« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007.09.30

■「天元突破グレンラガン」ロシウとシモン

 最終回を見て、第3部ではほとんど悪役のように憎まれたロシウの存在の大きさに、あらためて気づかされる。シモンは、奇跡的な力で希望を切り開くが、彼ができることは風穴を空けること。ロシウは、全体のバランスを考え、ベストな調整を行う。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「天元突破グレンラガン」第27話「天の光はすべて星」

 最終回を、深い深い感動とともに見終わった。熱血ロボットアニメの傑作として、長く歴史に刻まれることになるだろう。そして、私はこれからも何度も見返し、何度も涙を流すだろう。日本が、アンチスパイラルな傾向を強めているなかで、このアニメは誕生した。そのことの意味を噛み締めつつ、感謝の気持ちを表したい。ありがとう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.29

■日本ハムがパ・リーグ連覇

プロ野球のパ・リーグは9月29日、北海道日本ハムファイターズが千葉マリンスタジアムで千葉ロッテマリーンズに9—1で勝ち、2年連続4回目(前身の東映時代を含む)のリーグ優勝を果たした。
 日本ハムは、上位3チームによるクライマックスシリーズの第2ステージへの出場権を獲得し、2、3位を争っているロッテとソフトバンクが顔を合わせる第1ステージの勝者と、2連覇がかかる日本シリーズ進出権を争う。パ・リーグは昨年までの3年間、上位3チームによるプレーオフ勝者がリーグ優勝となったが、今季はレギュラーシーズン(144試合)1位がリーグ優勝に変更された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■SAPPOROショートフェスト2007簡易報告

 SAPPOROショートフェスト2007が、9月13-17日に行われた。私は15プログラム127作品を見ることができた。また、アワード受賞式で、審査委員や受賞監督のあいさつを聞くこともできた。そのすべてを報告するわけにはいかないので、一部の作品について紹介する。応募作品を厳選した作品部門11プログラムとフイルムメーカー部門3プログラム、そして招待プログラムで構成されていた。招待プログラムでは、オーストラリアショートを見たが、どの作品も殺人や死をテーマにしていた。この暗さ、重さは偶然できないだろう。確実に時代を反映している。
 作品部門のI-A 「まぶしい笑顔」は、いかにもラテン系のコメディ「パコおじさんの夏」でスタートした。なかでも、[観客賞][最優秀ノンダイアログ賞]を受賞した「遠い記憶」が、強い印象を残した。ナチス時代の過去と現在が、風船でつながる奇跡の再会劇。ラストのまぶしい笑顔が忘れられない。I-B 「感性派のあなたに」では、数々のアニメーション映画祭で賞を受賞しているスイスのアニメーション作家ジョルジュ・シュヴィツゲベルの「JEU」が高い技術力をみせつけた。見とれる。I-C 「映画好きもびっくり」は、[最優秀編集賞]の「アウトサイド」、[最優秀ミニショート賞]の「エッグ」など、傑作ぞろいだったが、[最優秀ベリーショート賞]に輝いた2分間の「ティース」の一発芸にしびれた。これぞ、ショートフイルムの醍醐味。I-D 「ディスカバリーズ」では「川辺のマーケット」が[最優秀撮影賞]を受賞。カメラアングルが多彩で,子供が可愛い。
 I-E「アーバンライフ」では、軽い「イヴェットの朝」が笑える。自分でもしそうなドジぶり。そして自分勝手な妄想のおかしさ。I-F「 新機軸の魅力」は、充実のプログラム。[作品部門グランプリ][最優秀脚本賞]を獲得した「交渉の結末」は、乳児の売買をめぐる最も重い作品。 文化の違いなどを巧みに織り込んだ脚本がとてもよい。短い会話が練られている。「D.I.Y」も[最優秀コンテンポラリー・ショート賞][最優秀美術賞]のダブル受賞。人々が知らずにシンクロしていく快感。 I-G 「女性におすすめ」では、化粧の持つ意味に迫った濃厚で、しかもかわいらしい作品「一枚の写真」が印象に残った。I-H 「人間模様」では、会社人間の悲哀を描いた[最優秀男優賞]の「本日欠勤」が、他人事に思えなかった。消防士のパフォーマンス「もえる男」も、笑えた。大人から子供まで楽しめる「チルドレン」プログラムは、粒ぞろいの作品のなかで、特に意表をつくアニメ「偉大な音楽家」が面白かった。
 国内・道内作品では、アニメ「レッツゴー番長デッドオアアライブ完全版」の力技に脱帽した。不良のけんかから始まって宇宙にまで広がる壮大なドラマ。[最優秀国内作品賞]の「Ohayo 」は、ストーリーよりも料理などの映像が魅力的だった。[最優秀北海道作品賞]の「花魁ノ詩(オイランノウタ)」は、しっかりとした出来。そして、札幌在住監督のアニメ「KUROMAME」が、最優秀チルドレン・ショート賞に輝いたことを喜びたい。私のとても好きな坂元友介監督の「蒲公英の姉」 は、非凡な発想を巧みにまとめあげていた。
 フィルムメーカー部門は、5人の監督がノミネートされた。オリジナリティと多様性を兼ね備えたサイモン・エリス監督が、グランプリを獲得した。しかし私にとっては、子供向けのメルヘンだけでなく、想像以上に多彩な表現を駆使していたワン・パブロ・ザラメーラ監督の作品に出会えたことが、今年の最大の収穫だった。そして中尾浩之監督と真島理一郎監督の作品に涙が出るほど笑った。なかでも「日本ボウリング機構CM」は、傑出していた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■手塚治虫「ブラック・ジャック」の未完成原稿コピー発見

 漫画家・手塚治虫(1928〜89年)が、無免許の天才外科医の活躍を描いた漫画「ブラック・ジャック」の未完成原稿コピーが初めて見つかり、兵庫県の宝塚市立手塚治虫記念館で公開が始まった。コピーは、漫画出版社「幻冬舎コミックス」(東京都渋谷区)の伊藤嘉彦社長が、秋田書店(東京都千代田区)の新人編集者として手塚を担当した際、「初仕事の記念に」と保管していた。手塚自筆のアシスタントへの指示なども残っており、同館は「制作過程をうかがえる貴重な資料」としている。公開は10月30日まで。
 同館によると、漫画の制作過程で作家がアシスタントに指示する場合などに、しばしば途中原稿がコピーされる。しかし、作業の混乱を防ぐため用済みのコピーは破棄され、原稿が完成すればコピーは残らないのが普通という。
 見つかったのは「週刊少年チャンピオン」1979年4月30日号(秋田書店刊)に掲載された「虚像」という作品の未完成原稿コピー24枚(A4判)。下書き線のほか、「かなり広角に」などと背景を描くアシスタントへの指示が残る。また、臓器や手術シーンのコマは空白になっており、医師だった手塚がリアルさを重視し、アシスタント任せにしなかったこともうかがえる。伊藤社長は「漫画にかける作家のこだわりを感じてほしい」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.28

