« ■ 劇場版アニメ「空の境界」第二章 殺人考察(前) | トップページ | ■中田英寿、土屋アンナ、押井守がSSFF審査員に »

2008.05.06

■劇場版アニメ「空の境界」第三章 痛覚残留

 小船井充監督。黒桐は飲み会帰りの雨の夜、闇にうずくまる一人の少女を見つける。その少女は、すべてをねじ曲げ破壊する能力を持っていた。手足や首がねじ切られた惨殺事件が相次ぎ、両儀式は彼女と対決する。両儀式は、闘いで左腕を失う。そして、最後の闘いは、非常にパワフルで心に迫る。この作品は、とても分かりやすい。
 両儀式が魅力的だ。「生きているのなら神だって殺してみせる」という決め台詞もかっこいい。普段着は和服で、寒い季節になるとその上から赤い革のジャンバーを着る。声優の坂本真綾は、中性的な冷えた雰囲気でぴったり。「桜蘭高校ホスト部」の藤岡ハルヒとは、また別の感じだ。
 第四章 伽藍の洞は、2008年5月24日公開、第五章 矛盾螺旋は、2008年夏公開の予定。

|

« ■ 劇場版アニメ「空の境界」第二章 殺人考察(前) | トップページ | ■中田英寿、土屋アンナ、押井守がSSFF審査員に »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/41115186

この記事へのトラックバック一覧です: ■劇場版アニメ「空の境界」第三章 痛覚残留:

« ■ 劇場版アニメ「空の境界」第二章 殺人考察(前) | トップページ | ■中田英寿、土屋アンナ、押井守がSSFF審査員に »