« ■人と関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺す | トップページ | ■岩手・宮城内陸地震、3人死亡 »

2008.06.13

■ブライアン・デ・パルマ、実在の殺人事件を題材にした映画を監督

 ブライアン・デ・パルマ監督が、新作『ザ・ボストン・ストラングラーズ』(原題)でメガホンを取るとハリウッド・レポーター紙が伝えた。同作は、1960年代に起きた「ボストン絞殺魔事件」を描いたスーザン・ケリーのノンフィクション小説を基に、犯人とされたアルバート・デサルヴォの心の闇と真相に迫るスリラー映画だ。事件は、被害者の首を絞めた紐を蝶結びにし、性器を露出させるという異常を期したもので、犯人は自白したものの、物証がなかったために別件で裁判にかけられ、刑務所の中で刺殺された。同事件は、全米を恐怖に陥れ、1968年にはトニー・カーティス主演で『絞殺魔』という映画が製作された。
 デ・パルマ監督が実話を基にした映画を監督するのは『カジュアリティーズ』『ブラック・ダリア』『リダクテッド』(原題)に続いて4度目となる。『ブラック・ダリア』も女優志願の女性が惨殺された事件だったが、「ボストン絞殺魔事件」は自白したデサルヴォが事件とは全く関係なかったことが現代のDNA鑑定で明らかになっていて、彼が刑務所で刺殺されたのは口封じのためではないかといわれている。

|

« ■人と関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺す | トップページ | ■岩手・宮城内陸地震、3人死亡 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41516825

この記事へのトラックバック一覧です: ■ブライアン・デ・パルマ、実在の殺人事件を題材にした映画を監督:

« ■人と関わりすぎると怨恨で殺すし、孤独だと無差別に殺す | トップページ | ■岩手・宮城内陸地震、3人死亡 »