■コッポラ監督、次回の脚本を盗まれる

 フランシス・コッポラ監督のアルゼンチンにある事務所兼住居に9月26日夜、強盗が押し入り、次回作の脚本が収められたパソコンなどを奪って逃走した。AFP通信などが伝えた。監督のスポークスマンは「脚本のデータだけでも返してほしい。お礼をするから」と返却を呼びかけている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■まさに猟奇!!「School Days」最終回

 例の事件の影響で、放送が延期されていた「School Days」最終回の12話を、やっと見ることができた。まさに、猟奇殺人事件だった。「なかに誰もいませんよ」。例の事件よりも、凄まじいかもしれない。血の色をいくら黒にしても、あの惨劇の衝撃は和らげることはできはしない。Sd12

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.27

■天元突破グレンラガン第6話 (DVD解放版)「見てえものは見てえんだ!!」

 テレビでは、放送コードに触れて、放送できなかったアニメ「天元突破グレンラガン」第6話「見てえものは見てえんだ!!」が、DVDとして公開された。テレビ版の第6話「てめえら全員湯あたりしやがれ!!」 も、そうとうおバカな内容だったが、「見てえものは見てえんだ!!」は、さらにHでおバカな展開。その後の壮大なドラマを考えると、その能天気な馬鹿さ加減は何とも感無量だ。しかし、シモンに「月に行こう」というカミナの言葉など、後の展開を暗示するシーンもあり、なかなか感慨深い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イタリアの服飾ブランド、拒食症のモデルを起用

 ミラノ・ファッション・ウィークが開催されているイタリアで、拒食症の女性モデルを起用したヌード広告が新聞紙面や広告掲示板に掲載された。
 体重31キロのフランス人モデルを起用したのは服飾ブランド「Flash&Partners」。広告には「No Anorexia(拒食症)」と書かれており、イタリア人写真家オリビエーロ・トスカーニ氏が撮影した。
 同ブランドによると、トスカーニ氏は、拒食症の現実を人々に示すため裸の写真を用いたという。同氏は1992年、ベネトンの広告キャンペーンで死期の迫る男性エイズ患者を撮影するなど物議を醸している。
 やせすぎのモデルをめぐっては、スペインで昨年行われたマドリード・ファッション・ウイークでBMI(肥満度)が18を下回るのモデルの起用が禁止され、大きな注目を浴びた。Noanorexia
Noanorexia2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■金原ひとみ「蛇にピアス」衝撃の映画化!

 2004年に綿矢りさとともに20歳で第130回芥川賞を受賞した金原ひとみの「蛇にピアス」が映画化されることになった。監督は世界的な評価も高い演出家、蜷川幸雄(ニナガワユキオ)。 配給は、ギャガ・コミュニケーションズ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.26

■外から内臓が見える透明なカエル、日本で誕生

 広島大両生類研究施設の住田正幸教授らが、外側から内臓が見える透明なカエルを誕生させることに成功した。がんなどの病気の研究に際し、臓器の成長・発達を理解するのに役立つと期待される。
 住田教授はロイターに対し、透明な四足動物が報告された例は過去にないと述べた。
 この透明カエルは、国内で採集されたニホンアカガエルを使って作られ、オタマジャクシから成体まで透明のままで過ごすという。
 住田教授はこのカエルについて、ある化学物質が骨に与える影響などを研究するのにも役立つとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アニメ「ぼくらの」第24話「物語」

 アニメ「ぼくらの」をあまり好きになれないまま、見続けてきた。この苦行に近い感覚は、最後に深い失望に変わった。最終回。こんなラストシーンで終わらせるために、この特異なアニメは続いてきたのかと。すべてが、ぶち壊しだ。むなしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■AT-X「School Days」12話を9月27日(木)午後9時30分に放送

 アニメ専門チャンネルAT-Xは、「School Days」12話(最終回)を、9月27日(木)午後9時30分から放送する。
http://www.at-x.com/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■世界初!!日テレが番組全編をSecond Lifeで収録 

 3D仮想世界「Second Life」で全編を収録する30分番組「デジタルの根性」を、日本テレビ放送網が10月3日に始める。千原ジュニアさんなど出演者の操作するアバターが、Second Life内のおすすめスポットなどを紹介する番組で、テレビ番組全編をSecond Lifeで収録する取り組みは世界初という。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.25

■「ダイ・ハード」のマクティアナン監督、禁固4カ月の判決

  米映画「ダイ・ハード」や「プレデター」などで知られるジョン・マクティアナン監督(56)が24日、連邦捜査局(FBI)に対して故意に虚偽の証言をしたとして、禁固4カ月の判決を受けた。
 同監督は、著名探偵アンソニー・ペリカーノ氏がハリウッド関係者に不法盗聴などを行ったとして罪に問われている件をめぐり、罪を認めた7人のうちの1人。ペリカーノ氏にプロデューサーのチャールズ・ローベン氏に対する盗聴を依頼していないと証言していた。
 同監督には、2年間の保護観察処分と10万ドル(約1150万円)の罰金も言い渡された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■なんと「天元突破グレンラガン」が再放送開始

 TXテレビ東京で、10月4日26時からから「天元突破グレンラガン」が、再放送される。終わってすぐの再放送は珍しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アリシア・シルヴァーストーン、動物愛護団体CMに登場


 アリシア・シルヴァーストーンが、動物愛護団体PETAが推進するベジタリアン推奨キャンペーンのテレビ・コマーシャルに出演した。このコマーシャルは、裸体を腕で隠したシルヴァーストーンがプールから上がり、ベジタリアンであることの利点を語るというもの。ガーディアン・オンラインによると、シルヴァーストーンは声明の中で「私はいつもベジタリアンだったわけではないけれど、動物は大好きだし、ベジタリアンだと健康への効果は絶大よ」とコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■サンテレビが「ひぐらしのなく頃に 解」を放送

 サンテレビが25日早朝、他の放送局で放送を中止したアニメ「ひぐらしのなく頃に 解」を放送した。内容的には、例の事件との関連シーンはない。ただ、なんと大石が殺されてしまう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.24

■iPod touch、タッチパネルは快感!!

iPod touchをiTunesと同期させて、早速触ってみた。なんといっても、夢にまで見たタッチパネル。指の動きにあわせて、なめらかに画面が流れていく。写真が拡大縮小する。とても、気持ちがいい。新世紀のディバイスと呼ばれる意味が実感できた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■iPod touchが家に届いた!!

9月24日朝、iPod touchが家に届きました。感激!!。ゆっくりと使い勝手をお伝えしていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.23

■「天元突破グレンラガン」第26話「いくぜ ダチ公」

 朝から、相変わらずテンション高い。今回は、ブータの大変身とパラレルワールドのわな。しかし、それもニアへの愛が打ち破る。それにしても、アンチスパイラルのボスは、迫力ないなあ。いよいよ、来週は最終回。10月からは、グレンラガンの放送されない日曜日に耐えて生きていかなければならない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「さよなら絶望先生」第12話 「なんたる迷惑である事か!」

 最終回。オープニング曲に「ぶれぶれ」復活。前回の暴れチンチン電車にはねられた件は、何事もなかったようにスルー。今回のテーマは、加害妄想と証拠過多。加害妄想は、まさに政治的な問題につながるので、なかなか扱いが難しいが、見事なバランスか。証拠過多は、あまりに証拠がそろいすぎていると疑ってしまうという人間の心理に切り込む。そして、何事もなかったように、終わってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.22

23日午前11時からの三角山放送「シネマキックス」

 9月23日午前11時からの三角山放送「シネマキックス」では、札幌ショートフェスト2007を特集します。受賞式の大貫妙子審査委員などのトークもお届けします。

インターネットでライプ放送します。
http://www.sankakuyama.co.jp/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジョージ・クルーニーが恋人と走行中にバイク事故

 男優のジョージ・クルーニーが、オートバイ事故で肋骨にひびが入る負傷をしたことが明らかになった。広報担当が21日語った。
 広報担当によると、クルーニーは米ニュージャージー州パリセイデスで恋人のサラ・ラーソンさん(28)とオートバイで走行中、事故を起こし、肋骨にひびが入った。ラーソンさんは足を骨折した。2人は同地の病院で手当てを受けた後、病院を出た。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ソニーPS3仮想空間「Home」、来春に公開延期

 ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCE)の平井一夫社長は、9月20日に開幕した東京ゲームショウの基調講演で、年内公開予定だったプレイステーション 3(PS3)向け3次元仮想空間「Home」の公開を、来春に延期すると発表した。
 Homeは、ユーザーがアバターを操作して他ユーザーと交流したり、自分の部屋を作ったりできる仮想空間で、Second Lifeに対抗するサービスとして注目されている。
 海外では今秋、国内では年末に向けて公開する予定だったが、「より楽しくご利用いただくため」公開を来春に延期する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.21

■アニメ「ひぐらしのなく頃に解 」も放送中止

 アニメ「ひぐらしのなく頃に解 」第12話「皆殺し編 其の七 雛見沢症候群」も、放送中止になった。やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2007.09.20

■マンガ家・吉田戦車が、マンガ家の伊藤理佐と結婚!

 不条理ギャグマンガ「伝染るんです。」のヒットで知られるマンガ家の吉田戦車が、同じくマンガ家の伊藤理佐と結婚したことが20日、分かった。吉田が雑誌「ビッグコミックスピリッツ」の公式サイト上で結婚についてのメッセージを出したほか、伊藤も雑誌「週刊文春」の連載で明らかにした。
 吉田のメッセージによると、2人はデビュー間もないころからの顔見知りだったが疎遠になり、2004年、10数年ぶりに再会し親交を深めていった。2人とも離婚暦があり、再婚となる。
 伊藤は日常の笑いを描いたギャグマンガを作風とし、ヒット作「おるちゅばんエビちゅ」はアニメにもなった。2006年には「女いっぴき猫ふたり」「おいピータン!!」など一連の作品で手塚治虫文化賞短編賞を受賞している。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■SAPPOROショートフェスト2007観客賞は「遠い記憶」

 SAPPOROショートフェスト2007の観客投票で決まる観客賞は、「Distant Memory/遠い記憶」に決定した。ドイツのマイケル・シェーファー 監督。過去と現在が、風船でつながる奇跡の再会劇。まさに、ラストのまぶしい笑顔が印象的だ。「最優秀ノンダイアログ賞」も、受賞している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチロー打率3割5分4厘でア・リーグトップに

 米大リーグは19日、各地で行われ、マリナーズのイチローはアスレチックス戦に1番・中堅で先発した。3打数2安打2打点の活躍で打率を3割5分4厘に上げ、オルドネス(タイガース)を1厘差で上回ってア・リーグトップに立った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■沢尻エリカ、高城剛氏と熱愛

 女優の沢尻エリカ(21)が、映像作家でDJとしても活躍するマルチクリエーター高城剛氏(43)と熱愛中であることが19日、分かった。
 きょう20日発売の雑誌「女性セブン」が報じている。9月中旬の夜、高城氏の運転で都内を2人きりでドライブ中、車内で顔を寄せ合うなど、ただならぬ仲を指摘。友人を交えた食事後、高城氏の自宅へ行き、2人が再び外出したのは翌日の夕方だったと伝えている。
 2人のホットな関係は今春から噂になっていた。6月に約3週間のヨーロッパ旅行、7月には台湾、8月には米サンフランシスコに一緒に行っていたとの情報もある。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2007.09.19

■山口小夜子さんをしのぶ会に1000人参列

 パリコレクションなど世界で活躍し、8月14日に57歳で亡くなったモデル・山口小夜子さんをしのぶ「送る夜」が9月19日、東京都中央区の築地本願寺で開かれた。三宅一生さん、高田賢三さんらデザイナーや、モデルなどのファッション関係者、一般のファンを含め約1000人が参列した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「ぼくらの」第23話「雪景色」

 今回は、なかなか力の入った回だった。大人対子供という構図も見えたし、兄弟愛の形も見えた。そして物語は、急速に展開する。なんといっても、コエムシが妹に撃ち殺されたのには、驚いたが。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■Second Lifeに脆弱性、アバター乗っ取りの恐れも

