« Sapporoショートフェスト2006先行上映会をYoutubeにアップ | トップページ | ■人気ゲーム『龍が如く』映画化 »

2006.09.02

■127億光年先で超巨大ブラックホール発見

 地球からかに座の方向に約127億光年も離れた所にある超巨大ブラックホールに、周辺の物質が飲み込まれて周囲が光っている様子を、宇宙航空研究開発機構の後藤友嗣研究員がすばる望遠鏡(米ハワイ島)を使って観測した。国立天文台が8月30日発表した。これまでに観測された超巨大ブラックホールでは、世界で11番目に遠く、日本人研究者の発見では最も遠いという。
 この超巨大ブラックホールの質量は、太陽の約20億倍とみられる。宇宙が約137億年前と推定されるビッグバンで誕生してからわずか10億年で、これほど大きいブラックホールが存在したことは、ブラックホールの形成過程を解明する手掛かりになる。
 また、この超巨大ブラックホールの周囲から放たれる光のうち、特定の波長の残光が観測されたことから、周辺の宇宙空間では水素などの原子核と電子が電離していたことが分かった。 

|

« Sapporoショートフェスト2006先行上映会をYoutubeにアップ | トップページ | ■人気ゲーム『龍が如く』映画化 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/11725551

この記事へのトラックバック一覧です: ■127億光年先で超巨大ブラックホール発見:

« Sapporoショートフェスト2006先行上映会をYoutubeにアップ | トップページ | ■人気ゲーム『龍が如く』映画化 »