« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.31

■「僕の彼女はサイボーグ」は、新しい混ぜご飯の味

 「猟奇的な彼女」「僕の彼女を紹介します」のクァク・ジェヨンが脚本・監督した。未来から来た人造人間の少女と彼女にひかれる気弱な青年の生活を描くSFアクションラブコメディ。喜劇タッチの始まりから、大地震でのアクションシーンまで、さまざまな要素が盛り込まれている。「ターミネーター」をはじめ、有名なSF映画のパロディも楽しい。そして、タイムマシンものとしても、あっと驚くひねりの利いたストーリー展開。特筆すべきは、人造人間を演じた綾瀬はるか。独特の存在感を持つ彼女のキュートな魅力が全開だ。韓国映画のパワフルさが日本映画と混ぜ合わされて、不思議な味わいの作品に仕上がった。この作品の味は、新しい混ぜご飯の味。
 印象に残る場面が多く、後々まで楽しめる映画だ。Saibougu08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.30

■劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇 前売りチケット(特別鑑賞券)の発売が始まった!

『劇場版 天元突破グレンラガン 紅蓮篇』の前売りチケット(特別鑑賞券)の発売が、5月30日始まった。価格は1,500円(税込)。劇場特典はクリアポスター(A3サイズ)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■はいだしょうこ公式ブログに「極悪スプー」登場

 NHK教育テレビの幼児向け人気番組「おかあさんといっしょ」で2006年4月28日、「うたのおねえさん」を担当していた、はいだしょうこ(28)が描いた絵のユニークがネットユーザーの間で話題になった「極悪スプー」事件。翌07年には沈静化したかに見えたが、この騒動を思い起こさせるような動きがネット上で起こっている。
 はいだしょうこは08年3月末で、「おねえさん」を「卒業」。これを期に公式ブログ「しょうこのメーメーBlog」を開設したのだが、ブログ上部の、ブログタイトルがデザインされているバナー画像に、「極悪スプー」のシルエットが掲載されている。

http://blog.haidashoko.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「週刊ヤングサンデー」08年7月31日発売号で休刊

小学館は、漫画週刊誌「週刊ヤングサンデー」を、2008年7月31日発売号で休刊すると08年5月30日に発表した。「Drコトー診療所」「イキガミ」「青春くん」などのヒット作品を出していたが、青年漫画誌の売れ行きが落ち込む中で「環境に対応」し休刊を決めたという。現在連載中の人気漫画については、他誌への移転を検討しているという。また同日、女性漫画誌「Judy」も08年8月23日発売号で休刊すると発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■フランシス・フォード・コッポラ監督の新作、トラブル発生か?

 フランシス・フォード・コッポラ監督の久々の監督映画として期待されている新作『テトロ』(原題)でトラブルが発生しているようだ。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、同作の撮影が行われているアルゼンチンの俳優組合(The Asociacion Argentina de Actores)が、同作に出演している組合所属の俳優たちが契約書なしで映画出演をしていると主張し、同作のアルゼンチンでの撮影の中止を訴えている。しかしながら、コッポラのスポークスマンは、「(訴えているような)撮影の中断も、俳優の問題もありません。実際のところ、大多数のアルゼンチン人の俳優たちはすでに撮影を終了しています」と説明した。アルゼンチンの俳優組合によると、組合に契約書が届かないために、20日に48時間の猶予を与えて書類の提出を求めたがなかったので、今回のような行動を取ることになったそうだ。今後、同俳優組合は30日の夜に、監査役を送って撮影が行われていないかどうか確認するそうだ。
 新作『テトロ』(原題)は撮影前から受難続きで、昨年9月にコッポラのオフィスに空き巣が入り、脚本を盗まれ製作が危ぶまれたが、幸いにも脚本のコピーが見つかり製作が進められた。しかし、撮影開始直前に重要な役柄で出演が決まっていたハビエル・バルデムの降板が決まり、急きょ役柄の性別を変更し、『ボルベール <帰郷>』のスペイン人女優カルメン・マウラが代役を務めることが決まった。また、撮影中も脚本の変更や国際色豊かなキャストとクルーのせいでコミュニケーションの問題が出ていると噂されていた。
 映画は、家族の元を去った兄を捜すために弟がブエノスアイレスを旅するコッポラの自伝的要素が強いファミリー・ドラマで、ヴィンセント・ギャロが兄役を演じ、新人のアルデン・エーレンライクが弟役を演じる。
 実際にトラブルが起きているなら今後の製作が危ぶまれるが、コッポラはこれまでに3度の破産を経験し、『くたばれ!ハリウッド』の有名プロデューサーのロバート・エヴァンズとは指揮権を巡って裁判沙汰まで起こした人物。映画を完成させるためならいかなる問題も乗り越えてくれるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■キーラ・ナイトレイ、「リア王」再映画化作品でアンソニー・ホプキンスとグウィネス・パルトロウと共演