 3D仮想空間「Second Life」に、ユーザーのパスワードなどを盗むことができてしまう脆弱性が見つかった。セキュリティ各社のリスク評価はそれほど高くないが、ログイン情報が盗まれれば、Second Lifeのアバターを乗っ取られてしまう恐れもある。
 仏FrSIRTのアドバイザリーによると、この脆弱性は、アプリケーションをインストールする過程で登録される「secondlife://」URIハンドラの設計ミスに起因する。攻撃者が不正なiframeを仕掛けたWebページをユーザーに閲覧させることにより、ユーザーネームとパスワードを盗み出すことが可能になる。
 問題を発見したハッカー組織「GNUCITIZEN」は、不正なWebページを使ってログイン情報を盗み出す手順をサイト上で公開。問題の悪用にはInternet Explorer(IE)6と7が利用できるとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■京都の父殺害事件で「School Days」最終回の放送見送る

 京都府京田辺市で府警南署交通課の巡査部長が専門学校生の次女に殺害された事件を受け、テレビ神奈川は18日、女子高校生による暴力シーンがあるアニメ「School Days」の最終回の放送を見送った。同作はチバテレビ、テレビ愛知などでも放送中で、各局とも放送を見合わせる予定。
 「School Days」は伊藤誠、桂言葉(ことのは)、西園寺世界の3人の高校生の3角関係を描き、今年7月からテレビ神奈川などUHF局の深夜帯で放送されている。原作のPC向け恋愛シミュレーションゲームは、約20種類の結末が用意されたマルチエンディング形式で、恋愛関係のもつれから女子高生が刃物で切りつける結末もあり、アニメ版のどのような結末を迎えるか、インターネットなどで話題となっていた。
 テレビ神奈川では「最終回では、女子高生による暴力シーンがあり、血の色を赤でなく黒にするなど表現上、最大限の配慮をしていたが、京都の事件の直後でもあり、影響を考慮して休止を決めた。視聴者の皆さんにはご理解いただきたい」としている。19日に放送を予定していたチバテレビなども同様の理由で最終回の放送を見送った。15歳以上の年齢制限をかけて放送しているアニメ専門CS放送の「AT-X」は、最終回の放送について「検討中」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「さよなら絶望放送」第4回、護身茶道?

 今回も、はじめからハイテンション。ラジオという媒体を、とてもよく生かしたネタだ。お便りコーナーは、「護身茶道」がテーマに。どんなものか、いろいろと想像して楽しむ。危険なときに、急いで熱いお茶をたてて、かける?。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■16歳の娘、斧で警察官の父を殺害容疑

 9月18日午前4時40分ごろ、京都府京田辺市、京都府警南署交通課巡査部長(45)方から、妻(41)とみられる女性の声で「主人が斧(おの)で首を切って自殺した」と119番通報があった。消防隊員が駆けつけると、2階の寝室で巡査部長が首から血を流して倒れており、すでに死亡していた。田辺署員が返り血を浴びた専門学校生の次女(16)に事情を聴いたところ殺害を認めたため、殺人容疑で緊急逮捕した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.18

■菊地凛子、ピープル誌の2007年ワースト・ドレスに選ばれる

 ピープル誌恒例のベスト・ドレス、ワースト・ドレスが今年も発表され、菊地凛子が1月にゴールデン・グローブ賞の授賞式に着ていた白のドレスがワースト・ドレスの1つに選ばれてしまった。そのほかにもキルスティン・ダンスト、クイーン・ラティファなどがワースト・ドレス入りしている。ベスト・ドレスにはペネロペ・クルスがアカデミー賞のレッドカーペットで着ていたドレスやジェシカ・アルバが『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』のロンドンプレミアで着ていたグッチのドレスなどが選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ジョン・スチュワート、再びオスカーの司会に

 アメリカ映画芸術科学アカデミーは、来年2月24日に開催される第80回アカデミー賞の司会者を、第78回に司会を務めたコメディアンのジョン・スチュワートが再び担うことを発表した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.17

■「らきすた」第24話「未定」

 「らきすた」第24話「未定」 は、最終話らしくオープニングなしで、ストーリーが始まる。高校最後の文化祭「桜藤祭」で、みんなでチアダンスに挑戦することに。ズカ喫茶の衣装もすばらしい。小神あきらが、目出たく出演。文化祭実行委員長として白石みのるもたくさん出演。あのオープニング・チアダンスのハイテンションと、本編のまったりとしてテンションの落差が、最後に解消される。学園アニメの定番・文化祭で終わるという見事な王道。しかし、白石のエンディングの歌で、すべてをぶち壊した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.16

■札幌ショートフェスト2007、グランプリ決定

 9月16日夜に札幌ショートフェスト2007のグランプリが発表されました。作品部門 グランプリは、「Mr. Michael Dreher」(マイケル・ドレーヤー監督 、ドイツ)、フィルムメーカー部門 グランプリは、サイモン・エリス監督(イギリス)が、それぞれ受賞しました。どちらも社会的なドラマ性が高く評価されたようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第11回レインボーマーチ札幌

 2007年9月16日に、第11回レインボーマーチ札幌が行われました。例年通り、大通公園、すすきの方面をデモ行進し、セクシャルマイノリティの存在を示しました。そして、多様な個性の尊重を願って恒例の風船飛ばしも行いました。午前中までの雨も上がり、ことしも晴天のもと、晴れやかに行進しました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「天元突破グレンラガン 」第25話「お前の遺志は受け取った!」

 今回は予測通り、キタン、大活躍。ヨーコとの会話と抱擁は、カミナとヨーコの最後のシーンを思い出させる。涙なしには、見ることができない。そして、予想外にブータも大活躍。ブータは、最初からグレン団のメンバーだったが、ここに来て超螺旋力を発揮する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「さよなら絶望先生」第11話「あれ 不可よ 原作があるじゃないかね」暴れチンチン電車

 アニメ「さよなら絶望先生」も、残すところ、あと1回。ここまで、奇跡的なテンションを保ちつつ、変化してきた。今回は、原作通りなどの、逃げ道がテーマ。やや凡庸な気がしたが、後半の冬眠志向が、集団永眠への危険に陥る展開は、さすがだった。そして、最後の暴れチンチン電車。この超展開!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■札幌ショートフェスト2007、3日目

 いやあ、真島理一郎監督の新作「日本ボウリング機構」には笑った。本当に泣きながら笑ってしまった。15日は、拍手もたくさんあって、映画祭らしい雰囲気に。会場も、ほぼ埋まる観客。盛り上がってきたなあ。Mmashima20070915

