« ■新『13日の金曜日』が1年に3回も13日の金曜日がある2009年に公開 | トップページ | ■人体改造映画の新地平「東京残酷警察」を観た »

2008.12.06

■評論家・加藤周一、死去

 文化芸術から時事問題に至るまで幅広い分野を論じ、戦後を代表する知識人として知られた評論家の加藤周一(かとう・しゅういち)が12月5日午後2時、多臓器不全のため東京都内の病院で死去した。89歳だった。東京都出身。葬儀は近親者で行い、後日お別れの会を開く。喪主は妻で評論家の矢島翠(やじま・みどり)さん。
 東大医学部卒。在学中は血液学を専攻する一方で、文学にも傾倒。戦時中に福永武彦、中村真一郎らと詩の運動グループを立ち上げ、戦後発表した「1946・文学的考察」と「マチネ・ポエティク詩集」(いずれも共著)で注目された。
 その後、医学留学で訪れたフランスでも文化研究を続け、その体験を基に帰国後、日本人を多様な視点でとらえた「日本文化の雑種性」を発表。58年から評論、執筆活動に専念した。
 扱うテーマは、日本の古典、ヨーロッパ文化、歴史など多岐にわたり、「文学と現実」「抵抗の文学」「雑種文化」「現代ヨーロッパの精神」、自伝「羊の歌」、小説「ある晴れた日に」など数々の著作を発表。80年には「日本文学史序説」で大佛次郎賞を受賞した。98年には初の書き下ろし戯曲「消えた版木 富永仲基異聞」を発表して話題を呼んだ。
 熱心な護憲活動や平和運動でも知られ、2004年には作家の大江健三郎さんらとともに「九条の会」の呼びかけ人に。核や日米安保などに関する発言も積極的に行った。
 米エール大や独ベルリン自由大など海外の大学で教壇に立ったほか、上智大教授、立命館大客員教授なども務めた。 

|

« ■新『13日の金曜日』が1年に3回も13日の金曜日がある2009年に公開 | トップページ | ■人体改造映画の新地平「東京残酷警察」を観た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/43335463

この記事へのトラックバック一覧です: ■評論家・加藤周一、死去:

» 加藤周一 1968年を語る   “言葉と戦車”ふたたび [試稿錯誤]
ETV特集 「加藤周一 1968年を語る~“言葉と戦車”ふたたび」 放送日 :2008年12月14日(日) 午後10:00~午後11:30(90分) 12月5日死去した評論家・加藤周一さん。1968年パリ五月革命やプラハの春を目撃した。40年前の若者の反乱が今問いかけるものとは…加藤さんのラストメッセージを伝える。 2008年12月5日、評論家の加藤周一さんが89歳で亡くなった。加藤さんは夏、病をおしてインタビューに応じた。テーマは1968年。その年、加藤さんは五月革命に揺れるパリでサルトル... [続きを読む]

受信: 2008.12.16 07:50

« ■新『13日の金曜日』が1年に3回も13日の金曜日がある2009年に公開 | トップページ | ■人体改造映画の新地平「東京残酷警察」を観た »