« ■「沖縄国際映画祭」初開催 | トップページ | ■「初恋の人からの手紙」 »

2009.03.16

■喜怒哀楽を表現できるロボットデビュー

 人間らしい動作や対話ができるヒト型ロボットを、産業技術総合研究所(茨城県つくば市)が16日公表した。20歳代女性の体格と顔立ちを備え、喜怒哀楽の表情を作れる。方向転換などの二足歩行も可能で、23日開幕する第8回「東京発 日本ファッション・ウィーク」でモデルとしてデビューする予定だ。
 ロボットは身長158センチ、体重43キロ。産総研が開発してきた二足歩行や音声認識などの技術を結集した。顔や首に計42個の小型モーターを取り付け、人間らしい仕草や表情を出せる。デモンストレーションでは自己紹介の後、司会者の声に応えてほほ笑んだり、腰に手を当ててにらむ表情などを披露した。

|

« ■「沖縄国際映画祭」初開催 | トップページ | ■「初恋の人からの手紙」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/44369948

この記事へのトラックバック一覧です: ■喜怒哀楽を表現できるロボットデビュー:

« ■「沖縄国際映画祭」初開催 | トップページ | ■「初恋の人からの手紙」 »