« ■アメリカに輸入されたセクシーなスター | トップページ | ■アニメ「まりあ†ほりっく」第06話 「倒錯の保健室」 »

2009.02.11

■レイフ・ファインズ、シェイクスピア悲劇の映画化で監督デビュー


 「イングリッシュ・ペイシェント」「ナイロビの蜂」等の作品で知られるイギリス人俳優レイフ・ファインズが、シェイクスピア後期の悲劇「コリオレイナス」の映画化で自らメガホンを取り、映画監督デビューする。
 同作は、その誇り高さ、尊大さゆえに身を滅ぼすことになるローマの将軍コリオレイナスを主人公にしたシェイクスピア最後の悲劇。ファインズは監督とタイトルロールの主演を兼ねることになる。また、コリオレイナスに大きな影響を及ぼす野心的な母ボラムニア役でバネッサ・レッドグレーブが交渉に入っているようだ。
もともとファインズは英国の王立演劇学校の出身で、ロイヤル・シェイクスピア・カンパニーの一員として数々の舞台をこなしてきたほか、ブロードウェイ版「ハムレット」に主演してトニー賞を受賞した経歴の持ち主。演出家としての手腕にも期待したい。
 今年は近いうちにファインズの出演作が2本、ケイト・ウィンスレットと共演した「愛を読むひと」(6月19日公開)と、キーラ・ナイトレイと共演した「ある公爵夫人の生涯」(4月公開予定)の公開が控えている。

|

« ■アメリカに輸入されたセクシーなスター | トップページ | ■アニメ「まりあ†ほりっく」第06話 「倒錯の保健室」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/44029573

この記事へのトラックバック一覧です: ■レイフ・ファインズ、シェイクスピア悲劇の映画化で監督デビュー:

» キーラ・ナイトレイ ある公爵夫人の生涯 [あの人はこんな方]
赤裸々な夫婦生活まで…!故ダイアナ妃の祖先にスキャンダラスなセレブがいた!本国イギリスだけでなく世界中から愛されていた故ダイアナ妃直系の祖先に、彼女と同じようにスキャンダラスな人生を送った公爵夫人がいた。その女性の名前はジョージアナ・スペンサー。彼女が歩んだ人生が、映画『ある公爵夫人の生涯』で実話として赤裸々につづられている。若くして世界で最も裕福な公爵の一人であるデヴォンシャー家に嫁いだジョージ...... [続きを読む]

受信: 2009.02.28 00:16

« ■アメリカに輸入されたセクシーなスター | トップページ | ■アニメ「まりあ†ほりっく」第06話 「倒錯の保健室」 »