« ■作曲家の江村哲二氏、死去 | トップページ | ■マイケル・ムーア『シッコ』、アメリカ政府と全面対決! »

2007.06.12

■注射器いらず、常温保存可能「飲むワクチン」

 東京大医科学研究所などの研究チームは12日までに、遺伝子組み換えイネを原材料にした「飲むワクチン」を開発し、マウスの実験で効果を確認した。常温保存が可能で注射器もいらないワクチンが実用化されれば、開発途上国での感染症予防に役立つと期待される。論文は近く、米科学アカデミー紀要に掲載される。
 同研究所炎症免疫学分野の清野宏教授らの研究チームは、コレラ菌毒素たんぱくの一部で、CTBと呼ばれる無毒な部分を作る遺伝子をイネに組み込み、コメの胚乳(はいにゅう)の中にCTBが作られるようにした。このコメを粉末化してマウスに経口投与すると、腸管の粘膜からCTBが取り込まれ、コレラ菌に対する免疫ができた。
 口からの摂取の場合、腸管に運ばれる前に胃液などで消化される恐れがあるが、研究チームはコメの中にあるたんぱく質のカプセルの内側にCTBが集積するようにし、効果的に腸管に届けることに成功した。
 低温での保存・輸送が必要な一般的なワクチンと異なり、常温で1年半は保存できるため、感染症の流行に備えた貯蔵や、温度管理ができない地域での配布も可能。注射器を使わないため、医師派遣の必要や、針の使い回しによる二次感染の恐れもなくなる。
 このワクチンは組み込む遺伝子を変えれば、インフルエンザやSARSなど粘膜から侵入する多くの病原体に対応できるといい、研究チームの幸義和助教は「安全性の確認や、一定の品質を維持できる栽培方法などの構築が今後必要だ」としている。

|

« ■作曲家の江村哲二氏、死去 | トップページ | ■マイケル・ムーア『シッコ』、アメリカ政府と全面対決! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/15406764

この記事へのトラックバック一覧です: ■注射器いらず、常温保存可能「飲むワクチン」:

« ■作曲家の江村哲二氏、死去 | トップページ | ■マイケル・ムーア『シッコ』、アメリカ政府と全面対決! »