« 26日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」久保俊哉SAPPOROショートフェストプロデューサーがゲストに | トップページ | ■「国際ガンダム学会」発足 »

2008.07.28

■ジョン・レノンの幼少期が映画に

 『コントロール』の脚本を手がけたマット・グリーンハルシュがジョン・レノンの幼少期を描く『ノーホエア・ボーイ』(原題)が、UKフィルム・カウンシルから助成金を得ることになった。
 UKフィルム・カウンシルは政府からの後援も受けているイギリスの映画助成団体。新しいプロジェクトに助成金を出し、映画を完成させることで、イギリスの映画業界を活性化しようという試みの中の一作品として、ジョンとは父親違いの妹ジュリア・ベアードが書いた本がもとになる映画『ノーホエア・ボーイ』(原題)が選ばれたものだ。 幼少期のジョンが“ミミ叔母さん”ことジョンの母親の姉に育てられたことは有名な話。ジュリアは、その叔母とジョンの母親との長きに渡る確執の中でジョンが育てられたことを疑問視している。

|

« 26日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」久保俊哉SAPPOROショートフェストプロデューサーがゲストに | トップページ | ■「国際ガンダム学会」発足 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41993009

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジョン・レノンの幼少期が映画に:

» ジョン・レノンのこと [WEBの情報缶!]
楽天から検索された商品彼に手づくりの愛を**オリムパス【ジョンレノン・ニューヨーク<プリント>】50%OFF!…¥ 241オススメ度:★★★★・メーカーオリムパス・商品名ジョンレノン ニューヨーク<プリント>・グラム数40g・メーター数約37m・素材ウール83% アクリル1...... [続きを読む]

受信: 2008.07.29 10:03

« 26日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」久保俊哉SAPPOROショートフェストプロデューサーがゲストに | トップページ | ■「国際ガンダム学会」発足 »