« ■行定勲監督の新作、大後寿々花がヒロイン!! | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 »

2006.07.24

■人類初の月面着陸で、ボールペンが飛行士救う

 「1本のボールペンが無ければ地球に戻ることはできなかった」-。1969年7月、人類初の月面着陸を達成した米宇宙船「アポロ11号」のアームストロング船長らが月から帰還する際、故障したブレーカーのスイッチ代わりにボールペンを代用したことが24日、明らかになった。英紙デーリー・ミラーが、「チャンネル5」で同日放送されるテレビ番組「アポロ11号 語られざる物語」の内容として報じた。
 同紙によると、月着陸船「イーグル」のブレーカーのスイッチが故障していることに気付いたオルドリン飛行士が機転を利かせ、スイッチの代わりに船内にあったボールペンを機械に挿入。無事月面から離陸した。ボールペンは発射時のチェックに使ったもので、先端に金属部分がなかったため、代用できたという。
 番組は、宇宙飛行士に事故が差し迫った場合、米政府は航空宇宙局(NASA)に交信打ち切りを命じていたことも紹介。飛行士らが宇宙空間に放り出される姿を世界中にさらさないためだったという。

|

« ■行定勲監督の新作、大後寿々花がヒロイン!! | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/11082775

この記事へのトラックバック一覧です: ■人類初の月面着陸で、ボールペンが飛行士救う:

« ■行定勲監督の新作、大後寿々花がヒロイン!! | トップページ | ■涼宮ハルヒの憂鬱 »