« ■故ヒース・レジャーは「ダークナイト」冒頭6分間しか見ていなかった | トップページ | ■携帯で撮った115分の映画が第38回ロッテルダム映画祭に正式出品 »

2009.01.23

■アメリカ・アカデミー賞ノミネート発表

 第81回アカデミー賞ノミネートが1月22日早朝5時30分(米西海岸時間)より発表された。最多ノミネートは、デビッド・フィンチャー監督の「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(2月7日公開)の13部門で、次いでゴールデングローブ賞(ドラマ部門)を制したダニー・ボイル監督の「スラムドッグ$ミリオネア」が10部門のノミネートを受けた。両作品は作品賞、監督賞、脚色賞といった主要部門で競うことになった。

 一方で、米製作者組合(PGA)賞、米映画監督組合(DGA)賞に候補になっていた、クリストファー・ノーラン監督の「ダークナイト」は、ヒース・レジャーの助演男優賞で候補になったものの、主要部門の作品賞、監督賞から漏れた。米映画サイトでは同作が脱落したことに対して、露骨なブーイングのコメントが殺到している。

 作品賞と監督賞には上記2作品のほか、ガス・バン・サント監督の「ミルク」が8部門、ロン・ハワード監督の「フロスト×ニクソン」が6部門、スティーブン・ダルドリー監督の「愛を読むひと」が5部門で入った。「ダークナイト」は「愛を読むひと」に取って代わられた形だ。

 日本代表として外国語映画賞の最終9作品に残っていた滝田洋二郎監督の「おくりびと」は、見事最終5ノミネートの座を勝ち取った。主演の本木雅弘からは「信じがたい出来事にボウ然と悦びをかみしめています。作品も生き物で人間同様、多くの皆さんに愛された結果、大きく成長できたのだと思います」という達筆な直筆コメントがマスコミ各社に寄せられた。なお、授賞式に参加する予定の滝田監督や本木をはじめ、広末涼子、山崎努が、今回のノミネートを受け、本日記者会見をする。なお、日本映画が外国語映画賞にノミネートされるのは、山田洋次監督の「たそがれ清兵衛」以来5年ぶり12本目。加藤久仁監督の「つみきのいえ」も短編アニメーション賞の候補に選ばれた。

 授賞式は2月22日(日本時間23日)、俳優ヒュー・ジャックマンをホストに、米カリフォルニア州ハリウッドのコダックシアターにて開催される。
▽作品賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「フロスト×ニクソン」
「ミルク」
「愛を読むひと」
「スラムドッグ$ミリオネア」

▽主演男優賞
フランク・ランジェラ(「フロスト×ニクソン」)
ショーン・ペン(「ミルク」)
ブラッド・ピット(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
ミッキー・ローク(「ザ・レスラー」)
リチャード・ジェンキンス(「ザ・ビジター」)

▽主演女優賞
アン・ハサウェイ(「レイチェルの結婚」)
アンジェリーナ・ジョリー(「チェンジリング」)
メリッサ・レオ(「フローズン・リバー」)
メリル・ストリープ(「ダウト/あるカトリック学校で」)
ケイト・ウィンスレット(「愛を読むひと」)

▽助演男優賞
ジョシュ・ブローリン(「ミルク」)
ロバート・ダウニー・Jr.(「トロピック・サンダー/史上最低の作戦」)
フィリップ・シーモア・ホフマン(「ダウト/あるカトリック学校で」)
ヒース・レジャー(「ダークナイト」)
マイケル・シャノン(「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」)

▽助演女優賞
エイミー・アダムス(「ダウト/あるカトリック学校で」)
ペネロペ・クルス(「それでも恋するバルセロナ」)
ビオラ・デイビス(「ダウト/あるカトリック学校で」)
タラジ・P・ヘンソン(「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」)
マリサ・トメイ(「ザ・レスラー」)

▽監督賞
ダニー・ボイル(「スラムドッグ$ミリオネア」)
スティーブン・ダルドリー(「愛を読むひと」)
デビッド・フィンチャー(「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」)
ロン・ハワード(「フロスト×ニクソン」)
ガス・バン・サント(「ミルク」)

