« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008.01.31

■ジュリア・ロバーツ、刊行予定の小説を映画化

 5月17日に公開される映画『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』が期待されるジュリア・ロバーツが、刊行予定の小説を映画化することが明らかになった。映画化されるのは、マーゴット・バーウィンの小説「ホットハウス・フラワーズ」(原題)で、ロバーツは主演のほか、プロデューサーとして作品に関わるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。映画でロバーツがふんするのは離婚したばかりの女性で、マンハッタンの広告代理店での仕事に不満を持っていた彼女は未知の土地への冒険に出掛けるというストーリーだ。米脚本家組合のストライキのために脚本家は決まっていないが、ジョー・ロスとスザンヌ&ジェニファー・トッドもプロデューサーとして名を連ねる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■マリオン・コティヤール、ジョニー・デップとクリスチャン・ベイルと共演

 映画『エディット・ピアフ 愛の讃歌』でアカデミー主演女優賞にノミネートされたマリオン・コティヤールが、マイケル・マン監督の新作『パブリック・エネミーズ』(原題)への出演交渉中であるとハリウッド・レポーター紙が伝えた。すでにジョニー・デップとクリスチャン・ベイルの出演が決まっている同作は、ブライアン・バロウの同名ベストセラー・ノンフィクション小説を映画化するもので、犯罪がはびこる大恐慌時代のアメリカを舞台に、FBIがいかにして今日の犯罪捜査機関へと変革していったかを描いていく。デップが犯罪史上に名高いギャングのジョン・デリンジャー役にふんし、コティヤールはデリンジャーの恋人ビリー役を演じ、ベイルがデリンジャーを追う伝説的なFBI捜査官メルビン・パービス役を演じる。マンとロナン・ベネットとアン・ビダーマンが共同で脚本を手掛け、ロバート・デ・ニーロがエグゼクティブ・プロデューサーとして名を連ねる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.30

■第80回アカデミー賞ノミネート短編アニメと実写映画を限定上映

 映画芸術科学協会は、第80回アカデミー賞の短編アニメと短編実写部門でノミネートされた作品をビバリーヒルズの映画館で限定上映すると発表した。上映は2月19日からで、オスカー週間と呼ばれる24日のアカデミー賞までの1週間のスタートを飾るイベントとなる。上映イベントでは、ノミネート作品の監督によるディスカッションなども予定されている。ノミネート作品は以下のとおり。

・短編アニメ賞
『アイ・メット・ザ・ワルス』(原題)
『マダム トゥティ=プティ』(原題)
『イーブン・ピゲオン・ゴー・トゥ・ヘブン』(英題)
『マイ・ラブ』(英題)
『ピーター・アンド・ザ・ウルフ』(原題)

・短編実写賞
『アット・ナイト』(原題)
『ザ・サブスティチュート』(英題)
『ザ・モーツァルト・オブ・ピックポケッツ』(英題)
『タンギ・アルジェンティーニ』(原題)
『ザ・トント・ウーマン』(原題)

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■アニメ「狼と香辛料」 第04話 「狼と無力な相棒」驚きの急展開

 アニメ「狼と香辛料」は、絶妙な会話劇を楽しむ落ち着いた展開が続いてきたが、4話では緊迫の展開になった。商談を巡るというよりも、さらに大きな宗教的な対立が、見え隠れする。どうなる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.29

■日本最高層の大型マンション完成

 オリックス不動産、東急不動産、住友商事の3社は28日、東京都中央区勝ちどきにおいて共同で開発を進めていた国内最高階層となるツインタワーマンション「THE TOKYO TOWERS」の竣工を発表した。入居は2月から始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブリトニー・スピアーズ、多重人格の可能性?

 ヒース・レジャーの死についてコメントを求められたブリトニー・スピアーズが、イギリス英語で「彼はまだここにいるわ。人は誰も完全には死なないのよ。誰一人ね」と答えたとUsマガジンが報じている。雨が降っていたため、冷えないようにセーターを貸そうかとパパラッチが申し出ると「私はもう重い病気だからいいの。いい意味でね」と意味深なコメントをしたという。突然イギリス英語をしゃべりだすスピアーズに多重人格の可能性もあると言われているが、このスピアーズは“ブリティッシュ・ガール”と呼ばれ、最近では周囲もなれっこになっているらしい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ジョニー・デップがヒース・レジャーの遺作の代役に

 亡くなったヒース・レジャーが撮影中だった『パルナッサス博士の想像力』で、レジャーの代わりにジョニー・デップの出演をテリー・ギリアム監督が望んでいるとメディアが報じた。スタジオ関係者がイギリスのサン紙に語ったところによると、映画の中でレジャーが魔法の鏡の中に落ちるシーンがあるという。この鏡を通り抜けたあとにジョニー・デップとして現れることはストーリーとして成り立つという見方らしい。「変わったストーリーのタイムトラベル・ファンタジーだから、ヒースの外見が変わることはおかしくない」と関係者はコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.28

■マーロン・ブランドの長男クリスチャン、49歳で死去

 肺炎で入院し、その後昏睡状態だったマーロン・ブランドの長男クリスチャンが入院先の病院で亡くなった。49歳だった。ブランドと女優のアナ・カシフィの間に生まれたクリスチャンは、両親の離婚後、裁判で勝訴したブランドに引き取られたが、子育ては使用人まかせだったと報じられている。1990年には妹の恋人を殺害し、過失致死罪で5年間の刑期を務めたほか、2001年にも殺人の関与が取り沙汰されたが起訴はされていない。2004年10月、エルヴィス・プレスリーの私生児だと名乗るデボラ・プレスリーとラスベガスで結婚。翌年には家庭内暴力で執行猶予3年を言い渡され、2005年6月に離婚している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ヒース・レジャーの遺体、ニューヨークで通夜のあと空港へ

 ヒース・レジャーの家族が先週の金曜日にマンハッタンの葬儀場で通夜を行った。通夜は日本のように夜通しではなく、ビューイングと呼ばれ、弔問客が棺に納められたレジャーと対面し、別れを告げるというもの。葬儀や埋葬地などについては一切明らかにされていないが、マンハッタンのある葬儀場の前を警察官が厳重にガード。午後4時ごろには白木の箱に収められた棺が霊柩車へと運ばれ、地元の空港に向かったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.27

■「テラビシアにかける橋」11歳の空想と現実

 キャサリン・パターソンの児童文学をガボア・クスポ監督が、初の実写作品として仕上げた。大仕掛けのファンタジー映画ではない。11歳の居心地の悪い日常と陸続きの空想の世界テラビシアが描かれる。子供を取り巻く環境、人間関係が巧みに切り取られ、人間に対するまなざしが細やかだ。原作を愛し、とても丁寧に作られた作品だと思う。自分が11歳の頃、やはり日常生活の息苦しさからSF小説に夢中になったことを思い出した。
 絵を描くことが唯一の楽しみだったジェスが、自由な発想と行動力を持つレスリーと出会い、自分たちの王国を築いて行く中で、成長する。そして、悲劇を乗り越えて行く。ジェス役のジョシュ・ハッチャーソン、レスリー役のアナソフィア・ロブ。二人とも、抱きしめたくなるほど、けなげで可愛い。Terabithia08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ハリウッド映画版『鉄腕アトム』の監督決定!

