« ■キアヌ・リーヴスとモニカ・ベルッチ、ダニエル・デイ=ルイスの妻の監督作品へ出演 | トップページ | ■「主婦の友」6月号で休刊 »

2008.02.14

■ドアノブ触ればカギがオープン「人体通信」実用化

 これは朗報だ-。NTTは12日、人の皮膚の表面などに交流電気信号を流してデータ通信を行う「人体表面電界通信システム」(人体通信)を4月にも商用化する方針を明らかにした。同システムの実用化は世界でも初めてという。個人認識用のICカードをポケットなどに入れたままドアノブを触るだけでセキュリティー認証でき、オフィス業務や日常生活の利便性向上が期待できる。
 新システムの実用化に際し、NTTは送信機が発する電気信号を高効率で人体表面を介して送り、高感度で安定的に受信できる技術を開発した。電気信号は極めて微弱なため人体への影響はないという。これまでも体内に微弱な電流を流してデータを送るシステムは開発されていたが、カードを人体にじかに接触させる必要があるなど用途が限られ普及しなかった。
 また、NTTは来年春、同様の通信システムを利用したパソコンのLAN(構内情報通信網)接続用データ通信カードを発売する予定。物質表面を流れる電界を使いデータを送るため、パソコンを机上に置くだけで通信可能となり、無線LANのようなデータ傍受の恐れがなく、煩雑な有線ケーブルも不要になる。

|

« ■キアヌ・リーヴスとモニカ・ベルッチ、ダニエル・デイ=ルイスの妻の監督作品へ出演 | トップページ | ■「主婦の友」6月号で休刊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/40117874

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドアノブ触ればカギがオープン「人体通信」実用化:

« ■キアヌ・リーヴスとモニカ・ベルッチ、ダニエル・デイ=ルイスの妻の監督作品へ出演 | トップページ | ■「主婦の友」6月号で休刊 »