« ■映画「ウォッチメン」玉石混淆の問題作 | トップページ | ■ダン・ブラウンの新小説、早くも映画化決定 »

2009.04.22

■女優で歌手の清水由貴子さんが硫化水素自殺

20090421shimizu
 4月21日午後1時20分ごろ、静岡県小山町の冨士霊園で、女優や歌手として活躍した清水由貴子さん(49歳)が死んでいるのを霊園の男性が見つけた。
 県警御殿場署の調べでは、そばには車いすに座ったまま、ぐったりしている母親とみられる女性もいたが、命には別条ないという。2人が見つかったのは清水さんの父親の墓前。清水さんの頭の下に、洗剤や入浴剤の容器が入った黒いポリ袋があったほか、近くで「ご迷惑をかけてすいません」との書き置きが見つかったことから2人で硫化水素自殺を図ったとみている。
 清水さんは1977年3月1日、「お元気ですか」(阿久悠作詞)で歌手デビュー。同期の高田みづえさん、榊原郁恵さんと「フレッシュ3人娘」と呼ばれ、その後は、萩本欽一さん率いる欽ちゃんファミリーの一員としても活躍した。

|

« ■映画「ウォッチメン」玉石混淆の問題作 | トップページ | ■ダン・ブラウンの新小説、早くも映画化決定 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/44749643

この記事へのトラックバック一覧です: ■女優で歌手の清水由貴子さんが硫化水素自殺:

« ■映画「ウォッチメン」玉石混淆の問題作 | トップページ | ■ダン・ブラウンの新小説、早くも映画化決定 »