« ■ボルト、100メートル世界新9秒58で圧勝 | トップページ | ■ライオン、20年後に絶滅も »

2009.08.17

■ヴェネチア国際映画祭名誉金獅子賞に『カールじいさんの空飛ぶ家』

090817b
 『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ映画『カールじいさんの空飛ぶ家』のジョン・ラセターとディズニー、ピクサーの監督たちが、第66回ヴェネチア国際映画祭で名誉金獅子賞を受賞した。
 『カールじいさんの空飛ぶ家』は、冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。カールじいさんの声を『アパッチ砦・ブロンクス』のエドワード・アズナーが、カールの相棒となる少年ラッセルの声を新人のジョーダン・ナガイが担当する。この賞は2005年に宮崎駿が受賞している文字通り名誉な賞。今回は個人ではなく、ジョン・ラセターとディズニー、ピクサーの監督たちという団体で受賞しており、これは異例なこと。
 この賞は、ヴェネツィア映画祭の会期中に、ヴェネツィア、リドのパラッツオ・デル・チネマのサラ・グランデで開催される特別式典でジョン・ラセターや、ピクサーの精鋭スタッフであるブラッド・バード、ピート・ドクター、アンドリュー・スタントン、リー・アンクリッチに授与される予定だ。

|

« ■ボルト、100メートル世界新9秒58で圧勝 | トップページ | ■ライオン、20年後に絶滅も »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/45953546

この記事へのトラックバック一覧です: ■ヴェネチア国際映画祭名誉金獅子賞に『カールじいさんの空飛ぶ家』:

« ■ボルト、100メートル世界新9秒58で圧勝 | トップページ | ■ライオン、20年後に絶滅も »