« ■「AKIRA」の実写映画版の監督決定か | トップページ | ■臓器再生、働くロボ、携帯翻訳機 2030年までの技術予測 »

2007.10.30

■動物で最長寿、400年以上生きた二枚貝を大西洋で発見

 大西洋アイスランド沖の海底から、400年以上生きている二枚貝が発見された。これまで知られている動物の中で最長寿とみられる。英バンゴー大がホームページで発表した。
 見つかった貝はハマグリの仲間。同大の研究者が昨年、気候変動の調査中に海底から引き揚げたもので、大きさは約8・6センチ。研究チームは、貝殻が木の年輪のように1年ごとに層を作ることに着目。
 顕微鏡で貝の層の数を調べたところ、年齢は405年から410年で、過去に発見された最長寿の貝より30年以上も長生きだったことが分かった。
 貝は採取時には生きていたが、年齢を調べるために肉をはがしたことで長い生涯を終えた。

|

« ■「AKIRA」の実写映画版の監督決定か | トップページ | ■臓器再生、働くロボ、携帯翻訳機 2030年までの技術予測 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/16921791

この記事へのトラックバック一覧です: ■動物で最長寿、400年以上生きた二枚貝を大西洋で発見:

« ■「AKIRA」の実写映画版の監督決定か | トップページ | ■臓器再生、働くロボ、携帯翻訳機 2030年までの技術予測 »