 手塚治虫のSF漫画「鉄腕アトム」を映画化する『アストロボーイ』(原題)の監督に、デヴィッド・ボワーズが決まったと香港のイマジアニメーションが正式に発表した。ボワーズはヒュー・ジャックマンとケイト・ウィンスレットが声の出演をしたアニメ『マウス・タウン ロディとリタの大冒険』で監督を務め、手塚治虫の原作漫画の大ファンだそうだ。映画『アストロボーイ』(原題)はフルCGアニメーションとして映画化され、2009年の世界公開を予定している。配給はワーナー・ブラザースとワインスタイン・カンパニーがあたる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■小林政広監督、喫煙バレてホテルを追い出される

 第37回ロッテルダム国際映画祭に、特集上映で参加中の小林政広監督が現地時間25日、喫煙が原因で事実上、宿泊中のホテルから追い出された。
 小林監督が宿泊していたのは、映画祭側が用意した市内屈指の5ツ星ホテル「W」。このホテルは世間の流れに従うように全館禁煙。その掟を小林監督が破ってしまったのが原因だ。
 小林監督は「映画祭側には“タバコが吸えるホテルを”とお願いしていたのですが、一番良いホテルを予約してくれたのが逆に災いしてしまいました。それでも最初はコレを機会にタバコを止めようと思ったんですけどね。ところが到着初日はひどい時差ボケで一睡もできず。手持ち無沙汰でつい、タバコに手を出してしまいました」と反省しきり。ホテル側から罰金175ユーロ(約28,000円)を請求され、喫煙可能なホテルに移動するハメとなった。
 小林監督は昨年、ウィーン国際映画祭に参加するためオーストリア入りした際には、「タバコの持ち込みは1カートンまで」という規則を無視して2カートン持ち込んだところを税関に見つかり、多額の罰金を払った”前科”がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.26

■「狼と香辛料」第3話「狼と商才」

 行商人ロレンスと狼神ホロの旅は続く。銀貨について、なかなか興味深い歴史的な知識を得ることが出来る。ホロの巧みな話術が印象的だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■1月26日午前10時三角山放送「シネマキックス」

 1月26日午前10時からの三角山放送「シネマキックス」では、「スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師」「4分間のピアニスト」「アフター・ウェディング」「エンジェル」「AVP2」「愛の予感」「ダーウィン・アワード」「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」などの映画評をお届けします。
 ご紹介する曲は、「働きマン」「灼眼のシャナ」「パラキス」などのテレビアニメ・オープニング曲特集です。BGMは、自作の曲を流します。
★インターネットでライプ放送します。
http://www.sankakuyama.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.25

■ヒース・レジャーの死亡はジョーカー役が原因?

 ジャック・ニコルソンが、『バットマン』シリーズの新作でジョーカー役を演じることになったヒース・レジャーに「キツイからやめておけ」と言っていたらしい。レジャーは、11月には新作『ザ・ダーク・ナイト』(原題)の撮影がキツく、ほとんど寝ていないとマスコミに語っており、ニューヨーク・タイムズ紙のインタビューでは睡眠薬を使って寝るようになったと言っていた。レジャーの死についてコメントを求められたニコルソンは、「だから言ったのに」とマスコミに答えたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■石ノ森章太郎、「最も多く描いた漫画家」ギネス認定

 漫画家の石ノ森章太郎(98年、60歳で死去)が、「最も多くの作品を描いた漫画家」としてギネス記録に認定された。「石ノ森章太郎萬画大全集」(全500巻)を刊行中の角川書店によると、24日までに認定書が届いたという。
 同社が「1人の漫画家の全集として500巻は最多記録」とギネスに申請したところ、石ノ森さんが生涯に残した作品数(770)とともに認められたという。全集には「仮面ライダー」「サイボーグ009」のほか、高校在学中のデビュー作「二級天使」から遺作「HOTEL」まで全作品を収録する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.24

■「PEACE BED アメリカVSジョン・レノン」の貴重な映像

 デヴィッド・リーフ監督。テレビインタビューなどの未公開映像や、当時のニクソン政権側の高官やFBI捜査官たちによる衝撃的な告白の記録などが盛り込まれたドキュメンタリー映画。
 現在のアメリカの状況が、泥沼化するベトナム戦争の時代とオーバーラップする中で、ジョン・レノンの反戦・平和活動が、注目されている。アメリカが、同じ歴史的な誤りを犯していることが分かる。彼は、アーティストとしての闘い方を世界に示した。ジョン・レノンの独創的な反戦・平和活動は、彼の死後も、確実に引き継がれている。
 「ジョン・シンクレア支援コンサート」など、貴重な映像が、驚くほどたくさんあった。オノ・ヨーコがカメラマンを雇って撮影したからこそ、残った映像も多い。あらためてジョン・レノンへのオノ・ヨーコの影響についても、考えさせられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「チャプター27」レノン暗殺者チャップマンの葛藤

 J・P・シェーファーの初監督作品。1980年12月8日夜、ジョン・レノンが銃撃されて殺された。マーク・チャップマンは、なぜ銃弾を撃ったのか。チャップマン本人に取材した「ジョン・レノンを殺した男」をもとに、彼が殺人に及ぶまでの3日間を描いている。
 チャップマンを演じるのは、30キロも体重を増やしたジャレッド・レト。チャップマンになりきったような迫真の演技を見せる。殺す直前まで、迷い続けるチャップマンの姿が異様にリアルだ。共演は、なんとリンジー・ローハン。とらえどころのない演技が印象的。2007年ワースト1位に贈られるラジー賞では、リンジー・ローハン主演のスリラー映画『アイ・ノウ・フー・キルド・ミー』が最低映画賞を含む9部門でノミネートされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『天元突破グレンラガン』のアニメーション原画集発売