 キーラ・ナイトレイが、「リア王」の再映画化作品でアンソニー・ホプキンスとグウィネス・パルトロウと共演するとイギリスのテレグラフ紙が伝えた。作品は、ウィリアム・シェイクスピアによる四大悲劇の1つである「リア王」を再映画化するもので、ナイトレイはリア王の末娘コーディリア役を演じる。ホプキンスがリア王役を演じ、パルトロウは王の次女であるリーガン役を演じる。物語は、王位の退位を決意したリア王が3人の娘たちの忠誠心をテストし、言葉巧みな二人の姉に全ての権力と財産を譲ってしまったことから始まる悲劇を描いている。「リア王」は、これまでに何度も映画化されているが、ローレンス・オリヴィエ主演のTV映画やジャン=リュック・ゴダール監督が自分なりの解釈で映像化した『ゴダールのリア王』が有名だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■川田亜子さんは、無免許なのに、なぜ車の中で一人で自殺できたのだろう

川田亜子さんは、無免許なのに、なぜ車の中で一人で自殺できたのだろう。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008.05.29

■「地震は報い」発言のシャロン・ストーンが米中合作映画降板

 四川大地震について「チベット騒乱への中国の対応が悪かったことの報いではないか」と発言し、中国国内で大きな批判を浴びている米女優のシャロン・ストーンが、製作中の米中合作映画『人魚帝国』(ピトフ監督)を降板させられたことが分かった。28日付燕趙都市報が伝えた。
 製作者側は今回のシャロンの発言を「基本的な人類の道徳に反する」と批判。中国でシャロンが出演する映画を見ないよう呼びかける気運があることなどから、「制作スケジュールに影響はするものの、代役を探すことに決めた」という。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■米MSの新OS、タッチパネル対応へ

 米マイクロソフト(MS)は28日までに、パソコン向けに開発中の新基本ソフト(OS)「ウィンドウズ7」(開発コード名)にタッチパネル対応機能を搭載する方針を明らかにした。
 タッチパネルは、ディスプレーに指で触れて操作するもので、携帯電話機やゲーム機で採用が進んでいる。同社幹部はカリフォルニア州南部で開催中の会合で、パソコン画面に指で絵を描いたり、見たい写真を二本の指で拡大したりするなど、タッチパネルを使った新たな操作法を紹介した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

■ジブリ『崖の上のポニョ』メインキャラクターの設定が解禁!

 『ハウルの動く城』以来4年ぶりに宮崎駿監督が手掛けた心温まるファンタジー『崖の上のポニョ』の公開を7月19日に控え、メインキャストの設定とその声優が明らかになった。
 タイトルのポニョはさかなの子。人間になりたいと願っている。声優を担当するのは、奈良柚莉愛(ならゆりあ)でトトロの大ファン。この役が決まってうれしさのあまり泣いてしまったという。そんなポニョの父は海中でウバザメ号を操るフジモト。声の担当は所ジョージ。「オファーをいただいたので、これは出ておかねば、と。これがすべてです。(笑)久しぶりの仕事の手ごたえです。行き当たりばったりのようなところがフジモトと似ているかもしれません」とキャラクターとの相性もばっちりらしい。
 また、ポニョの友人、宗介の声を務めるのは土井洋輝(どいひろき)で、『千と千尋の神隠し』の大ファンだという。宗介は崖の上の一軒家に住む、まっすぐな性格の5歳の男子だ。ポニョは彼と出会い、人間になりたいと心から願うようになる。そんな宗介の母、リサの声を務めるのが山口智子。リサはデイケアサービスセンター“ひまわりの家”の職員でテキパキとした女性だ。今回のキャスティングについて「夢と希望にあふれた、壮大なスケールの宮崎駿さんの作品が大好きです。作品にかかわらせていただける幸せを、リサのポジティブパワーに転換させてゆきたいです」とコメントした。
 そんなリサの夫は宗介の父でもある耕一。内航貨物船の船長で家を不在にすることが多い。声を務めるのは長嶋一茂。「宮崎さんの作品に参加できるのはとても光栄だと思う反面、アフレコの経験がなく、不安もありますが、楽しみにしています」と語った。

| | コメント (1) | トラックバック (3)

2008.05.27

■シドニー・ポラック監督が死去

 『愛と哀しみの果て』でアカデミー賞監督賞を受賞したシドニー・ポラック監督が5月26日、ガンのため自宅で亡くなった。73歳だった。ポラックは『トッツィー』『コンドル』『ザ・ファーム/法律事務所』など、数々のAリスト俳優を起用したヒット映画を監督、製作してきた。また、『アイズ・ワイド・シャット』『チェンジング・レーン』など、俳優としても存在感のある演技をみせ、最近ではジョージ・クルーニーの『フィクサー』の共同プロデューサーだっただけでなく出演し、日本で7月12日に公開される『近距離恋愛』にも出演している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.26

