« ■胸部切り取りディスポーザー処分 | トップページ | ■高峯駆・公式ブログ »

2007.01.06

■「即席ラーメンの父」死去

 本当に惜しい人物が亡くなった-。安藤百福氏(あんどう・ももふく=日清食品創業者会長)1月5日午後6時40分、急性心筋こうそくのため大阪府池田市の病院で死去、96歳。1958年、即席ラーメン第1号の「チキンラーメン」を発売した「即席ラーメンの父」。
 「食足世平(しょくそくせへい)」。世界中で年間857億食が消費される即席めんを創造した安藤百福(ももふく)さんは、自身が作ったこの四字熟語を好んだ。直訳すれば、「食が足りて初めて世の中は泰平になる」だが、安藤さんが込めたのは、「食を通じて世の中の役に立つ」という決意だった。日清食品の企業理念でもあるこの言葉は敗戦後、焦土と化した大阪の街で、安藤さんが自身に立てた誓いであり、破産という人生の逆境で不死鳥のように蘇るエネルギーでもあった。
 安藤さんは敗戦で、集荷・問屋会社などの事業の大半が灰塵に帰したが、「戦後復興にはまず飢えから解放だ。食からすべての建設は始まる」と決意、食品事業を起こす。事業は順調だったが、懇願されて理事長に就いた信用組合が倒産し全財産を失なった。46歳だった。
 2年後の58年8月25日、世界初の即席めん「チキンラーメン」は1袋35円で売り出された。うどん玉1個6円の時代。流通関係者の評判は芳しくなかったが、「お湯をかけて2分間」とうたって有名百貨店で実施した試食キャンペーンが女性たちから支持された。「即席めんは主婦の解放に役立った」。
 安藤さんは、4日午前に同社の大阪本社で開かれた仕事始めで社員に向けて所感を述べ、その後は新年のあいさつに訪れた来客者の応対をした。その際、時折せきをする場面があり、風邪気味だったという。同日昼には、役員を交えた昼食会で、おもちを入れた同社製品のチキンラーメンを食べたという。5日昼過ぎ、体調の不良を訴え、午後3時ごろに大阪府池田市の自宅から同市立池田病院に搬送された。

|

« ■胸部切り取りディスポーザー処分 | トップページ | ■高峯駆・公式ブログ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/13354756

この記事へのトラックバック一覧です: ■「即席ラーメンの父」死去:

» ヒロセ 電機 スローガン [ヒロセ 電機]
ヒロセ 電機 について調べてみました。 [続きを読む]

受信: 2007.01.06 14:49

» Buy xanax without prescription in usa. [Xanax no prescription in the usa.]
Xanax no prescription. Generic xanax no prescription. Xanax overnight guarantee no prescription. Generic xanax 2 mg no prescription. Xanax online no prescription. Xanax without a prescription best online pharmacy. Xanax without prescription. [続きを読む]

受信: 2007.04.05 12:37

« ■胸部切り取りディスポーザー処分 | トップページ | ■高峯駆・公式ブログ »