 アニメーション『天元突破グレンラガン』のアニメーション原画集の刊行が決定した。厳選の原画を全3巻刊行。
第1巻は、第1話から第8話までの原画を収録して、2008年3月1日に発売する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.23

■「スウィーニートッド フリート街の悪魔の理髪師」は血も歌う

1990年『シザーハンズ』
1994年『エド・ウッド』
1999年『スリーピー・ホロウ』
2005年『チャーリーとチョコレート工場』
2005年『ティム・バートンのコープスブライド』
そして『スウィーニー・トッド』
 ティム・バートン監督とジョニー・デップの作品は、いつも驚きに満ちている。
 ブロードウェイ・ミュージカル「スウィーニー・トッド」の映画化。セリフの半分以上が歌という本格的ミュージカルで、ジョニー・デップの歌声をたっぷりと楽しめる。今回は、さらに『シザーハンズ』のようなダークでゴシックな世界が戻ってきて、とてもうれしかった。私にとってのティム・バートンは、この味わいだ。
 『チャーリーとチョコレート工場』は、チョコレートであふれかえっていたが、『スウィーニー・トッド』は、血であふれかえっている。さまざまな血しぶきの表現、ねっとりとした血の表情を見せつけられる。出血大サービス。それをスプラッターではなく、アートとして表現するところに、ティム・バートンの才能が生かされている。ミュージカルだけに血も歌っている。特にラストシーンは美しくも悲しい名場面だ。
Sweeneytood2008

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■俳優ヒース・レジャーが、28歳で急死

 ヒース・レジャー 『ブロークバック・マウンテン』のヒース・レジャーが1月22日、ニューヨークの自宅で亡くなっているところを発見された。28歳だった。
 ニューヨーク市警によると、レジャーは火曜午後、マッサージの予約を入れていたという。3時26分、自宅にマッサージ師が到着した際、手伝いの者が呼びに行ったところ、死んでいるのが見つかった。死因は薬物の摂取と関連している可能性がある。
 オーストラリア生まれのレジャーは、2005年の『ブロークバック・マウンテン』でアカデミー賞にノミネートされた。同年、共演のミシェル・ウィリアムズと婚約し、娘を儲けたが、昨年ふたりは婚約を解消している。
 レジャーの出演作には、『チョコレート』、『Rock You! [ロック・ユー!]』、『パトリオット』などがあり、最近出演した『アイム・ノット・ゼア』ではボブ・ディランのひとりを演じて話題になった。今年、『バットマン ビギンズ』の続編 “The Dark Knight”にジョーカー役で出演する予定だった。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■第19回GLAADメディア賞のノミネートが発表

 GLAAD(The Gay and Lesbian Alliance Against Defamation“中傷と闘うゲイとレズビアンの同盟”)が主催するGLAADメディア賞のノミネートが発表され、これまでに発表された賞レースとの顔ぶれがまったく違う作品が並んだ。
 主なノミネートは以下のとおり。

映画作品(メジャー封切り部門)
『アクロス・ザ・ユニバース』(原題)
『ジェイン・オースティンの読書会』
『スターダスト』

映画作品(限定封切り部門)
『バブル』
『ダーティ・ランドリー』(原題)
『ちっちゃなパイパイ大作戦!』
『Nina's Heavenly Delights』(原題)
『Whole New Thing』(原題)

テレビドラマ・シリーズ
「ブラザーズ&シスターズ」
「ダーティ・セクシー・マネー」(原題)
「Lの世界」
ほか

テレビコメディ・シリーズ
「デスパレートな妻たち」
「アグリー・ベティ」
「The War at Home」(原題)
「Exes and Ohs」(原題)
ほか

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■第80回アカデミー賞ノミネーション発表

 第80回アカデミー賞のノミネーションが発表された。米ロサンゼルス時間1月22日(火)の午前5時半から、サミュエル・ゴールドウィン・シアターで、映画芸術科学アカデミー会長のシド・ガニスと、キャシー・ベイツがアナウンスした主要部門のノミネーションは以下の通り。
 第80回アカデミー賞授賞式は2月24日にハリウッドのコダック・シアターで開催される予定。米脚本家組合(WGA)のストライキの影響でゴールデングローブ賞の授賞式が中止になるなどしており、アカデミー賞も例年通りの授賞式、テレビ中継になるかどうかが危ぶまれているが、主催する映画芸術科学アカデミーは「授賞式は計画通りに開催する」と断言している。

作品賞

『つぐない』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
『ノーカントリー』
『JUNO/ジュノ』
『フィクサー』

監督賞

イーサン・コーエン、ジョエル・コーエン (『ノーカントリー』)
ジュリアン・シュナーベル (『潜水服は蝶の夢を見る』)
ポール・トーマス・アンダーソン (『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
ジェイソン・ライトマン (『JUNO/ジュノ』)
トニー・ギルロイ (『フィクサー』)

主演男優賞

ダニエル・デイ・ルイス (『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』)
ジョニー・デップ (『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』)
ヴィゴ・モーテンセン (“Eastern Promises”)
ジョージ・クルーニ— (『フィクサー』)
トミー・リー・ジョーンズ (『告発のとき』)

主演女優賞

ジュリー・クリスティ (『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』)
マリオン・コティヤール (『エディット・ピアフ〜愛の讃歌〜』)
エレン・ペイジ (『JUNO/ジュノ』)
ケイト・ブランシェット (『エリザベス:ゴールデン・エイジ』)
ローラ・リニー (“The Savages”)

助演男優賞

ハビエル・バルデム (『ノーカントリー』)
トム・ウィルキンソン (『フィクサー』)
フィリップ・シーモア・ホフマン (『チャーリー・ウィルソンズ・ウォー』)
ケイシー・アフレック (『ジェシー・ジェームズの暗殺』)
ハル・ホルブルック (“Into the Wild”)

助演女優賞

ケイト・ブランシェット (『アイム・ノット・ゼア』)
シアーシャ・ローナン (『つぐない』)
ルビー・ディー (『アメリカン・ギャングスター』)
エイミー・ライアン (“Gone Baby Gone”)
ティルダ・スウィントン (『フィクサー』)

