« ■「ひぐらしのなく頃に解」14話 祭囃し編 其の壱「三四」 | トップページ | ■ネット発の動画「一宿一通」が国際平和映画祭受賞 »

2007.10.09

■顔マッサージロボット開発

 顎(がく)関節症などの治療に効果を発揮する顔マッサージ用のロボットを、早稲田大と朝日大などが共同開発し9日、公開した。顔面疾患の理学療法や新たなマッサージサービスにつなげたいという。
 ロボットは縦60センチ、横48センチ、高さ78センチの箱形で、重さは63キロ。ロボットの枕に頭を乗せ、あおむけに寝てマッサージを受ける。側面から伸びる2本のアームが顔の大きさを測定した後、筋肉に沿ってさすったり、もみ込む動きをする。
 デリケートな顔を傷めないよう加わる力をセンサーで常に測定し、一定以上の圧力になるとアームは曲がる仕組みになっている。先端には人間の指のような軟らかいセラミック素材を使った。従来のマッサージチェアは首から下が対象で、センサーで力を制御する機能はなかった。

|

« ■「ひぐらしのなく頃に解」14話 祭囃し編 其の壱「三四」 | トップページ | ■ネット発の動画「一宿一通」が国際平和映画祭受賞 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/16715037

この記事へのトラックバック一覧です: ■顔マッサージロボット開発:

« ■「ひぐらしのなく頃に解」14話 祭囃し編 其の壱「三四」 | トップページ | ■ネット発の動画「一宿一通」が国際平和映画祭受賞 »