« ■「めでる あじわう 和菓子で楽しむ季節感」 | トップページ | 10月25日の三角山放送「シネマキックス」 »

2008.10.24

■松梨智子監督「Happy ダーツ」劇場公開へ

 インディーズの女王、松梨智子監督が、ついに、ついに、初の商業用作品「Happy ダーツ」を完成した。11月、いよいよ劇場公開される。ゆうばり映画祭で、直接お話もしたので、とても、どきどきしています。
 松梨智子監督は、とても、ユニークな経歴を持っています。
早稲田大学在学中、劇団高円寺爆弾クラブにて俳優修行を積み、早稲田大学映画研究会の自主制作映画『きままちゃんはあんたたちじゃないからのぼるのぼる』に主演。この作品が1994年、ぴあフィルムフェスティバルで審査員特別賞を受賞するとともに、松梨の演技が審査員の市川準の目にとまり、市川監督作『トキワ荘の青春』(1996)に出演。また自身も映画制作を始める。1996年、監督作『惜しみなく愛は奪ふ』(1995)がゆうばり国際ファンタスティック映画祭で審査員奨励賞を受賞。高円寺爆弾クラブを映像制作集団「地下テントろばくん」に改める。女優としては、ドキュメンタリーアダルト映画『流れ者図鑑』(1998)や『クルシメさん』(1998)などに出演。1998年、監督作『毒婦マチルダ』が、テレビ番組『たけしの誰でもピカソ』で第1回映像アーティストピカソ大賞を受賞、また1999年日本映画監督協会新人賞候補作となる。2002年度から2005年度までENBUゼミナールの映像俳優コース専任講師を担当。近作『映画監督になる方法』(2006)は、各国の映画祭で招待上映された。出演映画ではヌードシーンを演じることも厭わず、雑誌のヌードグラビアを飾ったこともある。

|

« ■「めでる あじわう 和菓子で楽しむ季節感」 | トップページ | 10月25日の三角山放送「シネマキックス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/42886249

この記事へのトラックバック一覧です: ■松梨智子監督「Happy ダーツ」劇場公開へ:

» 瀬咲るな [瀬咲るな]
瀬咲るな [続きを読む]

受信: 2008.10.26 00:53

» 【映画】Happyダーツ 予告編 [Happyダーツ~初心者のあなたもダーツが上手くなる方法]
世界初!本格ダーツ・ムービー誕生。 30歳。派遣社員。笑って、泣いて、ダーツして、人生変わっちゃいました。 映画『Happyダーツ』 11月 アミューズCQN他 全国順次公開. オフィシャルサイトgt;gt; あなたもダーツ始めてみる?gt;gt;... [続きを読む]

受信: 2008.11.03 03:31

« ■「めでる あじわう 和菓子で楽しむ季節感」 | トップページ | 10月25日の三角山放送「シネマキックス」 »