脚本賞

『JUNO/ジュノ』
『フィクサー』
“Lars and the Real Girl”
『レミーのおいしいレストラン』
“The Savages”

脚色賞

『ノーカントリー』
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』
『潜水服は蝶の夢を見る』
『つぐない』
『アウェイ・フロム・ハー 君を想う』

長編アニメーション賞

『レミーのおいしいレストラン』
『ペルセポリス』
『サーフズ・アップ』

外国語映画賞

『ヒトラーの贋札』 (オーストリア/ステファン・ルツォビッキー監督)
『ボーフォート −レバノンからの撤退—』 (イスラエル/ジョゼフ・セダー監督)
“Mongol” (カザフスタン/セルゲイ・ボドロフ監督、浅野忠信主演)
“Katyn” (ポーランド/アンジェイ・ワイダ監督)
“12” (ロシア/ニキータ・ミハルコフ監督)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.22

■ラジー賞ノミネート発表!リンジー・ローハンの映画が9部門でトップに

 2007年の映画界のさまざまなワースト1位に贈られるラジー賞のノミネートが発表され、リンジー・ローハン主演のスリラー映画『アイ・ノウ・フー・キルド・ミー』(原題)が最低映画賞を含む9部門でノミネートされた。『マッド・ファット・ワイフ』で一人何役もこなしたエディ・マーフィは、それぞれの役でノミネート。以下5部門に一人で名前が挙がっているが、これは一人の俳優による過去最高のノミネート数だという。第28回ラジー賞の主なノミネート作品などは以下の通り。

最低映画賞
『アイ・ノウ・フー・キルド・ミー』(原題)
『ブラッツ』(原題)
『アイ・ナウ・フロノンス・ユー・チャック・アンド・ラリー』(原題)
『マッド・ファット・ワイフ』
『ダディ・デイキャンプ』(原題)

最低男優賞
エディ・マーフィ『マッド・ファット・ワイフ』
アダム・サンドラー 『アイ・ナウ・フロノンス・ユー・チャック・アンド・ラリー』(原題)
キューバ・グッディング・Jr. 『ダディ・デイキャンプ』(原題)
ニコラス・ケイジ 『ゴースト・ライダー』
ジム・キャリー 『ナンバー23』

最低女優賞
リンジー・ローハン(一人二役で2回ノミネート)『アイ・ノウ・フー・キルド・ミー』(原題)
ジェシカ・アルバ 『アウェイク』(原題)、『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』、『グッドラック・チャック』(原題)
エリシャ・カスバート 『キャプティビティ』
ダイアン・キートン 『恋とスフレと娘とわたし』
ほか

最低助演男優賞
エディ・マーフィ 『マッド・ファット・ワイフ』
オーランド・ブルーム 『パイレーツ・オブ・カリビアン/ワールド・エンド』
ジョン・ヴォイト『ナショナル・トレジャー/リンカーン暗殺者の日記』『ブラッツ』(原題)、『トランスフォーマー』『セプテンバー・ドーン』(原題)
ほか

最低助演女優賞
エディ・マーフィ『マッド・ファット・ワイフ』
ジェシカ・ビール『アイ・ナウ・フロノンス・ユー・チャック・アンド・ラリー』(原題)、『NEXT -ネクスト-』
ジュリア・オーモンド 『アイ・ノウ・フー・キルド・ミー』(原題)
カーメン・エレクトラ 『鉄板英雄伝説』
ほか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■スカーレット・ヨハンソン、短編映画で監督デビュー

 女優スカーレット・ヨハンソンが、監督デビューを果たす。作品は映画『パリ、ジュテーム』のニューヨーク版にあたる映画『ニューヨーク、アイ・ラブ・ユー』(原題)で、映画『パリ、ジュテーム』のプロデューサーたちが製作し、1編5分の短編映画を12人の監督が撮っていくオムニバスになるそうだ。ヨハンソンのほかに、ニューヨークと縁の深いウディ・アレン、アンソニー・ミンゲラやミーラー・ナーイルが監督として参加することが決まっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.21

■画家の片岡球子さん死去、103歳

 日本画壇の最長老で、文化勲章受章者、日本芸術院会員の片岡球子(たまこ)さんが16日午後9時55分、急性心不全のため亡くなっていたことが21日、分かった。103歳。札幌市出身。葬儀は近親者のみで済ませた。
 2005年には、100歳記念の大規模な回顧展「現代日本画の巨星」が神奈川県立近代美術館葉山などで開かれ、葉山での開会式には車いすに乗りながらも元気な姿で現れ、画壇の重鎮の存在感を示した。体調を崩す直前まで自宅アトリエで絵筆を握り、旺盛な制作欲を発揮した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.20

■「ルパン三世」が再びスクリーンで!

 1967年に「週刊Weekly漫画アクション」で連載開始されて以来、何度となく映画化され、テレビシリーズが放映されるたびに高視聴率をたたき出している「ルパン三世」が誕生40周年を迎え、新作『ルパン三世 GREEN vs RED』としてスクリーンで上映される。

 新作『ルパン三世 GREEN vs RED』は、1971年~1972年に放映されたテレビシリーズの緑のジャケットを着た旧ルパンと、1977年以降の赤のジャケットを着た新ルパンが東京を舞台に対決する。なぜ、ルパンが二人いるのかは物語で次第に明らかになっていく。また、「ルパン」シリーズで東京が舞台となったのは1998年の『ルパン三世 炎の記憶~TOKYO CRISIS』以来だ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.01.19

■米のベンチャー企業、ヒトクローン胚作成に成功

 米カリフォルニア州のベンチャー企業が、ヒトクローン胚(はい)の作成に成功したと発表した。成果は同日付の学術誌「ステム・セルズ」(電子版)に掲載された。今後、多様な細胞に分化する能力を持つ胚性幹細胞(ES細胞)を作成し、難病治療などへの応用を目指すという。
 発表したのは「ステマジェン」社。核を除いた未受精卵25個に、男性の皮膚細胞から取り出した核を移植したところ、5個がES細胞のもとになる胚盤包(はいばんほう)の段階(受精後5日程度)まで成長した。このうち3個について、DNA分析などでクローン胚であることを確認したという。
 使用した卵子は不妊治療で余ったもの。参加した夫婦と卵子提供者のインフォームド・コンセント(十分な説明に基づく同意)を得ており、作業は米政府や全米科学アカデミーなどの指針に沿って行われたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.18

■バンコクに日本の「外こもり」1万人

「外こもり」は「短期バイトなどで稼いだお金を元手に、一年の大半を物価の安い外国で暮らす人々」。近年、若者を中心に増加している。
 彼らの生態を描いた『日本を降りる若者たち』の著者である下川裕治氏は「特に多いのがタイのバンコクです。彼らの多くは1泊300円-1000円程度の安宿に滞在し、そこで『ひきこもり』のような生活をしています。そのため数が把握しづらいのですが…日本人だけでおよそ1万人はいると見られています」と話す。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ヘイデン・クリステンセン、「ニューロマンサー」の映画化作品で主演か

 映画『スター・ウォーズ』シリーズのヘイデン・クリステンセンが、ウィリアム・ギブソンの小説「ニューロマンサー」の映画化作品で主演を務めるとインターネットサイトDark Horizonsが伝えた。小説「ニューロマンサー」は、サイバースペースで企業情報を盗み出すコンピューター・カウボーイ能力を失った主人公ケイスが、能力を再生させる代わりにヤバい仕事を引き受けるサイバーパンク小説で、映画『マトリックス』のウォシャウスキー兄弟やアニメーション映画『AKIRA』の大友克洋の世界観に多大な影響を与えたといわれている。出演が決まればクリステンセンはケイスを演じ、監督は映画『トルク』のジョセフ・カーンがあたる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■25歳のブラッド・レンフロ、死去!遺体で見つかる

 映画『依頼人』でデビューしたブラッド・レンフロがロサンゼルスの自宅で死亡した。25歳だった。一緒にいた友人たちの話によると、レンフロは自宅でいびきをかいて寝ていたらしいが、その後呼吸が止まったため救急車を呼んだとのこと。検死事務所はレンフロの死を認めているが死因などは発表されていない。レンフロは酒気帯び運転で10日間の実刑判決を受け刑務所にも入所。2006年にはヘロイン所持などでも逮捕され、リハビリ施設に入所し立ち直ろうとしていた。最近では、エイドリアン・ブロディ主演の『ジャケット』に出演していたほか、ウィノナ・ライダー、ビリー・ボブ・ソーントンの新作『ザ・インフォーマーズ』(原題)がクランクアップしたばかりだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.17

■アニメ「狼と香辛料 」第2話「狼と遠い過去」

 そうか、こんな風に静かに進むのか。「キノの旅」とは、少し違う形で、世界を、生き方を、ユーモアを交えながら真摯に見つめている。こういうアニメが、注目されるといいなあ。とても、好感が持てる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.16

■「4分間のピアニスト」はラジカルで型破りの音楽映画

 脚本家クリス・クラウスが構想8年で初監督した映画。歴史を生かしたドイツ映画の風格を感じさせながら、並の音楽映画に収まらない型破りな作品だ。刑務所でピアノを教えるために赴任した年老いた厳格な音楽教師クリューガーと、殺人犯として服役中の凶暴だが天才的なピアノの才能を持つジェニーが、出会う。トラウマとなる過去を抱えた二人は、対立しながらも交流を深めていく。そして、音楽的な凄まじい和解を実現する。
 シューマン、シューベルト、モーツアルト、バッハの音楽が流れる。しかし、だからこそラストシーンの曲が、とても衝撃的に響く。震えた。映画史に残るラジカルな名演奏。この驚きに向けて、細かな伏線が張られている。老ピアノ教師を演じるのはモニカ・ブライブトロイの演技が見事なら、ジェニーを演じた新人、ハンナ・ヘルツシュプルングも熱演している。抜群のキャスティングだ。演奏の吹き替えとピアノレッスンをしたのが白木加絵だという点も見逃せない。とても嬉しい。4pianist08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■芥川賞に川上未映子さん、直木賞に桜庭一樹さん

 第138回(2007年度下半期)芥川賞、直木賞の選考会が、1月16日午後5時より東京・築地の料亭「新喜楽」で開催され、受賞者が決定した。芥川賞は川上未映子さんの「乳と卵」が、直木賞は桜庭一樹さんの「私の男」が受賞作に決定。贈呈式は2月22日に東京・丸の内の東京会館で行われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■iPod touchが機能強化、アップデートが可能に

 iPod touchのソフトウエア・アップデートが可能になった。ノートや地図、天気などが追加された。ますます、iPod touchが楽しくなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■世界で一番薄い「Macbook Air」が発売!

 アップルは16日、新しいMacbook、世界で一番薄い「Macbook Air」を発表した。13.3インチ液晶搭載、重さは約1.3kg、厚みは1.94cm。5時間の連続駆動が可能で、80GバイトのHDD搭載版と64GバイトのSSD(フラッシュメモリベースの記憶装置)搭載版がある。いずれも2Gバイトのメモリを搭載する。光学ドライブは搭載されていないが、「Remote Disc」という新機能により、ほかのMacやPCの光学ドライブを利用できる。フルキーボード搭載で、マルチタッチジェスチャーをサポートする。
 値段は80GバイトHDD搭載モデル(1.6GHz Intel Core 2 Duo搭載)が22万9800円。64GバイトSSD搭載モデル(1.8GHz Intel Core 2 Duo搭載)が38万8400円。アップルストアで予約を受け付けており、2-3週間後の配送となっている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.14

■「愛の予感」監督の演技に負けた、監督の歌にやられた

 日本人監督として37年ぶりにロカルノ国際映画祭金豹賞(グランプリ)を受賞した作品。14歳の少女が同級生の少女を刺殺した実際の事件をもとに構想。事件の被害者の父と加害者の母、その孤独な二人の偶然の出会いと「愛の予感」を描く。苫小牧でロケしている。フィクションだが、ドキュメンタリーのような質感。冒頭のインタビューシーン以外は、ほとんど会話がない。日常の仕事と生活が繰り返される。料理の仕方、食事の仕方などで心境の変化を表現している。憎悪と贖罪が、愛に変化する。二人の関係の変化に映画としてのリアルがある。深読みをする必要はない。
 小林政広(こばやし・まさひろ)監督が、脚本を書き、なんと主人公の父親を演じている。俳優に断られたからということだが、何とも言えない、中年男性のしょぼくれた感じがたまらない。エンドロールで流れる歌も監督。また、いい味出している。フォークシンガーとして活動していただけのことはある。母親役の渡辺真起子も、独特な存在感がある。Ainoyokan08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オゾン監督「エンジェル」豊かな色彩で紡ぐ栄光と挫折

