« ■Second Life・アバターも、えくぼ | トップページ | ■「ポーキーズ」のクラーク監督、死去 »

2007.04.05

■ジャンヌ・ダルクの骨、実はエジプトのミイラ

 英国との百年戦争でフランスの救世主となったジャンヌ・ダルクの骨とされていたものが実はエジプトのミイラの一部だったとフランスの研究者が4日、発表した。 ジャンヌ・ダルクは百年戦争でオルレアン解放を成し遂げた後、1431年に英軍に捕らえられ、19歳で異端者として火刑に処せられた。1867年にパリの薬局の屋根裏からジャンヌ・ダルクの遺骨と書かれたつぼが見つかり、中にあばら骨の一部と焦げた木片、亜麻布の断片などが入っていた。これらは同国中西部シノンの博物館に収められた。 法医学の専門家であるフィリップ・シャルリエ氏はこの遺骨などを綿密に調査。その結果、紀元前6-3世紀のエジプトのミイラであることが分かったという。同氏によれば、骨と亜麻には松脂や松の花粉などが付着していたが、ジャンヌ・ダルクが処刑されたノルマンディー地方には当時松は生育していなかった。松脂はエジプトでミイラを作る際の防腐処理に広く使用されていたという。 また、今回の調査ではフランスの調香の専門家も協力。遺骨などからバニラのようなにおいがすることが分かった。シャルリエ氏はこれは腐敗により生じるにおいであり、ジャンヌ・ダルクが火刑にされたとの史実に反すると指摘した。

|

« ■Second Life・アバターも、えくぼ | トップページ | ■「ポーキーズ」のクラーク監督、死去 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/14564911

この記事へのトラックバック一覧です: ■ジャンヌ・ダルクの骨、実はエジプトのミイラ:

» これは絶対見られたくない日記 [1人ぼっちじゃ寂しいよぉ…]
[続きを読む]

受信: 2007.04.05 19:05

« ■Second Life・アバターも、えくぼ | トップページ | ■「ポーキーズ」のクラーク監督、死去 »