« ■映画「ふうけもん」公開中止 | トップページ | ■「刑事コロンボ」ピーター・フォーク、アルツハイマー病に »

2008.12.17

■ジョブズ氏、Macworldでの基調演説見送りに

 Appleの最高経営責任者(CEO)であるSteve Jobs氏にとって、2008年1月にサンフランシスコで開催されたMacworld Conference & Expoが、同イベントでの最後の基調演説となった。
 Appleは米国時間12月16日午後、2009年1月のMacworldは、IDG World Expoが主催するイベントに参加する最後の機会となることを発表した。さらにAppleは、通常はJobs氏が行う基調演説を、マーケティング担当シニアバイスプレジデントのPhil Schiller氏が行うことになると明らかにした。
 Apple関係者のSteve Dowling氏は、今回の決定が、Jobs氏の健康状態を憂慮して下されたものかどうかに関してコメントすることを拒んでいる。2008年を通じて、Jobs氏の健康状態をめぐっては、さまざまな注目すべき議論が交わされた。MacworldにおけるJobs氏の基調演説は、Appleが数々の非常に重要な製品や戦略を打ち出す上でも、まさに伝説的なイベントの花となってきた。AppleのコミュニティーでSuper Bowlのような意義を持つとされているMacworldで、Jobs氏が不在になるとのニュースは、Jobs氏の健康状態が悪化しているのではないかとのうわさを、またもやよみがえらせるものとなりそうである。
 Dowling氏は「今回がAppleにとって、最後のMacworldとなり、それゆえにPhil Schiller氏が基調演説を行うこととなった。今後もはや参加しないイベントに、大きな投資をしていく意味もないからだ」と語っている。

|

« ■映画「ふうけもん」公開中止 | トップページ | ■「刑事コロンボ」ピーター・フォーク、アルツハイマー病に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/43446114

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジョブズ氏、Macworldでの基調演説見送りに:

« ■映画「ふうけもん」公開中止 | トップページ | ■「刑事コロンボ」ピーター・フォーク、アルツハイマー病に »