 フランソワ・オゾン監督の「エンジェル」は、監督初の全編英語で撮った時代劇。20世紀初頭のイギリスを舞台に、女性作家エンジェルの人生を描く。オゾン監督らしいシャープな美意識に貫かれたセットや衣装が心地よい。豊かな色彩で紡ぐ栄光と挫折のドラマだ。
 前作「ぼくを葬る」は、監督自身との距離感が少なく、ドキドキする緊張感があった。今回は、アーティストとしての成功という共通性はあるが、監督との距離感がかなり保たれ、得意の皮肉な味付けも生きている。主人公のエンジェル役は、ロモーラ・ガイ。生意気で自信家の反面、傷つきやすい女性を、とてもチャーミングに演じている。Angel08

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■青森家族殺害、また「ひぐらし」が標的に

 青森県八戸市根城(ねじょう)のアパートで母子3人が殺害され放火された事件で、県警八戸署捜査本部は12日、殺害と放火を認めている長男のものとみられる漫画本を焼け跡から押収した。登場人物が次々に人を殺す猟奇的なストーリーが含まれ、県警は動機解明につながる可能性があるとみて調べている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.13

■アニメ「俗・さよなら絶望先生」第2話も、ぶっ飛んでいる

 第1話「ほら、男爵の妄言 / 当組は問題の多い教室ですから どうかそこはご承知ください」も、凄まじかったが、第2話「まだ明け初めし前髪の / ティファニーで装飾を / 新しくない人よ、目覚めよ」 は、さらにぶっ飛んでいる。しかも、展開がシャープだ。
数ある放送中のアニメの中でも、突出した面白さだ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.01.12

「アベンティ・ヴィラ」がオープン

これは嬉しいサービスですね。セカンドライフが、またひとつ素敵になりました。

セカンドライフのビーチリゾートを満喫するなら
東京ピッグサイトのアベンティ・ヴィラがお奨めです。
丸々2SIMの敷地内には美しい浅瀬が続き、そこに浮かぶ31棟のヴィラを無料で利用できます。
詳しくはこちら↓
http://www.pigsight.jp/villa/
Avneti_sland

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■81回キネマ旬報ベスト・テン発表

 米アカデミー賞よりも歴史の長い日本映画の伝統、第81回キネマ旬報ベスト・テンが発発表された。周防正行監督の『それでもボクはやってない』が日本映画ナンバーワンに輝いたほか、日本映画監督賞、脚本賞、主演男優賞に選出されている。第1位の作品の鑑賞会および表彰式は2月5日、東京有楽町・朝日ホールにて行われる。

日本映画監督賞 周防正行『それでもボクはやってない』
日本映画脚本賞 周防正行『それでもボクはやってない』
日本映画主演女優賞 竹内結子『サイドカーに犬』『クローズド・ノート』『ミッドナイト イーグル』
日本映画主演男優賞 加瀬亮『それでもボクはやってない』『オリヲン座からの招待状』
日本映画助演女優賞 永作博美『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
日本映画助演男優賞 三浦友和『転々』『松ヶ根乱射事件』『ALWAYS 続・三丁目の夕日』
日本映画新人女優賞 蓮佛美沙子『転校生 さよならあなた』『バッテリー』
日本映画新人男優賞 林遣都『バッテリー』
外国映画監督賞 ジャ・ジャンクー『長江哀歌(エレジー)』
日本映画作品賞 『それでもボクはやってない』(周防正行監督 東宝配給 フジテレビ、アルタミラピクチャーズ、東宝製作)
外国映画作品賞 『長江哀歌(エレジー)』(ジャ・ジャンクー監督 ビターズ・エンド、オフィス北野配給)
文化映画作品賞 『ひめゆり』(柴田昌平監督 プロダクション・エイシア製作)

【2007年 日本映画ベスト・テン】
1位 『それでもボクはやってない』
2位 『天然コケッコー』
3位 『しゃべれども しゃべれども』
4位 『サッド ヴァケイション』
5位 『河童のクゥと夏休み』
6位 『サイドカーに犬』
7位 『松ヶ根乱射事件』
8位 『魂萌え!』
9位 『夕凪の街 桜の国』
10位 『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』
次点 『愛の予感』

【2007年 外国映画ベスト・テン】
1位 『長江哀歌(エレジー)』
2位 『善き人のためのソナタ』
3位 『今宵、フィッツジェラルド劇場で』
4位 『クィーン』
5位 『バベル』
6位 『やわらかい手』
7位 『ドリームガールズ』
8位 『ボルベール<帰郷>』
9位 『ゾディアック』
10位 『パンズ・ラビリンス』
次点 『デス・プルーフinグラインドハウス』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『ハリー・ポッターと死の秘宝』を!デル・トロ監督がワーナーに直訴

 映画『パンズ・ラビリンス』のギレルモ・デル・トロ監督が、ワーナー・ブラザースに送った声明文によると、ハリー・ポッター・シリーズの最終章である映画『ハリー・ポッターと死の秘宝』(仮題)の監督としてメガホンを取らせてほしいと要求したらしい。
 彼が最近、MTVのインタビューで語った内容によると「確かに、最終章を監督することに興味を持っていたし、現在、作品のトーンがだんだん暗くなってきている。子どもたちが持つ暗めの存在感と、物語が進むにつれ、さらけ出されてきた世界との間に見えるコントラストが興味深い。作品が本当に良い世界観に進展してきている」と述べ、自分の得意分野である暗めのトーンに興味を示しているうえ、彼が最終章を読んだ感想については「エンディングがディケンズの小説に似ている」というコメントを残している。ちなみに彼は、シリーズ3作目の映画『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』で監督を務める予定だったが降板し、アルフォンソ・キュアロンが監督していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.11

■イチロー2008年目標は3085安打日本記録更新

 マリナーズのイチロー(34)が10日、神戸市のオリックス室内練習場で自主トレを公開した。今年でメジャー8年目。毎年目標に掲げている200安打を達成すれば107年ぶりの8年連続となる。前半戦にあと130安打と迫る日米通算の3000安打を達成し、シーズン中に張本勲のプロ野球最多記録3085安打を超えることに意欲を見せた。
 「その先は、日本人として立ったことのない場所に立つことで、達成感を得られたらいいと思っているし、それを達成した上でちょっとした快楽みたいなものを感じられたらいいな、と」「2007年でようやく苦しみから解き放たれた感触を得たんでここから先は、ちょっと遊びたいなと思ってます。見てる人が『イチロー、遊んどるな、あれ』と印象を抱くような雰囲気でプレーをしたい」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アニメ「墓場鬼太郎」は、期待できる

 アニメ「墓場鬼太郎」第1話「幽霊一家」を見た。オープニングから素晴らしい。懐かしさと,ポップが混じり合って、なかなかの出来。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ショーン・ペン、2008年のカンヌで審査委員長に

 第61回カンヌ国際映画祭で、ショーン・ペンが審査委員長を務めることが決定した。主催者側は、ペンについて「彼はアメリカの姿を表現し、アメリカの独立系作品を生み出している」と語り、審査委員長に選ばれて当然の人物、と語っている。第61回カンヌ国際映画祭は5月14日から25日まで開催される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イギリスのアカデミー賞、BAFTA賞のノミネーションが発表!『つぐない』は17部門

 イギリスのアカデミー賞と呼ばれるBAFTA賞のノミネーションが発表された。キーラ・ナイトレイ出演の映画『つぐない』は17部門でノミネートを受けた。また、ポール・トーマス・アンダーソン監督、ダニエル・デイ・ルイス主演の映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』は13部門、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の映画『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』は作品賞ノミネートを逃すものの9部門でノミネートされている。BAFTA賞の授賞式は来月行われる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.10

■松下電器が「パナソニック」に

 松下電器産業の大坪文雄社長は10日、社名を「パナソニック」に10月1日付で変更し、ブランド名も09年度中をめどにパナソニックに一本化する、と正式発表した。ブランドを全世界で統一し、グローバル企業の姿勢を打ち出す。大坪社長は「松下、ナショナルを手放すのは大きな決断。それ以上の価値を生み出す責任がある」と述べた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■鳥インフルエンザ、中国初の人から人に感染

 中国衛生省は10日の記者会見で、江蘇省南京市の父子が鳥インフルエンザウイルス(H5N1型)に感染した問題で「家庭内での密接な接触によって感染した」と発表、先に発症して死亡した息子から父親に感染したことを明らかにした。中国で人から人への感染が確認されたのは初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.09

■アニメ「狼と香辛料」 第1話

 アニメ「狼と香辛料」 1話を見た。なかなか,落ち着いた作りだと思う。オープニングも心地よく、絵も奇麗だ。2話以降が、楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■飼い犬に猟銃で撃たれ死亡

 米テキサス州ヒューストンで、狩猟に出かけていた男性(46)が、自分の犬が猟銃の上に乗ったことから銃の引き金が引かれ、脚を撃たれて死亡する事故があった。チェンバーズ郡の保安官が明らかにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■批評家協会賞発表!『ノーカントリー』が最優秀作品賞

 ブロードキャスト批評家協会が主催する批評家協会賞が発表され、映画『ノーカントリー』が最優秀作品賞、監督賞、助演男優賞を獲得した。また、映画『ヘアスプレー』のキャストがベスト・アンサンブル賞を受賞したほか、ニッキー・ブロンスキーが最優秀若手女優賞を獲得。「そこに座って泣いているママと家にいるもう一人のママ、ジョン・トラヴォルタに感謝します」と受賞を喜んだ。ティーンの妊娠を描いた映画『ジュノ』は、最優秀コメディー映画と脚本賞を受賞。映画『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』も作曲賞とダニエル・デイ=ルイスが主演男優賞の2部門に輝いた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.08

■ニコール・キッドマンが妊娠

 オーストラリア出身のハリウッド女優ニコール・キッドマンが妊娠していることがわかった。キッドマンさんの広報担当者が7日に声明で明かした。
 キッドマンは、同じオーストラリア出身のカントリー歌手、キース・アーバンさんと結婚。声明によると「夫婦は感激している」という。キッドマンは、前の夫で米俳優のトム・クルーズと結婚していた時に1度妊娠したものの、その後流産。クルーズさんとの間には2人の養子がいる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ビヨンセが極秘に挙式

 歌手で女優のビヨンセが昨年12月に極秘挙式していたことが、分かった。英タブロイド紙「ニューズ・オブ・ザ・ワールド」の電子版が伝えた。相手は2000年ごろから約7年交際した米ヒップホップ歌手兼プロデューサーのJay-Z=ジェイ・ジー(41)。親友でイタリアのファッションデザイナー、ジョルジオ・アルマーニ氏(73)のパリにある自宅で身内と親しい友人らを集めて行われた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■マドンナ、映画監督デビュー作

 映画『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』のガイ・リッチー監督を夫に持ち、自身も映画へ出演、製作を手掛けてきたマドンナがついに監督デビューを果たした。その監督デビュー作品である映画『フィルス・アンド・ウィズダム』(原題)が、2月7日から17日まで開催される第58回ベルリン国際映画祭に出品されることが正式に発表された。映画はコンペティション部門ではなく、監督デビュー作が紹介されることが多いパノラマ部門での出品となる。内容は、マドンナ自身の人生経験を扱ったもので、30分の短編だそうだ。マドンナが映画祭に出席するかは明らかにされていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.07

■ブリトニー・スピアーズ、子どもを渡さず警察が呼ばれ、救急車で病院へ

 やれやれ。ブリトニー・スピアーズが元夫ケヴィン・フェダーラインに子どもたちを渡すことを拒んだため、警察が呼ばれ、その後、スピアーズが救急車で病院へ連れて行かれる騒ぎがあった。スピアーズの家に呼ばれた警察官らは3時間近く説得を続け、迎えに来ていたフェダーラインのボディガードに子どもたちを渡したという。このとき、スピアーズが薬物などの影響下にあることが明らかだったため、検査のために病院に連れて行かれたとのこと。
 子どもたちにケガはなかったが、複数の警官、消防車、救急車が2台と警察のヘリコプターまでもが駆けつけ、高級住宅地は大変な騒ぎになったようだ。検査入院をすることになったスピアーズは、一時的に子どもの親権を失い、面会する権利も取り上げられた。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■俗・さよなら絶望先生 第1話

 俗・さよなら絶望先生 第1話。最初から、飛ばし過ぎ。多くの人たちがついて来れなかったと思う。それでも、マイペースで展開していくのが、絶望テイスト。だから、2期も、期待できる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.06

