« ■アニメ「かんなぎ」第10話 「カラオケ戦士 マイク貴子 」 | トップページ | ■アニメ「喰霊−零−」10話『悲劇裏 -ひげきのうら-』 »

2008.12.08

■川上未映子と仲里依紗のヒロインで太宰治の「パンドラの匣」映画化

 「乳と卵」で芥川賞を受賞した作家・川上未映子(32)と、女優・仲里依紗(19)が、太宰治の小説を映画化した「パンドラの匣(はこ)」(冨永昌敬監督、09年秋公開予定)でダブルヒロインを務めることになった。シンガー・ソングライターとしても活動していた川上は、今作で女優デビュー。フジ系「ハチワンダイバー」や映画「純喫茶磯辺」などで人気上昇中の仲とのコンビは話題を呼びそうだ。

 太宰治の生誕100年となる09年、名作が個性的なキャストで映像化される。

 「パンドラ−」は、結核を患う少年・ひばりが、入所した療養所「健康道場」で出会った2人の看護婦(看護師)の恋心と、結核患者たちとの日々を通じて見つける希望を、ひばりが一足先に療養所を去った友人・つくしにあてた書簡という形で描くもの。太宰作品のなかでもユーモアと希望に満ちた物語としてファンも多い作品だ。

 同作を映像化するのは、「パビリオン山椒魚」を手掛けた冨永監督。太宰作品の大ファンなだけにキャストにもこだわった。看護婦長・竹さん役として「太宰が示すイメージに合う方」と川上を提案。無理を承知で交渉したところ、川上も太宰作品の映画化に興味を持っていたこともあり、初挑戦が実現。気まぐれな新人看護婦・マア坊役は「躍動感あふれるキャラクター。彼女のブログを見て『マア坊』がいると確信した」と仲をキャスティング。主人公のひばり役は、映画「たんぽぽ」などに主演した染谷将太(16)を抜てきし、物語のかぎを握る友人・つくし役は窪塚洋介(29)が務める。個性派キャストが顔をそろえる中、原作に翻案を加えて新しい世界観を加えた作品となる。

 関西弁を交えた文体で知られる作家業以外にも、シンガー・ソングライターの顔を持つ川上は今作で女優デビュー。「太宰作品の中でも『パンドラ−』であったことと、小説作成にはない視点を体験できると思ったのと、監督にお会いしてビン!ときたので、お受けしました」と語る。

|

« ■アニメ「かんなぎ」第10話 「カラオケ戦士 マイク貴子 」 | トップページ | ■アニメ「喰霊−零−」10話『悲劇裏 -ひげきのうら-』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/43353312

この記事へのトラックバック一覧です: ■川上未映子と仲里依紗のヒロインで太宰治の「パンドラの匣」映画化:

« ■アニメ「かんなぎ」第10話 「カラオケ戦士 マイク貴子 」 | トップページ | ■アニメ「喰霊−零−」10話『悲劇裏 -ひげきのうら-』 »