« ■「GANTZ 21」大阪編スタート | トップページ | ■マイク・マイヤーズ、ダニー・ケイの『虹を掴む男』リメイクで主演 »

2007.05.28

■瀬直美監督「殯(もがり)の森」、カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞

 素晴らしい!!。第60回カンヌ国際映画祭は27日夜(日本時間28日未明)、コンペティション部門の授賞式が行われ、日本映画「殯(もがり)の森」の河瀬直美監督(37歳)が、最高賞パルムドールに次ぐグランプリに選ばれた。
 河瀬監督は1997年に長編デビュー作「萌の朱雀」で同映画祭の新人監督賞にあたる「カメラドール」を最年少受賞しており、10年目の“凱旋”カンヌで2度目の栄誉に輝いた。日本人のグランプリ受賞は1990年の小栗康平監督以来、17年ぶり。
 「殯の森」は、河瀬監督の長編4作目。2005年に同映画祭コンペ部門に出品した「沙羅双樹」から4年目ぶりの劇場新作。奈良県北部の田原地区を舞台に、妻の死を受け止められない認知症の男性と、子供を亡くした女性介護士が、男性の妻が眠る森をさまよう中で死を受け入れ、生きる希望を見いだすまでを描いた。認知症を患う義母の介護や、自身の長男の出産などの体験で感じた思いを込めた。

|

« ■「GANTZ 21」大阪編スタート | トップページ | ■マイク・マイヤーズ、ダニー・ケイの『虹を掴む男』リメイクで主演 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/15229080

この記事へのトラックバック一覧です: ■瀬直美監督「殯(もがり)の森」、カンヌ国際映画祭でグランプリ受賞:

» 奈良市民に支えられ受賞…河瀬監督「戻って喜び伝えたい」 [映画館]
 【カンヌ(南仏)=津久井美奈】第60回カンヌ国際映画祭で27日、最高賞パルムドールに次ぐグランプリを獲得した河瀬直美監督「殯(もがり)の森」は、監督の出身地である奈良市を舞台にした作品だ。 主人公の老人を演じた、うだしげきさんは、同市内の古書喫茶の店主。neodesu1さ...... [続きを読む]

受信: 2007.05.29 02:39

» 公開前の「殯(もがり)の森」をテレビで観た〜これはカンヌ向けの映画だ [万歳!映画パラダイス〜京都ほろ酔い日記]
 カンヌ国際映画祭でグランプリ(第2席、審査員特別賞とかつては訳していた)をとったことで大きな話題になったばかりの「「殯(もがり)の森」」をなんと劇場公開前にNHKbsハイビジョン(hi)でやるというので(ありえないよな)、何はおいても早々に帰宅して、顔....... [続きを読む]

受信: 2007.05.30 00:39

« ■「GANTZ 21」大阪編スタート | トップページ | ■マイク・マイヤーズ、ダニー・ケイの『虹を掴む男』リメイクで主演 »