■宮崎あおい、日本向けアルマーニの顔に

 女優・宮崎あおいが、有名ブランド、エンポリオ・アルマーニの日本向けモデルを務める。雑誌や屋外広告などを中心に、2月下旬ごろから展開される予定だ。
 「エンポリオ」は新しく日本独自の広告展開をするため、アジア全域でモデルを探していた。ジョルジオ・アルマーニ・ジャパンは、フレッシュでピュアな印象というブランドイメージに合う数人をモデル候補としてピックアップ。デザイナーのジョルジオ・アルマーニ氏に提案したところ「フレッシュな印象でファッション性も高いし、若いのに第一線で活躍している。ぜひ彼女で」との強い希望で、宮崎に決定した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「 ダーウィン・アワード」贅沢な、おバカ映画

 「ダーウィン賞」は、バカバカしい愚かな死に方をした人に「劣悪な遺伝子を残さずに人類に貢献した」ことをたたえて贈る実在の賞。この作品は、優秀なプロファイラーでありながら血を見ると失神する刑事・マイケルが、連続殺人犯を取り逃がして警察を辞職した後、「ダーウィン賞」の受賞者が保険会社に多くの損害を与えている事実に気づき、自分を保険会社に売り込むところから、始まる。保険会社は4週間を彼に与えて、その期間中に能力を実証できれば採用すると約束。パートナーには変死担当の保険調査委員シリを任命する。2人は、数々の不思議な事件の真実を明らかにしていく。
 「ダーウィン賞」というアイデアは、とても面白い。二枚目のジョセフ・ファインズに、ドタバタコメディをさせ、芸達者なウィノナ・ライダーが絡む。ジュリエット・ルイスや、この作品が遺作となったクリス・ペンも登場する。そして、メタリカがゲスト出演し演奏しセリフも話す。不思議な事件を二人が解明していくサスペンスにすれば、それなりに見応えのある作品に仕上がっただろう。しかし、コメディ仕立てにして、殺人犯の逮捕を盛り込む。学生の映像作家が、ずっとドキュメンタリーを撮っていて、突っ込みを入れる。映画の映像とドキュメンタリーの映像が交錯する面白い演出。散漫になることを恐れず、有名俳優を使って、こんなB級味の作品をつくってしまうフィン・タイラー監督は、本当に憎めないおバカ監督だと思う。好きだなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.05

■2007年映画独断ベスト20

 恒例の「2007年映画独断ベスト20」をアップしました。私が、2007年に札幌の劇場で見た映画を対象にしています。評判の高い映画も、見ていなければ含まれません。ご理解ください。
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/best2007.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■携帯電話で自動音声翻訳、今春実用化

 携帯電話を使って、日本語と英語の会話を自動音声翻訳するシステムが今春にも実用化される。特別な端末がなくても、ケータイ一つで双方の会話を音声で伝えられるのがミソで、京都府精華町の「国際電気通信基礎技術研究所」(ATR)が開発した。10年後には、世界約30種類の言語での会話翻訳を目指すという。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.01.04

■餌を与えようとして自分がライオンの餌になった飼育係

 正月から考えさせられるニュース-。南アフリカ北西部にあるライオンの飼育施設で、飼育係の男性(36)がライオンに襲われて食べられる事件が起きた。警察が3日に明らかにした。事件が起きたのは1月1日。男性は餌を与えるためにライオンのおりの中に入って行ったという。
 警察のスポークスマンは「9匹(前後)のライオンが彼を襲い、頭がい骨と背骨を残してすべて食べてしまった。事件は2人の目撃者の目の前で起きた」と話している。
 同スポークスマンによると、同施設で4年間働いていた男性は通常、ライオンにはフェンス越しに餌を与えており、なぜ今回おりに入って行ったかは明らかになっていない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ピーター・バーグ、『砂の惑星』リメイク版を監督

 映画『キングダム/見えざる敵』のピーター・バーグ監督が、SF超大作『砂の惑星』のリメイク版でメガホンを取るとMTVで認めた。「フランク・ハーバートの原作小説の猛烈なファン」と自らを称するバーグ監督は、1984年のオリジナル版でメガホンを取ったデヴィッド・リンチ監督のファンとしながらも、「新たにリメイクするための演出の可能性は大きく残っている」と語った。リメイク版の脚本はまだ出来上がっていないが、米脚本家組合のストライキ解決後に脚本を頼みたい脚本家リストがあるそうだ。バーグは、トム・クルーズの主演が決まっているスパイ映画『エドウィンA.ソルト』(原題)を先に監督する予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.03

■2008年、穏やかな目覚め3DCG動画

「mezame080101a.m4v」をダウンロード
 過去の素材を少し加工して、闇の中での神秘的な目覚めの3DCG動画を作りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.02

■ 電脳バー「アネモネ」、半年ぶりに更新

 1996年3月18日に開店した私のホームページ 「電脳バー・アネモネ」を、半年ぶりに更新した。映画評の整理が中心。ネズミ年に始めたサイトが、いつの間にかネズミ年まで続いた。ことしは、初心に帰って、ホームページ のリニューアルを図りたい。
http://www.asahi-net.or.jp/~md5s-kzo/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■俳優エディ・マーフィ、南太平洋の島で結婚

 米コメディー俳優エディ・マーフィ(46)が1日、南太平洋フランス領ポリネシアの島で、映画プロデューサーのトレイシー・エドモンズさんと結婚したと米ピープル誌が伝えた。
 同誌が2人の関係者の話として伝えたところによると、挙式はタヒチの北西約230キロに位置するボラボラ島近辺の個人所有の島で、ゲスト25人が見守る中行われたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.01.01

■2008年の恐竜CG動画

★「kyoryu080101.mp4」をダウンロード
 過去の素材を利用して、久しぶりに恐竜CG動画を作成しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■中川翔子、紅白をブログで実況

 中川翔子が31日、自身の公式ブログで紅白歌合戦を実況中継した。「ブログの女王」らしくこの日の昼食や本番前後の心境や表情などを写真や絵文字を交えてこまめに更新。出演直前の午後8時9分には「じゃ!いくお!貪欲にいくお!空色デイズ!!きいてお!」と意気込みをつづった。出演直後の午後8時32分には「全然覚えてない。終わったああああああああの!????」と感想を書き込むなど紅白の舞台裏を紹介していた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »