« ■男性の戸籍を20年間「長女」と記載 | トップページ | ■Wikipedia創設者のWikia、新サイトを立ち上げ »

2007.02.15

■世界初、光学18倍コンパクトデジカメ

 オリンパスイメージングは2月14日、“CAMEDIA”新製品として光学18倍の高倍率ズームを搭載した「CAMEDIA SP-550UZ」を発表した。3月初旬から発売する。価格はオープンで、市場想定価格は5万5000円前後。「光学18倍ズーム搭載は、コンパクトデジカメとして世界初」。
 新開発の光学18倍ズームレンズは、35ミリ判相当で28~504ミリ(F2.8-F4.5)という広角からの高倍率ズームを実現。「標準、マクロ、望遠ズーム、超望遠ズームと、デジタル一眼レフカメラの交換レンズ4本分に相当する焦点距離を可能にした」(同社)。また、画像切り出しを組み合わせた「ファインズーム」を使用すれば光学27倍(756ミリ相当)、デジタルズームを併用すれば最大100倍(2800ミリ相当)の撮影が行える。

|

« ■男性の戸籍を20年間「長女」と記載 | トップページ | ■Wikipedia創設者のWikia、新サイトを立ち上げ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/13919006

この記事へのトラックバック一覧です: ■世界初、光学18倍コンパクトデジカメ:

» 本音がエロス [露出でストレス発散してます]
本音だけでは世の中渡っていけない。 [続きを読む]

受信: 2007.02.15 14:41

« ■男性の戸籍を20年間「長女」と記載 | トップページ | ■Wikipedia創設者のWikia、新サイトを立ち上げ »