« ■ミラ・ジョヴォヴィッチ、第1子を出産 | トップページ | ■米グーグル、携帯用ソフトを発表 »

2007.11.06

■ピンポイントで「ワクチン」=注射いらず

 東京大医科学研究所の清野宏教授らの研究チームは、腸などの粘膜に存在する免疫細胞にピンポイントで抗原を送り届ける分子を発見し、5日付の米医学誌に発表した。エイズウイルス(HIV)やインフルエンザウイルスなど粘膜を通じて感染する病気に対し、注射を使わず、経口薬で予防できるワクチンの開発につながる技術だという。  研究チームは、腸や呼吸器の粘膜に点在し、異物を認識して免疫機能を働かせる「M細胞」に着目。ラットを使い、この細胞だけに結び付く分子「NKM16-2-4」を発見、精製した。 この分子に破傷風菌の毒素をもとにした抗原を結び付けてマウスに投与したところ、粘膜での感染を防ぐ免疫と血液中の免疫の双方が活性化した。さらに、ボツリヌス菌毒素をマウスに投与した後、致死量の1万倍の同毒素を腹腔(ふくこう)内に入れたところ、何もしないマウスがすぐに死んだのに対し、この分子を投与したマウスはすべて生き残った。

|

« ■ミラ・ジョヴォヴィッチ、第1子を出産 | トップページ | ■米グーグル、携帯用ソフトを発表 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/16994725

この記事へのトラックバック一覧です: ■ピンポイントで「ワクチン」=注射いらず:

» ( エイズ )についての最新のブログのリンク集 [クチコミコミュニケーション]
エイズに関する最新ブログ、ユーチューブなどネットからの口コミ情報をまとめてみると… [続きを読む]

受信: 2007.11.06 17:00

« ■ミラ・ジョヴォヴィッチ、第1子を出産 | トップページ | ■米グーグル、携帯用ソフトを発表 »