« ■CINRA magazine(シンラマガジン)vol.13は、読み応えがある | トップページ | ■「スパイダーマン3」詰め込み過ぎ »

2007.05.04

■アニメの「声」を制作するソフト開発

 セルシスと、富士通発のベンチャー企業アニモは5月1日、音声合成技術を活用し、アニメのせりふやナレーションを制作するソフトの開発で提携したと発表した。7月までに第1弾となる製品をリリースする計画だ。
 アニモの音声合成技術「Fine Speech」をベースに、PC上でアニメのせりふやナレーション素材を制作できるソフトを開発する。アニモは同技術をベースに新しい音声合成エンジンを開発し、アニメ制作ソフト「RETAS!」などのノウハウをもとにセルシスが製品化する。
 アニメやゲームにナレーションをつけるには、ナレーターやスタジオを手配して収録、編集するなどの手間がかかっていた。映像や音楽の制作をPC化することで効率を向上させてきたように、PC上でのせりふやナレーションを制作する環境を提供し、クリエイターを支援していくとしている。

|

« ■CINRA magazine(シンラマガジン)vol.13は、読み応えがある | トップページ | ■「スパイダーマン3」詰め込み過ぎ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/14951262

この記事へのトラックバック一覧です: ■アニメの「声」を制作するソフト開発:

« ■CINRA magazine(シンラマガジン)vol.13は、読み応えがある | トップページ | ■「スパイダーマン3」詰め込み過ぎ »