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.15

■坂井泉水さん未発表曲が「コナン」主題歌

 「ZARD」の坂井泉水さん(享年40)の追悼コンサートが14日夜、東京・千代田区の日本武道館で行われた。
 巨大スクリーンに生前の坂井さんが歌う姿が映し出され、その歌声に合わせてバンドが生演奏。坂井さんが「私はいつも言葉を大切にしてきました。それが音楽で伝わればいいなと思います」と、04年の全国ツアーで語った言葉が流れスタート。04年の同ツアーのサポートメンバーら24人が演奏し、「きっと忘れない」「揺れる想い」など35曲が披露された。フィナーレの「負けないで」ではファン1万3000人が総立ちになって大合唱した。
 坂井さんが子宮頸(けい)がんの摘出手術を受ける2カ月前の昨年4月、体調が悪い中でレコーディングした未発表曲「グロリアスマインド」も披露された。おもいきり泣いたら、昨日までの事は全部忘れよう…と坂井さんらしい前向きなメッセージに、すすり泣くファンも見られた。同曲は坂井さんが好きだった日本テレビのアニメ「名探偵コナン」のオープニングテーマ曲に起用され、年内にCD化される。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■日本初の携帯電話で撮影した映画祭

 ポケットフィルム・フェスティバルは、2005年に「フォーラム・ド・イマージュ(Forum des images)」(パリ市立映像フォーラム)が世界に先駆けて開催し、2007年6月にはその3回目がポンピドゥー・センターで開かれたもの。そして2007年12月7日〜9日の期間、横浜(東京藝術大学映像研究科 横浜キャンパス新港校舎)での開催となった。東京藝術大学、ソフトバンクグループが中心となって実行委員会を組織、主催する。
 ポケットフィルム・フェスティバルの大きな特長として、携帯電話を用いて制作された作品が大きなスクリーンで上映され、鑑賞するといった形態があるが、今回の横浜での映画祭ではそれに加え、携帯電話の画面で映し出す「モバイル・ディスプレイ部門」をあらたに設けられる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■札幌ショートフェスト2007、2日目

 9月14日、札幌ショートフェスト2007、2日目。今日は会社を休む訳にいかず、午後8時から2プログラムを見ました。昨年に比べて、拍手する人が減っているのは、とても残念です。坂元友介監督の「蒲公英の姉」。その発想と展開の非凡な跳躍に敬服しました。私は、天才だと思います。もちろん、努力の人でもあります。同時代に生きていて幸せです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.14

■ピンク・レディー「UFO」など振り付け、土居甫氏が死去

 土居甫氏(どい・はじめ=振付家)が14日、悪性リンパ腫で死去した。70歳。告別式は18日午前11時30分、東京都三鷹市下連雀4の18の20禅林寺。喪主は長男、秀充(ひでみつ)氏。
 テレビ番組「シャボン玉ホリデー」への出演のほか、「スター誕生」に参加し、森昌子、桜田淳子、山口百恵の「花の中三トリオ」や、ピンク・レディーらの歌の振り付けをした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■トビー・マグワイア、日本ロボットアニメを映画化

 トビー・マグワイアが、日本製アニメの映画化に関わることが明らかになった。ハリウッド・レポーター紙が伝えたところによると、ワーナー・ブラザースが日本製アニメ「超時空要塞マクロス」「超時空騎団サザンクロス」「機甲創世記モスピーダ」をひとつの作品としたSFロボットアニメ「ロボテック」の映画化権を獲得したそうだ。そして、マグワイアも自身の製作会社を通してプロデューサーとして作品に関わり、主演しようと考えている。スタジオはフランチャイズ映画として展開させていく予定で、映画版の脚本はクレイグ・ザーラーが手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「ひぐらしのなく頃に解」第11話 皆殺し編 其の六 「強い意志」

 仲間たちの力が運命を変えていく。熱い展開。その力と、陰謀の力の闘いが続く。物語の裏側が分かっていく、スリリングな内容だ。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■札幌ショートフェスト2007、始まる

 9月13日から「札幌ショートフェスト2007」が、始まりました。私は、午後2時から見続けて、40作品を見ることができました。ことしは、日本の監督も、2006年以上に頑張っていました。くわしくは、あした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.13

■円谷プロを映像制作大手TYOが買収

 映像制作大手のティー・ワイ・オー(TYO)は12日、「ウルトラマンシリーズ」の著作権を持つ円谷プロダクションを買収すると発表した。円谷プロは映画制作費の負担がかさみ経営不振に陥っており、TYO傘下で再建を図る。
 円谷プロ株の45%を保有する円谷エンタープライズの増資をTYOが8000万円で引き受けて株式の8割を保有する筆頭株主になり、円谷一夫・円谷プロ会長兼社長の個人保有株をエンタープライズに移す。この結果、TYOは円谷プロ株の54%を間接的に保有する形になる。円谷プロの経営陣に、TYOの吉田博昭社長らが加わる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.12

■安倍首相辞意、「週刊現代」が「脱税疑惑」で取材

 12日午後2時に突然辞意を表明した安倍首相は、「週刊現代」が首相自身の政治団体を利用した「脱税疑惑」を追及する取材を進めていた。
 安倍首相は父晋太郎氏の死亡に伴い、相続した財産を政治団体に寄付。相続税を免れた疑いがあるという。晋太郎氏は91年5月に死亡し、遺産総額は25億円に上るとされていた。編集部は安倍首相サイドに質問状を送付し、12日午後2時が回答期限としており、15日発売号で掲載する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■アニメ「こどものじかん」が10月スタート

 「こどものじかん」は、私屋カヲルの漫画。「COMIC HIGH」(双葉社)で2004年3月創刊号に読み切り作品として掲載、第5号から正式に連載されたが同誌が6号で一旦休刊したのに伴い連載終了。その後、2005年4月に新装刊した「コミックハイ!」Vol.1(漫画アクション増刊・2005年5月22日号)から旧「COMIC HIGH」時代の設定を全てリセットしたうえで連載を開始した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.11

■「さよなら絶望放送」第03回

 「さよなら絶望放送」第03回も、最初から収録ネタで笑わせてくれる。屈折したテンションの高さは、アニメとも共通している。ニスナーをも巻き込みつつ、展開していくアニラジ。数あるアニラジでも、この毒のある内容は特筆すべきだろう。アニメ「さよなら絶望先生」が、終わっても、続いてほしいと思う。世に、絶望のタネは、尽きまじ、なのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ガエル・ガルシア・ベルナル、次回作ではニューヨーカー役に

