« ■みのもんた、夕張現場レポートで涙 | トップページ | ■風見しんごさん長女事故死 »

2007.01.18

■終末時計、残り時間は「5分前」

 核戦争による地球滅亡までの時間を概念的に示す「終末時計」の分針が17日、4年ぶりに進められ、終末を示す午前0時までの残り時間は「7分前」から「5分前」になった。
 北朝鮮やイランの核問題やテロリズムの世界的発生、地球温暖化に伴う原子力発電の拡大と核物質の拡散傾向などを反映した。時計を管理する米核問題専門誌「ブレティン・オブ・ジ・アトミック・サイエンティスツ(BAS)」は人類が「ヒロシマ、ナガサキ以来の最大の脅威に直面した第2の核時代」に近づいていると指摘した。
 時計の分針の変更が発表された会見はワシントンとロンドンで行われた。ロンドンでは理論物理学者のスティーブン・ホーキング氏が出席し「科学者には人類が直面する核の脅威について警告する特別の責任がある」と語った。

|

« ■みのもんた、夕張現場レポートで涙 | トップページ | ■風見しんごさん長女事故死 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/13556178

この記事へのトラックバック一覧です: ■終末時計、残り時間は「5分前」:

« ■みのもんた、夕張現場レポートで涙 | トップページ | ■風見しんごさん長女事故死 »