« ■DJ OZMA、紅白担当者を名指し批判 | トップページ | ■サンドラ・ブロック、ベストセラー自叙伝を映画化 »

2007.01.16

■カエル・ツボカビ症、国内で初確認 両生類絶滅の危険性も

 世界各地でカエルなどの両生類を絶滅に追いやっているカエル・ツボカビ症が昨年12月に国内で初めて確認されていたことが分かった。アジアで公式に感染が確認されたのは初めて。感染力が強く、致死率も90%以上で、野外に広がると根絶は不可能で両生類の絶滅が危ぐされる。
 日本野生動物医学会や日本爬虫両棲(はちゅうりょうせい)類学会、世界自然保護基金(WWF)ジャパンなど16団体は12日に検疫強化や販売・流通の管理、情報提供などを訴える緊急事態宣言を公表した。
 ツボカビ症が確認されたのは、東京都内で昨年11~12月に個人がペットとして飼っていた中南米産のカエル。11種35匹中14匹が死んだため、麻布大学で調べたところ、昨年12月25日にツボカビ症と確認された。

|

« ■DJ OZMA、紅白担当者を名指し批判 | トップページ | ■サンドラ・ブロック、ベストセラー自叙伝を映画化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/13515760

この記事へのトラックバック一覧です: ■カエル・ツボカビ症、国内で初確認 両生類絶滅の危険性も:

« ■DJ OZMA、紅白担当者を名指し批判 | トップページ | ■サンドラ・ブロック、ベストセラー自叙伝を映画化 »