■TBSの元女子アナウンサー、川田亜子さんが自殺

 26日朝、東京都港区海岸の路上に止まった乗用車の中で、フリーアナウンサーの川田亜子さん(29)が死亡しているのが見つかった。車内から遺書のようなものが見つかっており、警視庁三田署は自殺を図ったとみて、詳しい死因などを調べる。
 調べでは、車の後部座席に練炭2個が置かれており、川田さんが運転席に横たわっているのを会社員が見つけた。遺書は家族あてで、感謝の言葉をつづった内容とみられる。20080526kawada

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.25

■「アフタースクール」だまされる快感に酔う

 だまされる快感にあふれた、どんでん返し映画の傑作。見終わって満足感に浸れるだろう。小さな伏線が、さりげなく散りばめられている。何気ない会話や場面が、後で驚きに変わる。思い込みが誘導され、やがて同じ場面が、まったく別に見えてくる。
 30代になった、かつての同級生たちが展開する「大人の放課後」。内田けんじ監督の細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成に酔いしれた。俳優たちが、好演している。探偵に連れ回される教師役の大泉洋は、ひょうひょうとしているので、つい油断してしまう。絶妙な配役だ。探偵役の佐々木蔵之介が、性格のつかみにくいキャラクターを見事に演じる。マドンナ役の常盤貴子も、ほどよく力が抜けて味わいがある。一流企業のサラリーマンを演じた堺雅人は、短い時間で美味しいところを持っていった。Afterscool

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■実写版「ドラゴンボール」特報

 注目の実写版「ドラゴンボール」特報です。Db1
Db2
Db3
Db4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■黒沢清の『トウキョウソナタ』が、ある視点部門で審査員賞を受賞

 第61回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門以外の各賞の発表が現地時間24日に行われ、黒沢清が監督、香川照之、小泉今日子が出演した映画『トウキョウソナタ』が「ある視点」部門で次点に当たる審査員賞を受賞した。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

■ハリポタ生徒役刺殺される

 ロンドン南部で24日、若者らのけんかの末、俳優ロブ・ノックスさん(18)が刺殺された。ノックスさんは日本を含む各国で11月から上映される人気映画「ハリー・ポッターと謎のプリンス」で寄宿学校の生徒役の1人だった。英メディアが報じた。英国では少年らの暴力が社会問題化。今年に入りノックスさんら14-19歳の28人が殺され、半数が刺殺だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.24

■コミック「GANTZ」23巻

 待ちに待っていたコミック「GANTZ」23巻。妖怪編とも言うべき、すさまじい怪物のオンパレード。かつての仏像編を上回る迫力に、興奮する。この画力は、他の追従を許さないレベルに上り詰めた。誰か、アニメか、実写版を制作し、世界にGANTZの魅力を発信しほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジャッキー・チェン、四川大地震を映画化したい

 香港の映画スター、ジャッキー・チェンは5月23日、訪問先のロンドンで記者会見し、中国の四川大地震に関する映画を制作する考えを明らかにした。
 公式ウェブサイトなどによると、既に被災地を見てきたチェンは会見で、現地には「数え切れないほどの勇気や人間愛の物語がある。映画を通じて(感動を)全世界に伝えたい」と述べた。
 チェンは、映画づくりは支援金集めの手段でもあるとしている。既に、実業家と共同で1千万元(約1億5000万円)を支援金として寄付、壊れた学校の再建などに充ててほしいとしている。
 チェンさんは今後、支援金集めの活動を続ける計画で、6月に香港と中国本土で被災地支援のチャリティーコンサートを行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■土屋アンナの元夫ジョシュアさん死去

 女優土屋アンナ(24)の元夫で人気モデルのJOSHUA(ジョシュア)さんが死去したことが23日、分かった。25歳。米国生まれ。死因は明らかにされていない。
 関係者によると、亡くなったのは今週はじめ。詳細については「密葬を終えてからの週明け以降に説明できればと思う。いまは何も話せない」としている。
 JOSHUAさんはタレントのフリーディア(28)=旧芸名・こずえ鈴=の実弟で、ファッション雑誌「Smart」などのモデルとして活躍。高校生の頃にモデル仲間を通じて知り合った土屋と交際し、04年6月に結婚。同年11月に長男・澄海(すかい)くんが誕生したが、06年7月に離婚していた。最近はジュエリーデザインも手掛けるなどしていた。長男を育てている土屋は、訃報に大きなショックを受けているとみられる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■映画「アフタースクール」大満足

 映画「アフタースクール」を見ました。大満足です。いやあ、驚かされたなあ。ネタばれにならないように考えて、明日映画評をアップします。お勧めですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■あだち充、単行本累計発行部数が2億冊突破

