« ■宮城限定 ずんだキューピー | トップページ | ■ヴィム・ヴェンダース監督、ピナ・バウシュの映画製作を続行 »

2009.07.29

■ドイツの振付家兼演出家・ピナ・バウシュ、死去

20080329
 ドイツの著名な振付家兼演出家のピナ・バウシュさんが2009年6月30日、ドイツ西部ブッパタール市内の病院でがんのため死去した。68歳だった。バウシュさんが所属するブッパタール舞踊団が明らかにした。
 1940年、ドイツ西部のゾーリンゲン生まれ。4歳でバレエを始め、ニューヨーク留学などを経て73年にブッパタール舞踊団の芸術監督に就任。演劇、音楽、ダンスなど舞台芸術の垣根を越えて表現する「タンツテアター」(舞踊演劇)で、世界のダンス界に衝撃を与えた。
 主な作品に「春の祭典」「三文オペラ」など。6月21日に新作を発表したが、その後、体調不良を訴えていた。日本でも数々の公演をし、昨年3月が最後の来日公演となった。

|

« ■宮城限定 ずんだキューピー | トップページ | ■ヴィム・ヴェンダース監督、ピナ・バウシュの映画製作を続行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/45777792

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドイツの振付家兼演出家・ピナ・バウシュ、死去:

« ■宮城限定 ずんだキューピー | トップページ | ■ヴィム・ヴェンダース監督、ピナ・バウシュの映画製作を続行 »