« ■デヴィッド・リンチの娘、監督業に復帰 | トップページ | ■米アップルの1―3月期は88%増益 »

2007.04.26

■20光年先に人間も住める惑星

 地球型生物が住める可能性がある太陽系外の惑星を、ヨーロッパ南天天文台(チリ)の研究チームが世界で初めて発見した。
 AFP通信などによると、この惑星は、地球からてんびん座方向に約20光年離れた「グリーゼ581」という恒星を、13日の公転周期で回っている。半径は地球の約1・5倍、重さは約5倍。地球と同様、岩石でできている可能性が高いという。
 研究チームは、惑星が恒星の前を横切る際に起きる、わずかな光のちらつきを観測して、存在を突き止めた。恒星と惑星の距離は、地球と太陽間の14分の1程度だが、恒星の大きさが太陽よりも小さく、光も微弱な「赤色わい星」のため、惑星の表面温度は、液体の水が存在できるセ氏0~40度にとどまるという。ただ、大気の有無や組成などは不明だ。

|

« ■デヴィッド・リンチの娘、監督業に復帰 | トップページ | ■米アップルの1―3月期は88%増益 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/14851424

この記事へのトラックバック一覧です: ■20光年先に人間も住める惑星:

» 新しく始めたブログ見てくれた? [優希]
せっかく書いてるので、吉岡さんにも是非見てもらいたくて・・・ [続きを読む]

受信: 2007.04.26 14:53

« ■デヴィッド・リンチの娘、監督業に復帰 | トップページ | ■米アップルの1―3月期は88%増益 »