« ■さよなら絶望先生が「ねんどろいど」に | トップページ | ■雑誌「広告批評」が来春休刊へ »

2008.04.09

■中島哲也監督『パコと魔法の絵本』で土屋アンナがとんでもない姿に

 9月13日に公開される新作映画『パコと魔法の絵本』で、豪華キャストたちの容姿がとんでもない姿になっている。監督の中島哲也は映画『下妻物語』や『嫌われ松子の一生』でハイセンスなビジュアルを見せたが、今回はキャストのビジュアルさえも斬新に変化させた。
 記憶が1日しか持たない少女パコのために、大人たちが忘れられない思い出を残そうとするオトギ話的感動作。2004年に伊藤英明と長谷川京子主演で上演された舞台作品「MIDSUMMER CAROL ガマ王子vsザリガニ魔人」をベースに、中島監督が映画的にアレンジしたもの。キャラクターや特殊メークについて妻夫木は「コスプレではないですが、不思議とこの映画の特殊メークをしたり、衣装を身につけたりすると、すんなりとその世界に入っていくことができました。ま、メーク時間は長いですが……」とコメント。一方、土屋は「メークとファッションは自分のテンションをあげてくれるので、演技をする上ですごく助かりました。すっげーいい映画だし、ちょー面白くて感動します」と本作を絶賛した。
 また、演出面でも大胆な試みがあり、映画のクライマックスでは役者達を3DのフルCGキャラクターに変身させ、役者の生の演技と連動させるということに挑戦。3DのフルCGと実写の合成は日本の劇場長編映画では史上初(配給元発表による)とのことで、話題性とともに今年の夏の超大作映画の1本になることは間違い。

080409paco

|

« ■さよなら絶望先生が「ねんどろいど」に | トップページ | ■雑誌「広告批評」が来春休刊へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/40823842

この記事へのトラックバック一覧です: ■中島哲也監督『パコと魔法の絵本』で土屋アンナがとんでもない姿に:

» パコと魔法の絵本 [ファルコングラフィック CG情報リンク!! パコと魔法の絵本]
久しぶりの更新ですが、ちょこちょこ情報あったら更新するようにこれからも心掛けたい [続きを読む]

受信: 2008.04.13 04:21

« ■さよなら絶望先生が「ねんどろいど」に | トップページ | ■雑誌「広告批評」が来春休刊へ »