 「みゆき」「タッチ」などで知られる人気マンガ家、あだち充のマンガ単行本の累計発行部数が2億冊を突破したことが分かった。小学館発行のマンガ家で、単行本が2億冊を超えるのは初めて。5月28日発売の「週刊少年サンデー」(小学館)の26号は、「2億冊突破記念号」として、あだち充描きおろしの特製ブックカバーを付けるほか、応募者全員サービスとしてあだち充のマンガのキャラクターが勢ぞろいしたトランプをプレゼントするキャンペーンを行う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.23

5月24日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」

私が担当する5月24日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」では、「空の境界」「少林少女」「ひぐらしのなく頃に」「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」「プルミエール 私たちの出産」「アイム・ノット・ゼア」「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」を取り上げます。
★インターネットでライプ放送します。
http://www.sankakuyama.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.22

■宮崎ますみ、君武氏と離婚していた

 女優・宮崎ますみ(40)がテレビカメラマンの君武氏(54)と2007年11月に離婚していたことが21日、分かった。22日発売の「婦人公論」(中央公論新社)で本人が告白している。
 宮崎は平成6年8月、米ロサンゼルス在住の君氏とラスベガスで電撃挙式し、同年10月に都内で婚姻届を提出した。芸能界から一時引退した翌7年に長男、9年に次男が誕生。13年にロスからハワイに移住したが、17年に主演映画「奇妙なサーカス」(園子温監督)で女優復帰してから夫婦関係が崩れ始めたという。
 その夏には宮崎が初めて別れ話を切り出した。2人の子供の教育を優先し、家族で日本に引っ越すことを決めた矢先には自身の乳がんが発覚。大病を機に復縁したが、昨年9月に宮崎から再び離婚話を切り出した。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008.05.21

■ナノチューブでアスベストと同症状

 新技術に関する科学誌「ネイチャー・ナノテクノロジー」(電子版)は20日、未来の新素材として脚光を浴びているカーボンナノチューブ(CNT)について、人が吸い込んだ場合の発がん物質として知られるアスベストと同様、肺に中皮腫を引き起こす可能性があると警告する調査結果を公表した。
 実験で、細長いらせん構造を持つCNTを投与されたマウスに、同じように細長い構造のアスベスト繊維を投与したのと同じような症状が表れたという。短い構造のCNTでは症状は見られなかった。 
 軽くて鉄より強く、電気をよく通すCNTは太陽電池、燃料電池などへの幅広い応用が期待されている。調査を担当した英アバディーン大学のアンソニー・シートン名誉教授は「製造、使用、処分の各段階で適切なステップを踏み、人が吸い込まないように」安全対策を講じる必要があると指摘している。
 アスベストによる健康被害対策に要するコストは、米国全体で2000億ドル(約20兆6000億円)に達すると推計されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ニコール・キッドマン、妊娠7か月

 妊娠7か月目のニコール・キッドマンが、愛する夫、キース・アーバンとともに、ラスベガスで開催された音楽イベント、第43回アカデミー・オブ・カントリー・ミュージック賞に出席した。
 キッドマンはストラップレスの柔らかなドレスに身をつつみ、アーバンと連れ立って到着。その両手は常に、おなかを抱えるように下腹に添えられ、大きくなった腹部を見せつけるようにカメラマンにポーズを取った。キッドマンには前夫トム・クルーズとの間に2人の養子がおり、すでに「母親」は経験しているものの、実子の出産は初めて。会場に到着した際、キッドマンは「とっても幸せよ。これ以上、何も望めないくらい。大きな胸は欲しいけど」とコメントした。
 今年2月には『ライラの冒険 黄金の羅針盤』のプロモーションのために来日したキッドマンだが、その時は妊娠5か月で、おなかの膨らみもあまり目立たなかっただけに、現在は両手で抱えるほど成長した腹部に、妊娠の幸せを実感しているようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.05.20

■多面的なディランが浮かび上がる「アイム・ノット・ゼア」

 トッド・ヘインズ監督が、構想から7年をかけて挑んだユニークなボブ・ディランの伝記映画。6人の俳優が、異なる6つのイメージのボブ・ディランを演んじる。多面的なディランの特異な半生を浮かび上がらせるためのアイデア。ただし、ディランのことを少し知らないと、会話を含めて理解しにくい内容もある。正直、眠くなる場面もあった。その意味では、観客を選ぶ作品と言えるだろう。女性ケイト・ブランシェットのディランが、もっともディランらしかった。その点では、この作品のアイデアは十分に生かされていた。Imnotthere

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■写真家シンディ・シャーマンの私生活とアート界の裏表を元カレ監督が暴く