▽脚色賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(エリック・ロス、ロビン・スウィコード)
「ダウト/あるカトリック学校で」(ジョン・パトリック・シャンリィ)
「フロスト×ニクソン」(ピーター・モーガン)
「愛を読むひと」(デビッド・ヘアー)
「スラムドッグ$ミリオネア」(サイモン・ボーフォイ)

▽脚本賞
「フローズン・リバー」(コートニー・ハント)
「ハッピー・ゴー・ラッキー」(マイク・リー)
「イン・ブルージュ」(マーティン・マクドナー)
「ミルク」(ダスティン・ランス・ブラック)
「ウォーリー」(アンドリュー・スタントン、ジム・リアードン、ピート・ドッカー)

▽長編アニメーション賞
「ボルト」
「カンフー・パンダ」
「ウォーリー」

▽長編ドキュメンタリー賞
「裏切り (Nerakhoon)」
「世界の果ての出会い」
「ザ・ガーデン」
「マン・オン・ワイヤー」
「トラブル・ザ・ウォーター」

▽外国語映画賞
「バーダー・マインホフ・コンプレックス」(ドイツ)
「クラス」(フランス)
「おくりびと」(日本)
「リバンチェ」(オーストリア)
「バシールとワルツを」(イスラエル)

▽美術監督賞
「チェンジリング」
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ダークナイト」
「ある公爵夫人の生涯」
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

▽撮影賞
「チェンジリング」(トム・スターン)
「スラムドッグ$ミリオネア」(アンソニー・ドッド・マントル)
「愛を読むひと」(クリス・メンゲス)
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(クラウディオ・ミランダ)
「ダークナイト」(ウォーリー・フィスター)

▽衣装デザイン賞
「オーストラリア」
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ある公爵夫人の生涯」
「ミルク」
「レボリューショナリー・ロード/燃え尽きるまで」

▽編集賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ダークナイト」
「グロスト×ニクソン」
「ミルク」
「スラムドッグ$ミリオネア」

▽メイクアップ賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ダークナイト」
「ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー」

▽作曲賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」(アレクサンダー・デプラ)
「ディファイアンス」(ジェームズ・ニュートン・ハワード)
「ミルク」(ダニー・エルフマン)
「スラムドッグ$ミリオネア」(A・R・ラフマーン)
「ウォーリー」(トーマス・ニューマン)

▽主題歌賞
「スラムドッグ$ミリオネア」、「Jai Ho」(A・R・ラフマーン)
「スラムドッグ$ミリオネア」、「O Saya」(A・R・ラフマーン&M.I.A.)
「ウォーリー」、「Down To Earth」(ピーター・ガブリエル&トーマス・ニュートン)

▽音響編集賞
「ダークナイト」
「アイアンマン」
「スラムドッグ$ミリオネア」
「ウォーリー」
「ウォンテッド」

▽音響録音賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ダークナイト」
「スラムドッグ$ミリオネア」
「ウォーリー」
「ウォンテッド」

▽視覚効果賞
「ベンジャミン・バトン/数奇な人生」
「ダークナイト」
「アイアンマン」

▽短編アニメーション賞
「つみきのへや」
「Lavatory - Lovestory」
「Oktapodi」
「プレスト」
「This Way Up」

▽短編実写映画賞
「Auf Der Strecke」
「Manon Sur Le Bitume」
「New Boy」
「Pig」
「Spielzeugland」

|

« ■故ヒース・レジャーは「ダークナイト」冒頭6分間しか見ていなかった | トップページ | ■携帯で撮った115分の映画が第38回ロッテルダム映画祭に正式出品 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/43829314

この記事へのトラックバック一覧です: ■アメリカ・アカデミー賞ノミネート発表:

« ■故ヒース・レジャーは「ダークナイト」冒頭6分間しか見ていなかった | トップページ | ■携帯で撮った115分の映画が第38回ロッテルダム映画祭に正式出品 »