« ■世界最高齢114歳・皆川ヨ子さん、死去 | トップページ | ■15日に、1日で100種のCM »

2007.08.14

■折っても切っても使える紙の電池開発

 曲げたり折ったり、様々な形に切ったりしても使える紙の電池を、米レンセラー工科大(ニューヨーク州)が開発した。
 セ氏150度から氷点下78度まで使えるなど高機能なうえ、成分の90%が通常の紙と同じセルロースなので環境への悪影響が少ないという。研究成果は米科学アカデミー紀要電子版に近く掲載される。
 この電池は、多数のカーボンナノチューブ(筒状の炭素素材)が紙の中で同じ方向に整列している複合材。リチウムの電極を載せるとリチウムイオン電池に、別の特殊な素材を組み合わせると高性能のコンデンサーにもなるという。
 カーボンナノチューブは高価なため、用途は限られそうだが、研究チームは「有害物質を含まないので体内に埋め込む医療機器にも使えるし、自由な形にできるので可能性は広い」と期待している。

|

« ■世界最高齢114歳・皆川ヨ子さん、死去 | トップページ | ■15日に、1日で100種のCM »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/16110824

この記事へのトラックバック一覧です: ■折っても切っても使える紙の電池開発:

« ■世界最高齢114歳・皆川ヨ子さん、死去 | トップページ | ■15日に、1日で100種のCM »