 写真家のシンディ・シャーマンの私生活とその活動に迫った映画『ゲスト・オブ・シンディ・シャーマン』(原題)の監督であり、元カレであるポール・ハセガワ・オーバーアッカーと共同監督のトム・ドナヒューに話を聞いた。シンディは現代社会の持つさまざまな出来事や問題を写真で浮き彫りにし、アメリカ現代アート界を代表する新鋭だ。
 本作は、あまり知られていない彼女の仕事ぶりとプライベートな生活を描いたドキュメンタリー作品。アメリカのケーブル局でアート番組の司会を務めていたポールが彼女と出会い、恋に落ちた5年間を描いたものだが、完成直前に2人は破局。シンディを描きながらも、シンディ自身が本作との関連を否定するというややこしい状況になっている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.18

■「プルミエール 私たちの出産」現在医療の在り方を問う美しい映像

 フランス映画。監督は男性のジル・ド・メストル。
 2006年3月29日、太陽が月に覆われた皆既日食の日。アメリカ、ロシア、フランス、ブラジル、インド、メキシコ、日本などに暮らす10人の女性が、出産する。医療機関に頼らない自然分娩を選んだアメリカのヴァネッサ、1日120人以上の命を産み出す世界最大の産院での医療出産を選んだベトナムの女性、イルカと一緒の水中出産を選んだメキシコのガビー&ピラール、極貧生活の中での命がけの出産に挑むインドのスニータ、出産直前までステージに立ち続けたフランスのダンサー・サンディ。文化も人種も社会的、経済的立場も異なる女性たちが、さまざまな形で出産する。その共通性と多様性。美しい自然風景も取り入れながら、10人の姿がパッチワークのように編まれていく。冒頭のイルカに祝福されながらの水中出産は、近年まれに見る衝撃的なシーンだった。

 水中出産や自然分娩を美化しすぎているという批判はあるだろう。衛生面や治療面で、病院での出産は、より安全であることは否定できない。しかし、自然にまかせず、陣痛促進剤を多用する出産医療は「真っ当な医療」とは言えないだろう。この作品は、出産医療を直接的に批判している訳ではないが、女性たちの生き様と美しい映像で、現在医療の在り方を静かに告発していると思う。

 この映画を見て、「DOG STAR MAN」で有名なスタン・ブラッケージ監督の「窓のしずくと動く赤ん坊(WINDOW WATER BABY MOVING)」を思い出した。自宅での奥さんの出産前後を中心に記録した作品。きらきらと光が揺れ、水が揺れる。生命の誕生を祝福して、すべてが揺れている。若きブラッケージ夫妻の幸福感が伝わってくる。タブーのない、正面から出産の喜びを表現したみずみずしい映像だった。しかし、この作品の上映会場ではブラッケージが観客に殴られたり、上映後の映写室が放火されたり、物議をかもした。1969年には上映後に観客からショットガンで撃たれた。幸い弾は命中しなかった。Premier2008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.17

■「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!

サラ川ベスト5

1位 「空気読め!!」 それより部下の 気持ち読め!!(のりちゃん)

2位 「今帰る」 妻から返信 「まだいいよ」(えむ)

3位 減っていく… ボーナス・年金 髪・愛情(ピュアレディ)

4位 円満は 見ざる言わざる 逆らわず(ソクラテス)

5位 ゴミだし日(び) すてにいかねば すてられる(読み人知らず)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.16

■演出家の塚田茂さん死去、「紅白」「夜ヒット」など手がける

 NHK「紅白歌合戦」やフジテレビ「夜のヒットスタジオ」などを手がけた演出家、塚田茂氏が13日午前1時ごろ、脳梗塞のため都内の病院で死去していたことが15日、分かった。82歳だった。
 塚田氏は1945年に東宝に入社。日劇演劇部で舞台演出家を務め、草創期のテレビへ転身。演出家、構成作家として「夜ヒット」のほか、日本テレビ「シャボン玉ホリデー」、TBS「8時だョ!全員集合」など各局を代表する歴史的番組を手がけた。「紅白」の構成にも、テレビ中継が初めて行われた第4回から第37回まで参加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.14

■三谷幸喜監督の最新作「ザ・マジックアワー」が完成

 三谷幸喜が脚本・監督を務めたコメディー映画「ザ・マジックアワー」(6月7日公開)が完成し、三谷と主演の佐藤浩市ら俳優陣が、14日、東京・六本木で記者会見した。“アワー”にかけて、会場には30万個のシャボン玉の“泡”が舞った。三谷は「今までの日本映画にないジャンルのコメディーになった」と自信満々。佐藤は「監督が『脚本は役者へのラブレター』と言ったけど、果たし状に思えた」と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」怪物ダニエル・デイ=ルイス

