« ■53年前の「死刑執行」音声5月6日放送へ | トップページ | ■ナタリー・ポートマン、「嵐が丘」再映画化作品へ出演 »

2008.04.16

■乳製品食べる男性、前立腺がん発症率が1.6倍に

 乳製品をたくさん食べる男性は、ほとんどとらない男性に比べ、前立腺がんの発症率が約1.6倍になることが、厚生労働省研究班(主任研究者、津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の大規模調査で分かった。乳製品は骨粗しょう症や高血圧、大腸がんの予防に有効だとする報告も多く、研究班は「乳製品の摂取を控えた方がいいかどうかは総合的な判断が必要で、現時点での結論は出せない」としている。  
 研究班は、95年と98年に登録した全国10府県に住む45~74歳(登録当時)の男性約4万3000人を04年まで追跡。このうち329人が前立腺がんを発症した。牛乳やヨーグルトなど乳製品の摂取量によって4群で分析した結果、最も多い群は、ほとんどとらない群に比べ、前立腺がんの発症率が約1.6倍になった。摂取量が多いほど危険性が高まる傾向がみられた。乳製品に多く含まれるカルシウムと飽和脂肪酸は、前立腺がん発症の危険性を高める可能性のあることが報告されている。

|

« ■53年前の「死刑執行」音声5月6日放送へ | トップページ | ■ナタリー・ポートマン、「嵐が丘」再映画化作品へ出演 »

コメント

とても参考になりました。また寄らせていただきます。

投稿: 前立腺がんの治療法の選択 | 2008.12.22 21:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/40896798

この記事へのトラックバック一覧です: ■乳製品食べる男性、前立腺がん発症率が1.6倍に:

« ■53年前の「死刑執行」音声5月6日放送へ | トップページ | ■ナタリー・ポートマン、「嵐が丘」再映画化作品へ出演 »