« ■シャーリーズ・セロン、『バベル』の脚本家の監督作品へ出演 | トップページ | ■臨床心理学者・河合隼雄氏が死去 »

2007.07.19

与党、政府広報で究極の選挙違反

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は19日、同日の朝刊各紙に折り込まれた政府広報に年金記録漏れ問題と定率減税全廃に関する与党の主張がそのまま記載されているとして、安倍内閣を公職選挙法違反で告発する準備に入ったとの談話を発表した。 談話はまた「参院選の最大争点となっている事項について、選挙期間中にこのようなことが許されるならば公選法は有名無実になる。これは究極の選挙違反であり、『政府』の名を借りた選挙運動への税金の流用だ」と批判した。 政府広報は「あしたのニッポン」とのタイトルで4ページ。今回は全国で3000万部配布しており、政府の年金記録漏れ問題への対応や定率減税の廃止について詳細に説明している。

|

« ■シャーリーズ・セロン、『バベル』の脚本家の監督作品へ出演 | トップページ | ■臨床心理学者・河合隼雄氏が死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/15809690

この記事へのトラックバック一覧です: 与党、政府広報で究極の選挙違反:

« ■シャーリーズ・セロン、『バベル』の脚本家の監督作品へ出演 | トップページ | ■臨床心理学者・河合隼雄氏が死去 »