 ポール・トーマス・アンダーソン監督作品。原作は1972年に出版されたアプトン・シンクレアの「石油!」。どす黒い血のような石油の採掘に取り付かれ、巨大な権力と富を築いた男の物語。何故それほどまでに人間を憎むようになったのかは、最後まで分からなかったが、権力と富を得て、滑稽なまでに変貌する男を、圧倒的な迫力でダニエル・デイ=ルイスが演じている。周りの俳優たちが、かすんでしまうほどで、まさに怪物的。アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した。
 もう一人、強烈な存在感を見せるのが、悪魔払いの儀式を行う聖霊派の伝道師に扮するポール・ダノ。対立する二人は、対照的なようで、とても似ている。最後にポール・ダノとダニエル・デイ=ルイスが激しく渡り合うシーンは、残酷な喜劇だ。
 そして、レディオヘッドのギタリスト、ジョニー・グリーンウッドの音楽が、緊張をあおる。とくに冒頭の20分は、ほとんど台詞がなく、風景と音楽だけが、ただならぬ雰囲気を醸し出す。ひさびさに映画音楽に興奮した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.13

■スピルバーグ監督がリンカーン伝記映画制作へ

 2009年、リンカーン元米大統領が生誕200年を迎えるのに合わせ、スピルバーグ監督がリンカーン伝記映画を制作する意向を表明した。ロサンゼルス・タイムズ紙(電子版)が12日報じた。
 監督は今年9月、ベルギー漫画「タンタンの冒険」の映画版撮影に入る予定で、その次の作品として、来年初めにリンカーン伝記映画に取り掛かる考えという。主演候補には、監督の代表作の一つ「シンドラーのリスト」に主演したリーアム・ニーソンの名が挙がっている。 
 リンカーン大統領は南北戦争で北軍勝利を導き、米国分裂の危機を回避。奴隷解放宣言やゲティズバーグ演説でも名高く、今も米国民に人気が高い。1865年、劇場で暗殺された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.12

■アニメ「のだめカンタービレ」続編は10月

 「のだめカンタービレ」の続編制作がスタートした。10月より「巴里編」放送する予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.11

■映画「ぼくたちと駐在さんの700日戦争」ほのぼのとしたイタズラ合戦

 塚本連平(つかもと・れんぺい)監督。2006年3月から始まり、大ブレイクしたブログ小説が原作。2007年4月に高陵社書店より1-6章が2巻で書籍化している。ブログの語り口と、映画の雰囲気はやや違うが、独特なコメディタッチは成功している。1979年の田舎町の駐在さんと元気な高校生が、ほのぼのとした珍妙なイタズラ合戦を繰り広げる。半実話ということだが、こんなに人の良い警官が、退職させられないはずはない。警察は、そんなに甘くない。その意味では、ファンタジーであり、美化された良き時代へのノスタルジーだ。
 それでも、次々と繰り出されるイタズラのアイデアやギャグには、笑ってしまう。40歳以上でなければ、体験的なギャグは理解できないだろうが、若い人たちでも笑えるネタも多い。石野真子やガッツ石松ら俳優たちの過去をダシにしたギャグは、ほとんど監督のイタズラと言って良い。たくさん笑わせておいて、最後に泣かせる。花火を使ったドラマの盛り上げは、映画の常套手段だが、この作品もギャグを混ぜながら、良い話にまとめている。主人公・ママチャリ役の市原隼人(いちはら・はやと)も、清々しくて良いが、なんと言っても駐在さん役の佐々木蔵之介が見事だ。本当にうまい俳優だと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.10

■実写版「ひぐらしのなく頃に」は予想通りの雛見沢大災害

 監督は「富江」の及川中(おいかわ・あたる)。「鬼隠し編」に「綿流し編」で、少し味付けした程度。ほんの少し新しいアイデアを盛り込んでいるが、基本的に「鬼隠し編」に沿って進む。オープニングタイトルが、この作品の雰囲気を漂わせ、一気に世界に引き込む。そして、転校生の前原圭一が初めて教室に入る前の階段のシーンは、オリジナルで、スローモーションの何でもないシーンが、不安をあおった。期待できるかもと、一瞬思ったが、奇跡は起こらなかった。プロローグで終わってしまった感じだ。実写映画化に強く反対していたファンの予想は当たってしまった。まさに雛見沢大災害。
 原作の一番の魅力は、仲の良かった仲間たちが、突然ののしり合い、殺し合うところにある。しかし園崎魅音と竜宮レナが豹変する場面は、全然怖くないのだ。ナタの登場シーンも活きていない。ただ実写で、あの豹変を演技できる人は、そうはいない。「エコエコアザラク」時代の菅野美穂くらいか。アニメを知っていると、キャスティングがあまりにも疑問だが、とりわけ竜宮レナに松山愛里は、ないだろう。古手梨花役のあいかだけは、凛とした巫女の儀式が、さまになっていた。
 原作は、とても長い。昭和50年代の架空の村落・雛見沢村を舞台に、謎の連続怪死事件にまきこまれた少年少女たちの物語。登場人物一人一人の過去、村の因習やダム建設をめぐる村人内の争いなど、物語は複雑に入り組んでいる。さらに謎に満ちた秘密機関が暗躍している。このストーリーの独特な面白さを2時間に凝縮することは、不可能だ。及川中監督自身「本作はこれから始まる壮大な物語の始まり。今後の伏線が散りばめられた作りになっている」と語っている。それならば、最初から4部作、8部作として企画すべきだったと思う。続編が企画されているようだが、実写化の意義が見いだせない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ゴルゴ13 第5話 「スーパースターの競演」

