■黒澤映画祭が資金難で今年中止 | トップページ | ■酒井法子容疑者、所持罪で起訴 使用でも追起訴へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/46050784

この記事へのトラックバック一覧です: ■体重増加を抑える化合物発見:

« ■黒澤映画祭が資金難で今年中止 | トップページ | ■酒井法子容疑者、所持罪で起訴 使用でも追起訴へ »