« ■「家政婦は見た!」7月12日放送の第26作でファイナル | トップページ | ■池田小惨殺事件の日に秋葉原連続通り魔殺人 »

2008.06.06

■作家・氷室冴子、死去

 作家の氷室冴子(ひむろ・さえこ<本名・碓井小恵子=うすい・さえこ>)が6日、肺がんのため死去した。51歳。葬儀は10日午前9時半、東京都新宿区早稲田町77の龍善寺。喪主は姉の木根利恵子(きね・りえこ)さん。
 岩見沢市出身。大学在学中の1977年、「さようならアルルカン」で小説ジュニア青春小説新人賞の佳作に入選してデビュー。平安時代が舞台の「なんて素敵にジャパネスク」シリーズが大ヒットし、80年代から90年代にかけて田中雅美さんらと集英社コバルト文庫で「コバルト四天王」と呼ばれ、少女小説を代表する一人として活躍した。他に「ざ・ちぇんじ!」「クララ白書」など。

|

« ■「家政婦は見た!」7月12日放送の第26作でファイナル | トップページ | ■池田小惨殺事件の日に秋葉原連続通り魔殺人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41444793

この記事へのトラックバック一覧です: ■作家・氷室冴子、死去:

« ■「家政婦は見た!」7月12日放送の第26作でファイナル | トップページ | ■池田小惨殺事件の日に秋葉原連続通り魔殺人 »