 アニメ「ゴルゴ13」は、だんだん面白くなっていく。今回も、短い時間に人間ドラマを盛り込んでいて、見応えがあった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.09

■女優リブ・タイラー、結婚生活が5年で破局

女優リブ・タイラー(30)と英ミュージシャンのロイストン・ランドン(36)との結婚生活が、5年で破局を迎えたことが分かった。米ピープル誌が報じた。
 タイラーは米ロックバンド「エアロスミス」のボーカル、スティーブン・タイラーの娘で、映画「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどへの出演で知られる。
 タイラーの代理人は同誌に対し、2人の結婚生活は破局したが今後もよき友人であり、愛情深い両親であることに変わりないとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.08

■ニコール・キッドマン、偉大なシンガーのダスティ・スプリングフィールドに

 ニコール・キッドマンが、59歳で亡くなったイギリス出身のシンガー、ダスティ・スプリングフィールドを演じるとニューヨーク・マガジン誌が伝えた。『めぐりあう時間たち』でキッドマンとコンビを組んだマイケル・カニンガムが同誌に語ったもの。スプリングフィールドの半生を描く伝記映画となり、本編ではドラッグやアルコール依存問題や当時衝撃的だったバイ・セクシャル発言、長期間にわたるスランプ時代に関しても取り上げる予定だ。スプリングフィールドは、99年に乳がんで亡くなる直前にイギリスで大英帝国勲位が贈られ、その後ロックの殿堂入りを果たしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.07

■映画『ひぐらしのなく頃に』に、見えるはずのないものが映っている!

 5月5日、都内廃校で映画『ひぐらしのなく頃に』の体感イベント試写会が行われ、舞台あいさつに主演の前田公輝、飛鳥凛、松山愛里、あいか、小野恵令奈と原作者の竜騎士、及川中監督が登壇した。
 原作は、ホラー要素たっぷりの内容と、ある謎に迫るストーリー展開でカルト的な人気を誇る同人ゲーム。撮影中にはホラー作品につきものの怖い出来事もあった。特に飛鳥は「撮影中、わたしにだけ男の人の怒鳴り声が耳元で聞こえて、NGを出しちゃったんですよね……」と撮影を中断するほどの怖い体験をした。
 しかし、及川監督が「誰にも言ってなかったんですけど、圭一くんのシーンに、見えるはずのない怪しいものが映ってるんです。3回ぐらい観てもらえればわかると思うんですけど」と明かすと、興味津々といった様子で「どこですか?」と質問。「後で教えてあげるよ」と監督に約束してもらうと喜んでいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■中田英寿、土屋アンナ、押井守がSSFF審査員に

 元サッカー日本代表の中田英寿が、6月6日に東京・ラフォーレ原宿で開幕するアジア最大級の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア2008(SSFF)」の公式審査員を務めることが6日、分かった。中田は、今年から新設された「ストップ!温暖化部門」で、土屋アンナ、押井守監督とともに300作品を超えるエントリーから選ばれた13本の候補作を審査する。
 SSFFは99年に俳優の別所哲也(42)が立ち上げた映画祭で、今年10周年を迎える。中田にとっても“俳優デビュー作”となった3分間の短編「POPO」(宮本敬文監督)が上映された、ゆかりのある映画祭だ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.06

■劇場版アニメ「空の境界」第三章 痛覚残留

 小船井充監督。黒桐は飲み会帰りの雨の夜、闇にうずくまる一人の少女を見つける。その少女は、すべてをねじ曲げ破壊する能力を持っていた。手足や首がねじ切られた惨殺事件が相次ぎ、両儀式は彼女と対決する。両儀式は、闘いで左腕を失う。そして、最後の闘いは、非常にパワフルで心に迫る。この作品は、とても分かりやすい。
 両儀式が魅力的だ。「生きているのなら神だって殺してみせる」という決め台詞もかっこいい。普段着は和服で、寒い季節になるとその上から赤い革のジャンバーを着る。声優の坂本真綾は、中性的な冷えた雰囲気でぴったり。「桜蘭高校ホスト部」の藤岡ハルヒとは、また別の感じだ。
 第四章 伽藍の洞は、2008年5月24日公開、第五章 矛盾螺旋は、2008年夏公開の予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 劇場版アニメ「空の境界」第二章 殺人考察(前)

 野中卓也監督。16歳の両儀式と黒桐幹也が出会う物語。時間的には、第一章よりも、前になる。両儀式の中には、織というもう一人の人格が存在している。街では連続猟奇殺人事件が発生し、黒桐は犯人を予想し、張り込みを続ける。ひどく辛いラブストーリー。作画は、ていねいだが、構図やスピード感は第一章よりも、だいぶ見劣りした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■スカーレット・ヨハンソンとライアン・レイノルズが結婚!!

