« ■ピーター・バーグ、『砂の惑星』リメイク版を監督 | トップページ | ■携帯電話で自動音声翻訳、今春実用化 »

2008.01.04

■餌を与えようとして自分がライオンの餌になった飼育係

 正月から考えさせられるニュース-。南アフリカ北西部にあるライオンの飼育施設で、飼育係の男性(36)がライオンに襲われて食べられる事件が起きた。警察が3日に明らかにした。事件が起きたのは1月1日。男性は餌を与えるためにライオンのおりの中に入って行ったという。
 警察のスポークスマンは「9匹(前後)のライオンが彼を襲い、頭がい骨と背骨を残してすべて食べてしまった。事件は2人の目撃者の目の前で起きた」と話している。
 同スポークスマンによると、同施設で4年間働いていた男性は通常、ライオンにはフェンス越しに餌を与えており、なぜ今回おりに入って行ったかは明らかになっていない。

|

« ■ピーター・バーグ、『砂の惑星』リメイク版を監督 | トップページ | ■携帯電話で自動音声翻訳、今春実用化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/17576002

この記事へのトラックバック一覧です: ■餌を与えようとして自分がライオンの餌になった飼育係:

« ■ピーター・バーグ、『砂の惑星』リメイク版を監督 | トップページ | ■携帯電話で自動音声翻訳、今春実用化 »