« ■後藤久美子、第3子誕生 | トップページ | ■がん細胞自滅させる酵素を発見 »

2007.03.08

■空を飛ぶまで鳥類の身体効率化1億年以上

 鳥類が空を飛ぶのに必要な効率良い身体構造は、2億3000万~2億5000万年前の祖先の獣脚類恐竜の段階で、全遺伝情報(ゲノム)の縮小という形で準備が始まっていたことが分かった。米ハーバード大と英レディング大の研究チームが、絶滅した恐竜と鳥類、現在の動物のゲノムを分析した成果を、8日付の英科学誌ネイチャーに発表した。 ゲノムが小さければ、細胞も小さい。特に血液に酸素を取り込む赤血球は、体積が小さいほど相対的に表面積が大きくなり、運動中の呼吸が容易となる。グライダーのように滑空するだけでなく、羽ばたいて飛ぶ現代型鳥類は約1億1000万年前に出現しており、空を飛ぶには長い「助走期間」が必要だった。 

|

« ■後藤久美子、第3子誕生 | トップページ | ■がん細胞自滅させる酵素を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/14189083

この記事へのトラックバック一覧です: ■空を飛ぶまで鳥類の身体効率化1億年以上:

» 中学校教師の本音 [先生だって]
先生だって一人の女。たまには乱れたいですw [続きを読む]

受信: 2007.03.09 13:32

« ■後藤久美子、第3子誕生 | トップページ | ■がん細胞自滅させる酵素を発見 »