 「真珠の耳飾りの少女」などの出演で知られる女優スカーレット・ヨハンソンの代理人は5日、ヨハンソンがここ1年交際していた恋人のカナダ出身の男優ライアン・レイノルズ(31)と結婚することを確認した。
 芸能誌ピープルによると、レイノルズが最近、求婚した。レイノルズは2004年にカナダ人シンガーソングライターのアラニス・モリセットさんと婚約したが、06年に解消している。
 ヨハンソンは最近は音楽界にも活動の場を広め、20日にはデビューアルバムが発売される。

20061214015229

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■アニメ「らき☆すた」OVA化決定

  「フロムゲーマーズCOOL」に掲載されているコンプティーク2008年6月号の広告によると、アニメ「らき☆すた」がOVA化される。京アニは、今秋から「CLANNAD AFTER STORY」、「らき☆すた OVA」がその次。「涼宮ハルヒの憂鬱 新アニメーション」は2009年以降になる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.05

■ 劇場版アニメ「空の境界」第一章 俯瞰風景

 「空の境界」は、奈須きのこが1998年秋にWeb小説「空の境界線」としてインターネット公開したのが始まり。同人小説「空の境界」、ドラマCD化を経て、2004年初夏に講談社ノベルスから出版し、ランキング上位を記録していた。全7章。劇場版アニメは、独立した7作品として順次公開するという型破りのスタイルを採用。制作のユーフォーテーブルは、劇場版は初めて。果敢な挑戦を評価したい。
 第一章 俯瞰風景。少女たちの連続自殺事件の謎に迫る主人公の両儀式と、犯人の闘いが始まる。構図の一つ一つが、とてもよく考えられている。アクションシーンも大胆にして華麗。廃墟と化したビル群の質感が非常に美しい。「イノセンス」の高いクオリティに匹敵する。あおきえい監督の力量は、相当なものだ。そして、音楽が各場面と共振する。なかなかの快感。音楽担当の梶浦由記の仕事ぶりも評価したい。エンディング曲「oblivious」が、また素晴らしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.05.03

■劇場版「空の境界」第1章から3章まで一気に観た

 東京でしか劇場公開されていなかった劇場版アニメ「空の境界」。札幌劇場で5月3日から公開されたので、駆けつけた。そして、第1章から3章までを一気に観た。非常に丁寧なつくり込みで、劇場で見ることができたことを喜んだ。詳しくは、映画評で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.02

■小林多喜二「蟹工船」が再脚光

 プロレタリア文学を代表する小林多喜二(1903~1933)の「蟹工船(かにこうせん)・党生活者」(新潮文庫)が、今年に入って“古典”としては異例の2万7000部を増刷、例年の5倍の勢いで売れている。
 過酷な労働の現場を描く昭和初期の名作が、「ワーキングプア」が社会問題となる平成の若者を中心に読まれている。
 「蟹工船」は世界大恐慌のきっかけとなったニューヨーク株式市場の大暴落「暗黒の木曜日」が起きた1929年に発表された小説。オホーツク海でカニをとり、缶詰に加工する船を舞台に、非人間的な労働を強いられる人々の暗たんたる生活と闘争をリアルに描いている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチローが通算安打で日本選手歴代2位に

 大リーグ、シアトル・マリナーズのイチローは5月1日、インディアンス戦で3安打を放ち、通算の安打数で野村克也・現楽天監督の記録を抜き、日本選手単独2位となった。
 この日のイチローは最初の打席こそ凡退したものの、2打席目に右前打、3打席目に左前打を放った。この安打で、イチローの日米通算安打は2902安打となり、野村監督の2901安打を抜いて日本選手単独2位とした。
 イチローは1点リードされた9回表にも同点の口火となる右前打を放ち、この日3安打の固め打ちで記録を2903に伸ばしている。
 日本選手の最多安打記録は張本勲氏(現評論家)の3085本で、イチローはこの時点で、あと182本と迫っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エマ・ワトソン、18歳のハプニング

エマ・ワトソン、18歳のハプニングEmmawatsonbdaypartyphotos04200810
Emmawatsonbdaypartyphotos04200811
Emmawatsonbdaypartyphotos04200812

| | コメント (5) | トラックバック (5)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »