« ■梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」に元気づけられた | トップページ | ■組曲「孤独な銀河」 »

2007.12.16

■ 「もうひとつの地球」と3Dインターネット

 「ウェブ時代をゆく」(梅田望夫著)の重要な用語に、「もうひとつの地球」がある。そして、検索サービスを通じたグーグルの影響の大きさが強調されている。これは、「ウェブ進化論」と同じ論調だ。
 ただ「もうひとつの地球」を語るときに、2006年ころから注目を集めている3Dインターネットについての記述がないことが気になった。今は、確かに1995年ころのWebみたいに黎明期で、おもちゃのようなものだ。しかし、10年後を考えると、セカンドライフなどの3Dインターネットには、バーチャルとリアルの身体性、右脳的分野など、新たな膨大な可能性があると思う。梅田氏は、どう考えているのだろうか。

|

« ■梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」に元気づけられた | トップページ | ■組曲「孤独な銀河」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/17384211

この記事へのトラックバック一覧です: ■ 「もうひとつの地球」と3Dインターネット:

« ■梅田望夫著「ウェブ時代をゆく」に元気づけられた | トップページ | ■組曲「孤独な銀河」 »