« ■清水健太郎、ひき逃げで、また逮捕 | トップページ | ■スカーレット・ヨハンソン、ノーベル賞コンサートのプレゼンターに »

2008.10.31

■「エクソシスト」のW・フリードキン監督を怖がらせた最強ホラー映画

 エンターテインメント・ウィークリー誌が、ホラー映画の金字塔とも言うべき「エクソシスト」(73)のウィリアム・フリードキン監督が、「見るたびに悪夢にうなされたような気分になれる」と太鼓判を押したホラー映画13本を紹介している。
 フリードキン監督がよく見る悪夢とは、「誰かが自分を殺そうと追いかけてくる」というリアルなものらしいが、それを反映したラインナップになっているようだ。最近のいわゆるホラー映画は面白くないと言うなか、ミヒャエル・ハネケ監督の「ファニーゲーム」とダビッド・モロー&グザビエ・パリュ監督の「THEM/ゼム」というヨーロッパ系の2作品を高く評価している。

 13本は以下の通り(順不同)。
▽「サイコ」(60) アルフレッド・ヒッチコック監督
▽「エイリアン」(79) リドリー・スコット監督
▽「ローズマリーの赤ちゃん」(68) ロマン・ポランスキー監督
▽「悪魔のような女」(55) アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督
▽「鬼婆」(64) 新藤兼人監督
▽「サスペリア」(77)「サスペリア2/紅い深淵」(75) ダリオ・アルジェント監督
▽「肉屋」(70) クロード・シャブロル監督
▽「ファニーゲーム」(97) ミヒャエル・ハネケ監督
▽「THEM/ゼム」(06) ダビッド・モロー&グザビエ・パリュ監督
▽「謎の下宿人」(44) ジョン・ブラーム監督
▽「らせん階段」(46) ロバート・シオドマク監督
▽「悪魔のいけにえ」(74) トビー・フーパー監督

|

« ■清水健太郎、ひき逃げで、また逮捕 | トップページ | ■スカーレット・ヨハンソン、ノーベル賞コンサートのプレゼンターに »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/42964935

この記事へのトラックバック一覧です: ■「エクソシスト」のW・フリードキン監督を怖がらせた最強ホラー映画:

» THEM/ゼム [かんしょうの日記]
『エクソシスト』の監督を怖がらせた映画は、ミヒャエル・ハネケ監督作『ファニーゲー... [続きを読む]

受信: 2008.10.31 20:14

» them/ゼム 実話 [お得な情報満載ちょこっとブログ]
『エクソシスト』の監督を怖がらせた映画は、ミヒャエル・ハネケ監督作『ファニーゲーム』CINEMA TOPICS ONLINE最近のいわゆるホラー映画は面白くな... [続きを読む]

受信: 2008.11.02 07:36

« ■清水健太郎、ひき逃げで、また逮捕 | トップページ | ■スカーレット・ヨハンソン、ノーベル賞コンサートのプレゼンターに »