« ■芥川賞選考委員に小川、川上両氏 | トップページ | ■Second Lifeの登録者600万人突破 »

2007.05.01

■マゴットセラピーで足切断回避

 糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが、分かった。
 日本では壊死による足切断は3000例を超えるとされる。三井講師は秋にも医師主導臨床試験に取り組む予定。英国では保険医療が認められ、年間数百人が治療を受けている。
 マゴットセラピーは、壊死した皮膚にハエの幼虫をガーゼとともに固定して行う。幼虫が腐敗した部分を食べ傷をきれいにするとともに、幼虫の唾液(だえき)に含まれる物質が微生物を殺す役目を果たし、傷の回復を早める。週に2回ほどガーゼを取り換え、2―3週間で効果があらわれる。
 三井講師はオーストラリア留学中にこの治療法を知り、糖尿病などの合併症で足切断しか治療法のない60代の女性に日本で初めて実施。潰瘍が1週間で半分の大きさになり、患者の痛みも軽減したという。傷が完治したこの女性は3カ月で退院。切断をまぬがれた足で歩行に努めたためか、その後の糖尿病のコントロールも良好だという。

|

« ■芥川賞選考委員に小川、川上両氏 | トップページ | ■Second Lifeの登録者600万人突破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/14912346

この記事へのトラックバック一覧です: ■マゴットセラピーで足切断回避:

» マゴットセラピーで効果 糖尿病など患者9割が足切断回避 [とんみんくん]
 糖尿病などで足が壊死(えし)する「難治性潰瘍(かいよう)」で切断しか治療法のない患者に、岡山大の三井秀也講師(心臓血管外科)が「マゴット(ハエ幼虫)セラピー」という治療法を行ったところ、9割の患者が足を切断せずにすむなど高い効果が認められていることが30日、分かった。 ... [続きを読む]

受信: 2007.05.01 23:39

» 脳卒中とは、脳出血や脳梗塞を含む病気の総称です。 [脳卒中最新情報]
脳卒中とは、脳出血や脳梗塞を含む病気の総称です。 脳梗塞ってよく聞きますよね。ミスタージャイアンツの長島さんも脳梗塞で倒れられました。 この脳卒中、意外と身近な病気なんですよ。 脳卒中の原因ともなる、糖尿病や心筋梗塞、高血圧にも注意してくださいね。 [続きを読む]

受信: 2007.05.02 15:17

» 生活習慣病 [生活習慣病の予防と対策]
生活習慣病について [続きを読む]

受信: 2007.05.10 21:40

» 今日は検査でした。 [取寄 糖尿病食でダイエット?]
今日の検査はヘモグロビンA1sが7.2でした。連休中の暴飲・暴食(^^;が原因のようです。新しく砂糖が進める糖尿病食を注文しました。安い上に調理がチンするだけの簡単なものでその上美味しいので安心してます。後は回復力を待つだけかー... [続きを読む]

受信: 2007.05.23 22:00

» 糖尿病といって思いつくものはなんですか? [美容と健康の情報局]
あなたは糖尿病といって何を思い浮かべますか? やはり糖尿病用の食事が思い浮かぶの... [続きを読む]

受信: 2007.05.23 23:41

« ■芥川賞選考委員に小川、川上両氏 | トップページ | ■Second Lifeの登録者600万人突破 »