« ■米MSの新OS、タッチパネル対応へ | トップページ | ■川田亜子さんは、無免許なのに、なぜ車の中で一人で自殺できたのだろう »

2008.05.29

■「地震は報い」発言のシャロン・ストーンが米中合作映画降板

 四川大地震について「チベット騒乱への中国の対応が悪かったことの報いではないか」と発言し、中国国内で大きな批判を浴びている米女優のシャロン・ストーンが、製作中の米中合作映画『人魚帝国』(ピトフ監督)を降板させられたことが分かった。28日付燕趙都市報が伝えた。
 製作者側は今回のシャロンの発言を「基本的な人類の道徳に反する」と批判。中国でシャロンが出演する映画を見ないよう呼びかける気運があることなどから、「制作スケジュールに影響はするものの、代役を探すことに決めた」という。

|

« ■米MSの新OS、タッチパネル対応へ | トップページ | ■川田亜子さんは、無免許なのに、なぜ車の中で一人で自殺できたのだろう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41361328

この記事へのトラックバック一覧です: ■「地震は報い」発言のシャロン・ストーンが米中合作映画降板:

» シャロン・ストーン [シドニー・バーナード]
そして!!シャロン・ストーンの報い発言は広がっている 「地震は報い」発言のシャロン・ストーンが米中合作映画降板「シャロン・ストーンさんに抗議を」有名女優が激怒 [続きを読む]

受信: 2008.05.29 16:09

« ■米MSの新OS、タッチパネル対応へ | トップページ | ■川田亜子さんは、無免許なのに、なぜ車の中で一人で自殺できたのだろう »