 ガエル・ガルシア・ベルナルが、次回作ではニューヨーカーにふんすることが明らかになった。ベルナルがスウェーデン人監督ルーカス・ムーディソンの次回作『マンモス』(原題)へ出演する。ベルナルふんするやり手のニューヨーカーが、妻と娘と一緒に行ったタイ旅行で自らの人生を変えようと考える人間ドラマ。撮影は11月からタイとニューヨーク、スウェーデン、フィリピンで行われる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.10

■パウエルが9秒74の世界新

 イタリアのリエティで行われた陸上の国際大会で9日、男子100メートル予選に出場したアサファ・パウエル(ジャマイカ)が9秒74の世界新記録を樹立した。従来の記録は、パウエル自身が3度マークした9秒77。追い風1.7メートルの好条件の下、パウエルはスタートから抜け出し、従来の記録を0秒03更新した。同決勝は無風の条件下で9秒78で圧勝した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■イチロー7年連続100得点

 マリナーズのイチロー外野手が9日、タイガース戦に1番中堅で先発出場。3安打を含む5出塁と、1人で4得点をあげて7年連続のシーズン100得点をクリアした。シーズン200安打、30盗塁をともに7年連続で記録したのはメジャーリーグ史上初の快挙となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「らきすた」第23話「微妙なライン」

 あと1話を残すだけか。この気持ちの良いテンポ、長寿アニメになってほしいなあ。「らき☆すた」第23話「微妙なライン」も、すこぶる快調。とくにアウトロー3人が、活躍する。今回は、大人向け(?)の、少し危ないネタが目立った。「胸」ネタも、多かったし。注目の「ラッキーチャンネル」は、唐突に「姉さん」が登場して、アキラと白石が手打ち。エンディングは、スター・ウォーズのパロディか。怖いものなし。25話は「未定」。「未定」って...。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.09

■長沼里奈監督の「まぶしい嘘」を札幌芸術の森で体験

 長沼里奈監督の映画「まぶしい嘘」を札幌芸術の森で体験してきました。上映会場の絵画アトリエは、札幌芸術の森の一番奥にありました。野外ステージ前の細い道を登ると、木々の間にひっそりと建っていました。突然、映画の一シーンのように、画家が登場、キャンバスに向かって絵を描くパフォーマンスから、映画の上映に移りました。やるなあ。洗練された映像と少しぎこちない展開のドラマ。新しい長沼ワールドを、監督の臨んだ、素敵な環境の中で体験しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ベネチア映画祭グランプリは、アン・リー監督「ラスト、コーション」

 第64回ベネチア国際映画祭のコンペティション部門の結果が8日夜(日本時間9日未明)発表され、最高賞の金獅子賞にアン・リー監督の「ラスト、コーション」が選ばれた。日本軍占領下の上海と香港を舞台に、2人の男性と女スパイの心理を描いたドラマ。アン・リー監督の金獅子賞受賞は、2005年の「ブロークバック・マウンテン」に次いで2度目。
 三池崇史監督の「スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ」は、賞を逃した。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「天元突破グレンラガン」第24話「忘れるものか この一分一秒を」

 いよいよクライマックス。最後の闘い。戦闘で、つぎつぎに仲間が死んで行く過酷な展開。銀河ダイグレンの人型変形のために、全力で螺旋力を注入しながら、仲間たちの死に耐えるシモン。これが、今回の題名の意味だ。しかし、準備が整ったそのとき、大きな罠が待ち構えている。宇宙戦艦ヤマトで来たか!。次回が待ち遠しい。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■さよなら絶望先生 10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」

 あと2回だけのはずなのに、オープニングタイトル変わった!。今回は、まず「文化」にメスを入れ、最低限度の内容の「文化祭」を検討。後半は、修学旅行に生徒全員で「下見」に行きながら、ついに三途の川まで下見してしまう。最後には、お便りコーナーまて新設。全体に「らきすた」を意識したパロティが、目立つ。それにしても、ギャグの詰まった回だった。満足、満足。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.09.08

■日本ハム・ヒルマン監督、今季限りで退団

 プロ野球日本ハムのトレイ・ヒルマン監督(44)は8日、西武戦の試合後に札幌ドーム内で記者会見し、就任5年目の今季限りで退団することを表明した。「多感な時期の(2人の)子供に、安定した環境を与えたい。家族のために決断しなければならないと考えた」と退団の理由を語った。
 ヒルマン監督は8月上旬、退団の意思を球団に伝えた。球団側も慰留を断念し、9月に入って退団が正式に決定。リーグの首位を争っているチームの監督がシーズン中に退団を表明するのは極めて異例だが、同監督は「気持ちが固まった以上、早く話したかった」と説明し、「(今季は)最後まで職責を全うする」と話した。選手には、この日の試合後に伝えた。
 日本ハムの藤井純一球団社長は「来季も指揮を執っていただくつもりだったが、監督の意向を尊重したい」と語った。次期監督は未定だが、白井一幸ヘッドコーチらが有力候補に挙がりそうだ。
 ヒルマン監督は米テキサス州出身。大リーグ、ヤンキース傘下のマイナーリーグで監督を務めた後、2003年から日本ハムの監督として指揮を執り、4年目の昨季、チームを25年ぶりのパ・リーグ優勝、44年ぶりの日本一に導いた。今季もここまでリーグ首位と好成績を収めている。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.07

■自分のブログの価格が判るブログパーツ

 ちなみに「銀河ブログ」は、現在9万3636円です。
 サイトストックは9月6日、ブログの価格を算出するブログパーツの配布を開始した。利用は無料。
 サイトストックは、Webサイトの売買を仲介するサービスを行なっており、今回のブログパーツはその技術を応用したもの。ブログのRSSフィードを入力することで価格を算出し、ブログパーツとして貼り付けることが可能だ。デザインは8種類用意されている。
 算出方法は、サイトストックが取り扱った過去の成約案件の実績を基準に、独自で設定する。査定金額も更新頻度などによって変化するため、現在の自分のブログの価格を随時確かめることができる。同社は、「ブログパーツを利用してもらうことで、Webサイト売買サービスの認知を広げ、利用促進を目指す」としている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■スパイク・リー監督、インターネット映画祭を開催

 スパイク・リー監督が、インターネットで映画祭を開催することを発表した。ガーディアン・オンラインによると、リー監督はヴェネチア国際映画祭でこのニュースを発表し、インターネットは間違いなく若い映画作家に多くの機会を与えている、とコメント。「ネット世代を考えると、僕なんて先史時代の人間だ。(誰でも作品をネットで発表できる今、)才能のある奴が作品を作って、それを誰も見ていないとしたら、それは本人の責任さ」と語った。このネット映画祭は、ビデオ映像を無料でオンライン放映している会社、バベルガムが主催するもので、リー監督が最終選考をする。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■「ひぐらしのなく頃に解」第10話「皆殺し編 其の伍 対決」

 今回は、さらに激しい。村全体を巻き込んでいく。こういう展開を、甘いと見る人もいると思うが、こういう熱い展開はけっして絵空事ではない。歴史を動かしてきた力だと思う。ある意味で「ひぐらしのなく頃に」の対極にある力。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.06

■3大テノールのパバロッティ、死去

 AP通信によると、3大テノールとして知られるイタリアのオペラ歌手、ルチアーノ・パバロッティさんが6日、死去した。71歳だった。パバロッティさんのマネージャーの話として伝えた。
 パバロッティさんは2006年7月に、がんの手術をニューヨークの病院で受け、昨年すい臓がんと診断され、8月に手術を受けていた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■米アカデミー賞受賞のナンシー梅木さん、死去

 日本人俳優として唯一、米アカデミー賞を受賞したナンシー梅木さんが米ミズーリ州リッキングの老人ホームで8月28日に死去したことが分かった。死因はがんで、78歳だった。ワシントン・ポスト紙が5日報じた。
 梅木さんはハリウッド映画「サヨナラ」(1957年)で、朝鮮戦争時に日本に駐留した米兵と恋に落ち、心中する日本人女性を演じて、58年3月に第30回アカデミー賞助演女優賞を獲得した。相手の米兵を演じたレッド・バトンズさんも助演男優賞を受賞している。
 本名は梅木美代志。1929年、北海道小樽市生まれ。ジャズ歌手となり、55年に渡米。56年にCBSテレビの「アーサー・ゴドフリー・ショー」で英語で歌をうたい、注目されたことが、翌年のハリウッドデビューにつながった。「サヨナラ」以外の主な出演作品はコメディー映画「嬉し泣き」(61年)や「戦略泥棒作戦」(62年)など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ドキュメンタリー映画監督・佐藤真、転落死

 ドキュメンタリー映画監督の佐藤真(さとう・まこと)さんが今月4日、東京都板橋区内の団地で転落死していたことがわかった。49歳だった。
 映画会社シグロによると、佐藤さんは昨年、うつ病と診断され、先月31日に抗うつ薬の多量摂取で入院。今月4日午後、都内の別の病院に転送された際、突然近くの団地に駆け上がり、4階と5階の間の踊り場から飛び降りたという。
 佐藤さんは、新潟水俣病で知られる阿賀野川流域の住民の生活に2年間密着した「阿賀に生きる」(1992年)で芸術選奨文部大臣新人賞などを受賞。「エドワード・サイード OUT OF PLACE」(2005年)が遺作となった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「さよなら絶望放送」第2回

 アニメ「さよなら絶望先生」のアニラジ「さよなら絶望放送」。アニラジは、本当にたくさんあるが、「さよなら絶望放送」にはひと味違った工夫があって楽しい。アニメが、表現の可能性を広げているように、アニラジも頑張ってほしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第6世代「iPod 」はclassicとして160GBモデル登場

 第6世代のiPodにあたるclassicは、新たにフルメタルデザインを採用して本体を薄くしたHDDが80GBのモデル、それよりやや厚みのある160GBモデルの2種類をラインアップ。ディスプレイは2.5インチで320×240画素。80GBモデルのバッテリーは、音楽が30時間、動画で5時間の連続再生が可能。一方160GBモデルは、音楽で40時間、動画で7時間の連続再生ができる。価格は80GBモデルが2万9800円、160GBモデルが4万2800円。色はブラックとシルバー。1-3営業日で出荷を開始する。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■第3世代「iPod nano」大変身し動画対応に

 第3世代のnanoは、ビデオ再生に対応すると同時に形状が大きく変化した。幅が広くなり長さが短くなった。ディスプレイサイズは2インチで、解像度は320×240ドット。画面がより明るくなった。動画で5時間、音楽で24時間の連続再生が可能。容量と価格はフラッシュメモリが4GBのモデルが1万7800円、8GBモデルが2万3800円。色は、4GBモデルがシルバーのみ、8GBモデルがシルバー、ブラックのほか、売上の一部を「世界エイズ・結核・マラリア対策基金(世界基金)」に寄付する赤色の「PRODUCT RED」を含め、全5色。1-3営業日で出荷を開始する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■悲願の全面スクリーン「iPod touch」登場!!

 アップル(スティーブ・ジョブズCEO)は9月5日(日本時間9月6日)、サンフランシスコのモスコーンセンターで「スペシャルイベント」を開催した。「iPhone」の携帯オーディオ版「iPod touch」(touch)を発売すると発表。そのほか、小型化してビデオ機能を搭載した第3世代の「iPod nano」(nano)や、フルメタルデザインを採用した第6世代のiPod、「iPod classic」(classic)、カラーバリエーションを拡大した第2世代の「iPod shuffle」(shuffle)も同じく発表した。
 touchは、「iPhone」から電話機能を省いて薄くしたフラッシュメモリタイプの携帯オーディオ。これまでのiPodとは異なり、全面スクリーンを指でなぞる直感的な操作ができるのが特徴。OSは軽量版Mac OS Xを搭載する。ディスプレイサイズは3.5インチワイドで動画も再生できる。解像度は320×480ドット。無線LAN機能も備え、802.11b/gに対応する。内蔵バッテリーで、音楽22時間、動画5時間の連続再生が可能。容量と価格は8GBモデルが3万6800円、16GBモデルが4万8800円。色はブラックのみ。アップルストアではいずれも9月28日から出荷を開始する。予約受付中。Ipodtouch07

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.05

■アニメ「ぼくらの」第21話「真相」

 アニメ「ぼくらの」は、「アンインストール」という素晴らしい主題歌を持つ恵まれた作品だと思う。しかしながら、ストーリー展開は、陰鬱になるばかりだ。20話、21話と、ばたばたと真相が明らかになるが、爽快感はない。ますます、憂鬱になるだけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レネー・ゼルウィガーとハリー・コニックJr.、コメディ映画で共演か?

 レネー・ゼルウィガーと『閉ざされた森』のハリー・コニックJr.が、新作映画『チルド・イン・マイアミ』(原題)で共演するかもしれない。作品は、マイアミのビジネスウーマンがミネソタの田舎に転勤となるコメディで、監督はデンマーク出身のジョナス・エルマーがメガホンを取る。撮影は来年1月からマイアミとカナダのウィニペグで行われる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.09.04

■松田聖子 7年ぶり映画出演「火垂るの墓」

 歌手・松田聖子が作家・野坂昭如氏の代表作で、アニメ映画の名作として知られる「火垂るの墓」の実写版映画に出演する。聖子は戦争孤児となった主人公の兄妹の母親を演じている。来年夏公開の予定。
 聖子が映画出演するのは2001年公開の「千年の恋 ひかる源氏物語」以来、7年ぶりとなる。「千年」では妖精(ようせい)役で歌も披露したが、今作では一転、戦火に巻かれる母親役となる。
 「火垂るの墓」は、3日、兵庫県淡路島でクランクイン。当初は「父と暮せば」(04年)などで知られる黒木和雄監督がメガホンを取る予定だったが、黒木監督が06年に亡くなったため、弟子に当たる日向寺太郎監督(41)が受け継ぐことになった。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■イチロー、7年連続200安打達成!!

 米大リーグ、シアトル・マリナーズのイチロー外野手は3日、ヤンキースタジアムで行われたニューヨーク・ヤンキース戦で7年連続の年間200安打を達成した。大リーグ史上3人目、歴代2位で、1983年から7年連続のウェード・ボックスに並んだ。歴代1位は、ウィリー・キーラーが1894年から1901年にかけてマークした8年連続。
 デビュー年から7年連続は初めての快挙で、大リーグ1年目から昨シーズンまでの安打数は242、208、212、262、206、224。
 今季200安打まであと2本と迫っていたイチローはこの日、1番中堅で先発出場。1回にロジャー・クレメンス投手から右前打、3回に右翼へ本塁打を放って大台に乗せた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007.09.03

■「らきすた」第22話「ここにある彼方」

 「らき☆すた」第22話「ここにある彼方」。今回の後半は、母を早くに亡くした父親と娘の家族ドラマになっている。ほろっとさせる。最後は、らきすたらしいギャグに逃げたけれど。こういうのも、たまに良いな。注目の「らっきー☆ちゃんねる」は、完全に肩すかし。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

■乙女のカリスマ・嶽本野ばら容疑者、大麻所持で現行犯逮捕

 映画「下妻物語」(2004年)の原作者として知られる作家の嶽本(たけもと)野ばら(本名・嶽本稔明)容疑者(39)が、大麻取締法違反(所持)の現行犯で、警視庁新宿署に逮捕されていたことがわかった。
 同署によると、嶽本容疑者は今月2日午後5時10分ごろ、新宿区歌舞伎町2の路上で、同署員の職務質問を受けた際、ズボンの右ポケットに乾燥大麻0・22グラムを隠していたのが見つかった。「海外で大麻を覚えた。自分で吸うために持っていた」と供述しており、同署で入手先を追及している。
 嶽本容疑者は大阪芸大を中退後、雑貨店の店長などを経て、2000年に「ミシン」で小説家としてデビュー。「下妻物語」をはじめ、少女文化を描いた作品を次々に発表し、「乙女のカリスマ」として10代の少女を中心に人気を集めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「MacPOWER」一時休刊

 アスキーは「MACPOWER」を2007年9月18日発売号(10月号)で一時休刊すると発表した。
 同誌は1990年創刊の老舗Mac誌として長らくMacユーザの拠り所であったが、2005年4月に「クリエイティブ・ライフスタイル誌」としてリニューアルを敢行し純粋な「Mac誌」としての体裁を捨てた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■オリヴァー・ストーン、「ソンミの虐殺」映画を監督

 『プラトーン』でベトナム戦争の悲惨さを描いたオリヴァー・ストーン監督が、ベトナム戦争中に起きた「ソンミの虐殺」を題材にした映画でメガホンを取ることが決まった。作品は『ピンクヴィル』(原題)で、ブルース・ウィリスと『ステップ・アップ』のチャニング・テイタムが主演する。「ソンミの虐殺」は、1968年にアメリカ軍兵士がベトナムのクアンガイ省ソンミ村の民間人を虐殺した事件のことで、ウィリスは事件の捜査を指揮する陸軍将軍役を演じ、テイタムは事件を目撃して虐殺を止めようとするヘリコプターパイロット役を演じる。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2007.09.02

■セカンドライフ演歌「低スペックな女」巡業

 ついに、セカンドライフに演歌登場。「低スペックな女」(作詞作曲HATAKE KIDD、歌手Uri Kuri)。プロモーションビデオだけでなく、実際にセカンドライフの各地を巡業している。「落ちる、固まる、そうよ、わたしは、低スペックな女」。セカンドライフ経験者なら、必ず笑う歌詞だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「天元突破グレンラガン」第23話「行くぞ 最後の戦いだ」鉄拳炸裂!

 今回は、本気で泣いた。生まれ故郷・アダイ村で死を決意するロシウ。そのロシウの弱さを吹き飛ばすシモンの鉄拳。カミナから引き継がれた、あの拳だ。そして地球をロシウに任せ、グレン団はアンチスパイラルの本拠地へと向かう。次回は第24話「忘れるものか この一分一秒を」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■さよなら絶望先生 第09話 「富士に月見草は間違っている」

 アニメ「さよなら絶望先生」も9話目。今回は、間違い探しから始まる。相変わらず、自作への突っ込みや時事ネタの取り込みで、鋭さをみせる。ただ、ラストは、ややすべった。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2007.09.01

■ハリポタを押しのけて、ヱヴァンゲリヲン再起動

 2007年9月1日、すべてが謎に包まれていた超話題作『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』が全国で初日を迎えた。新宿・歌舞伎町にある新宿ミラノ1にも、徹夜組を含めて、数多くのファンが集結。朝8時の初回上映を観るために、6時半の時点で約300人が行列を作った。
 当初『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序』はシネマスクエアとうきゅうでの上映が予定されていたが、混雑が予想されるため、急きょ『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』を上映している、キャパシティの大きい新宿ミラノ1に劇場を変更。この夏最大のヒット作を押しのける形で、生まれ変わった「エヴァンゲリオン」が再起動を果たした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »