« ■今度は京都産業大学生3人が学聖堂に落書き | トップページ | ■6月28日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」 »

2008.06.27

■ゆうばり真夏のシネマワークショップ合宿開催決定

 市民が運営を引き継ぐ形で復活したゆうばり映画祭は、夏のワークショップも同時に復活させることで、冬と夏とで年間を通して若き才能を支援する場を作れるのではないかと考え、「真夏のシネマワークショップ合宿」を企画した。講師には、『MEATBALL MACHINE』『赤んぼ少女』(山口雄大監督)、『片腕マシンガール』(井口昇監督)、『エクステ』(園子温監督)など、多くの話題作で造形、特技監督・残酷効果を担当し多くの監督から絶大な信頼を寄せられるクリエイターであり、アメリカ資本によって製作された自身の初監督作品『東京残酷警察』(主演・しいなえいひ、板尾創路)が早くも世界中のファンタスティック映画祭から注目を集めている気鋭のクリエイター・西村喜廣氏を迎える。特殊造形・メイク、爆破実習など、独学ではむずかしい特撮及び特殊効果のファンタ系分野の実習を中心とした合宿プログラムを組んだ。
 夕張メロン食べ放題や、BBQ、盆踊り、花火大会等、受講生には美しい自然に恵まれた夕張の夏も、まるごと満喫してもらうよう、お楽しみイベントも盛りだくさんつめこんでいる。

【名称】ゆうばり国際ファンタスティック映画祭・真夏のワークショップ 
【開催日程】2008年8月7日(木)~10日(日) (4日間)
【会場・宿泊施設】ファミリースクールひまわり
【会場・宿泊施設】(http://www.yubari-resort.com/himawari/)
【会場・宿泊施設】※宿泊は10人1部屋の相部屋です
【講師】西村喜廣(映画監督,特殊造形・特殊メイク,特技監督)
【講師】塩田時敏(映画祭ディレクター、映画評論家)
【内容】特殊造形・メイク、特撮、爆破実習、特別上映イベント企画『東京残酷警察』(ジャパンプレミア)、夕張夏祭り(8/9夕方開催 主催:ゆうばり商工会議所)

【受講料】 \56,250 予定(宿泊費、食費、交流会会費、旅行保険込み)
【集合場所】北海道・新千歳空港 集合/解散
【募集定員】 30名 ※先着順
【締切】 2008年7月28日(月)
【締切】 東京発着の航空券付きのツアーパックは2008年7月14日(月)締め切り

http://yubarifanta.com/index_pc.php

|

« ■今度は京都産業大学生3人が学聖堂に落書き | トップページ | ■6月28日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41663193

この記事へのトラックバック一覧です: ■ゆうばり真夏のシネマワークショップ合宿開催決定:

« ■今度は京都産業大学生3人が学聖堂に落書き | トップページ | ■6月28日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」 »