« ■米映画監督アレックス・グラスホフ、死去 | トップページ | ■さよなら絶望放送第34回【日陰あるうちに日陰のなかを歩め】 »

2008.04.22

■マイケル・ムーア監督がオバマ氏支持

 イラク戦争を批判したドキュメンタリー映画「華氏911」などで知られるマイケル・ムーア監督は21日、声明を出し、大統領候補として民主党のオバマ上院議員を支持すると表明した。ムーア氏は、クリントン上院議員による中傷戦術は「失望を通り越し、見苦しい限りだ」と厳しく批判している。
 ムーア氏は、医療保険の国民皆保険化を訴えた昨年の作品「シッコ」で、クリントン氏が大統領夫人時代に皆保険導入を試みながら挫折した経緯を取り上げ、必ずしも同氏に敵対的ではなかった。しかし、ここ数カ月のオバマ氏への中傷攻撃に幻滅したと説明し、「彼女は偏狭な人間。初の女性大統領は別の人になるだろう」と述べた。

|

« ■米映画監督アレックス・グラスホフ、死去 | トップページ | ■さよなら絶望放送第34回【日陰あるうちに日陰のなかを歩め】 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/40957094

この記事へのトラックバック一覧です: ■マイケル・ムーア監督がオバマ氏支持:

« ■米映画監督アレックス・グラスホフ、死去 | トップページ | ■さよなら絶望放送第34回【日陰あるうちに日陰のなかを歩め】 »