« ■コン・リー、次々とハリウッド映画へ挑戦 | トップページ | ■オス決定遺伝子を発見 »

2006.12.20

■冬眠で生き延びた

 兵庫県の六甲山で約3週間遭難した西宮市職員打越三敬さん(35)が19日会見した。遭難2日後の10月9日に意識を失い、31日に発見されるまで20日以上食べ物だけでなく、水すら飲んでいなかったことが分かった。
 会見に同席した医師は「体温が約22度という極度の低体温症だった。動物の冬眠に近かったのではないか。驚異的な生命力だ」と説明。保護時はほとんどの臓器が機能停止状態だったが、現在は後遺症を残さずに回復した。

|

« ■コン・リー、次々とハリウッド映画へ挑戦 | トップページ | ■オス決定遺伝子を発見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/13134521

この記事へのトラックバック一覧です: ■冬眠で生き延びた:

« ■コン・リー、次々とハリウッド映画へ挑戦 | トップページ | ■オス決定遺伝子を発見 »