« ■さよなら絶望先生 10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」 | トップページ | ■ベネチア映画祭グランプリは、アン・リー監督「ラスト、コーション」 »

2007.09.09

■「天元突破グレンラガン」第24話「忘れるものか この一分一秒を」

 いよいよクライマックス。最後の闘い。戦闘で、つぎつぎに仲間が死んで行く過酷な展開。銀河ダイグレンの人型変形のために、全力で螺旋力を注入しながら、仲間たちの死に耐えるシモン。これが、今回の題名の意味だ。しかし、準備が整ったそのとき、大きな罠が待ち構えている。宇宙戦艦ヤマトで来たか!。次回が待ち遠しい。

|

« ■さよなら絶望先生 10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」 | トップページ | ■ベネチア映画祭グランプリは、アン・リー監督「ラスト、コーション」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/16393705

この記事へのトラックバック一覧です: ■「天元突破グレンラガン」第24話「忘れるものか この一分一秒を」:

» (アニメ感想) 天元突破グレンラガン 第24話 「忘れるものか この一分一秒を」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
天元突破グレンラガン 3 人類の未来と愛するニアを救うため、次元の狭間にあるというアンチスパイラルの母星を目指すシモンと大グレン団。その行く手を阻むようにあらわれるアンチスパイラルの艦隊。その数、無量大数!シモンの螺旋力に全てを託し、大グレン団が絶望的な....... [続きを読む]

受信: 2007.09.09 22:21

« ■さよなら絶望先生 10話 「生八ツ橋を焼かねばならぬ」 | トップページ | ■ベネチア映画祭グランプリは、アン・リー監督「ラスト、コーション」 »