« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006.01.31

■生命ドキュメンタリー「グレート・ビギン」!!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 ビタミンCが水に溶ける時の結晶を撮影した魅惑的な映像から始まり、藻のコロニー、ミズクラゲの群舞、大きな卵を飲み込む蛇など、次々に生命の姿が写し出される。生物学者であり、フランスの映像作家でもあるマリー・プレンヌーとクロード・ニュリザニーが、16年という年月をかけて撮った作品。

 『WATARIDORI』『ディープ・ブルー』『皇帝ペンギン』と続いた自然ドキュメンタリーのひとつだが、生命の誕生とつながりという大きなテーマを追っている。既存の映像をつなぎ合わせるのではなく、この作品の撮影のために開発されたオリジナルの機材によるこだわりの映像は、迫力が違う。さすが昆虫の世界を超顕微な視点で追った『ミクロ・コスモス』(1996年)の監督だ。貴重なだけでなく、鮮明で美しい映像に満ちている。母親の胎内で豊かな表情を見せる人間の胎児の映像を知るだけでも、見る価値のある作品だろう。正しい意味で教育的な映画だ。

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
2004年作品。フランス映画。81分。配給=角川ヘラルド・ピクチャーズ。監督=クロード・ニュリザニー(Claude Nuridsany)、マリー・プレンヌー(Marie Perennou)。製作=アラン・サルド(Alain Sarde)。製作総指揮=クリスティーヌ・ゴズラン(Christine Gozlan)。脚本=クロード・ニュリザニー(Claude Nuridsany)、マリー・プレンヌー(Marie Perennou)。撮影=クロード・ニュリザニー(Claude Nuridsany)、マリー・プレンヌー(Marie Perennou)、ウィリアム・ルブチャンスキー(William Lubtchansky)、パトリス・オベルテル(Patrice Aubertel)、シリル・トリコット(Cyril Tricot)。編集=マリー=ジョセフ・ヨヨット(Marie-Josephe Yoyotte)、ポーリーヌ・カサリス(Pauline Casalis)。音楽=ブリュノ・クーレ(Bruno Coulais)。ナレーション=ソティギ・クヤテ(Sotigui Kouyate)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ラジー賞ノミネート発表!!

 その年の最低な映画や俳優に贈られるゴールデン・ラズベリー賞(ラジー賞)のノミネートが発表され、ジェイミー・ケネディ主演の『マスク2』が最低映画賞を含む8部門でノミネートされた。また、昨年突飛な行動が目立ったトム・クルーズは、新しいカテゴリー「最もうんざりするタブロイド・ターゲット」の新設を促した。

主なノミネートは下記の通り。

・最低映画賞
   『マスク2』
   『デュース・ビガロウ、ヨーロピアン・ジゴロ』(原題)
   『蝋人形の館』
   『ザ・デュークス・オブ・ハザード』(原題)
   『ダーティ・ラブ』(原題)

・最低主演男優賞
   ジェイミー・ケネディ『マスク2』
   トム・クルーズ『宇宙戦争』
   ウィル・フェレル『奥さまは魔女』 『ペナルティ・パパ』
   ザ・ロック『DOOM ドゥーム』
   ロブ・シュナイダー『デュース・ビガロウ、ヨーロピアン・ジゴロ』(原題)

・最低主演女優賞
   ジェシカ・アルバ『ファンタスティック4』 『イントゥ・ザ・ブルー』
   ヒラリー・ダフ『チーパー・バイ・ザ・ダズン2』(原題)『ザ・パーフェクト・マン』(原題)
   ジェニファー・ロペス『モンスター・イン・ロー』(原題)
   タラ・リード『アローン・イン・ザ・ダーク』
   ジェニー・マカーシー『ダーティ・ラブ』

・最低助演男優賞
   アラン・カミング『マスク2』
   ボブ・ホスキンズ『マスク2』
   ヘイデン・クリステンセン『スター・ウォーズ エピソードIII:シスの復讐』
   他

・最低助演女優賞
   パリス・ヒルトン『蝋人形の館』
   ケイティ・ホームズ『バットマン・ビギンズ』
   ジェシカ・シンプソン『ザ・デュークス・オブ・ハザード』(原題)
   他

・最低スクリーン・カップル賞
   ジェイミー・ケンディ&共演者だれでも『マスク2』
   ウィル・フェレル&ニコール・キッドマン『奥さまは魔女』
   他

・最低監督賞
   ローレンス・ガターマン『マスク2』
   ノーラ・エフロン『奥さまは魔女』
   他

・最低リメイク・続編賞
   『マスク2』
   『奥さまは魔女』
   『蝋人形の館』
   他

・最もうんざりするタブロイド・ターゲット
   トム・クルーズ
   パリス・ヒルトン
   ブリトニー・スピアーズとケヴィン・フェダーライン(Mr. & Mrs.ブリトニー)
   シンプソン一家(ジェシカ、アシュレー、ニック・ラシェイ)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ズーイー・デシャネル、アドベンチャー映画へ出演!!

 『銀河ヒッチハイク・ガイド』『あの頃ペニー・レインと』のズーイー・デシャネルが、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの『ブリッジ・トゥ・テラビシア』に出演する。キャサリン・パターソンの小説「テラビシアにかける橋」を基に映画化されるもの。森の中に作った空想の魔法王国テラビシアで何ものにもかえがたい友情をはぐくむ少年ジェスと少女レスリーの感動のファンタジー・アドベンチャー映画だ。主人公のジェスとレスリーには『ザスーラ』のジョシュ・ハッチャーソンと『チャーリーとチョコレート工場』のアンナソフィア・ロブが扮し、監督はガボア・クスポ。『イノセント・ボーイズ』のジェフ・ストックウェルが脚本を手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『ブロークバック・マウンテン』米映画俳優組合賞逃す!!

 第12回米映画俳優組合賞が発表され、映画部門では賞レースのトップを走っていた『ブロークバック・マウンテン』が受賞を逃し、『クラッシュ』が最優秀作品賞に値するベストアンサンブル賞を獲得した。メインストリームの映画に賞をおくり続けているアカデミー賞では、ゲイのラブロマンスを取り上げた『ブロークバック・マウンテン』が作品賞を獲得するのはむずかしいと言われている。

・ベストアンサンブル
  『クラッシュ』
・主演女優賞
  リース・ウィザースプーン 『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』
・主演男優賞
  フィリップ・シーモア・ホフマン 『カポーティ』
・助演女優賞
  レイチェル・ワイズ 『ザ・コンスタント・ガードナー』
・助演男優賞
  ポール・ジアマッティ 『シンデレラマン』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.30

■メディア・アート先駆者の死!!

 ナムジュン・パイクの作品を観て、新時代の芸術家だと思った。彼は1965年に初のビデオアートを発表した。短い連続カット割りやカメラの早い動きという彼の手法は、現在まで引き継がれている。1988年ソウルオリンピックに合わせテレビ受信機を尖塔のように積み上げた作品「多いほどよい」にも驚いたが、1984年1月1日の衛星中継番組「グッド・モーニング・ミスター・オーウェル」が、とりわけ印象に残っている。彼は、ネットワークを含むメディア・アーティストの先人であった。鋭さとユーモアが共存した20世紀を代表するアーティストのひとりだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「読売ニュース ビデオポッドキャスト」開始!!

 読売新聞社は30日、テレビニュース番組を無料配信する「読売ニュース ビデオポッドキャスト」を開始した。CS放送「G+」やYOL上で放映されている映像番組「読売新聞ニュース」7本を、平日18時30分にビデオポッドキャスティングで配信する。2005年10月より配信されている音声番組「読売ニュース ポッドキャスト」(平日6時配信)のビデオ版の位置付けとなる。
 読売新聞社のニュースサイト「YOMIURI ONLINE」、ニフティのポッドキャスト専門サイト「Podcasting Juice」で配信される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ビデオアートの先駆者、ナムジュン・パイク氏死去!!

 ナムジュン・パイク氏(韓国出身の在米現代美術家)が、米フロリダ州マイアミの自宅で29日夜に死去した。73歳。親族の話では「自然死」だったという。
 ビデオアートの先駆者と称される。32年ソウル生まれ。朝鮮戦争の発生を受けて日本に渡り、56年に東京大学を卒業。その後、ドイツで前衛音楽家のジョン・ケージらと交流し、欧米を中心に実験的な芸術活動を繰り広げた。
 63年にドイツで開いた個展でテレビ映像を芸術に取り込み、ビデオアートの分野を開拓した。64年ニューヨークに移住後もテレビモニターを使用した前衛的な作品を次々と発表し、ビデオアーティストとして世界的な名声を得た。代表作は88年のソウル五輪で発表した「多いほどよい」など。夫人は芸術家の久保田成子さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「犬神家の一族」30年ぶり復活!!

 映画「犬神家の一族」が、市川崑監督(90歳)、金田一耕助役の石坂浩二(64歳)という名コンビで30年ぶりに劇場版リメークされる。
 同映画は角川映画第1弾として、76年に公開され、推定興行収入50〜60億円を記録。日本中に大ブームを巻き起こし、79年まで計5作品の石坂・金田一シリーズが製作された。今回は角川映画30周年記念として復活が決まった。
 クランクインは4月。27年ぶりに金田一役に挑む石坂は「芝居がうまくなったといわれるように頑張りたい」と役作りで伸ばし始めた髪をかき上げながら話し、市川監督は「“金田一は石坂さん”は私の決定的なキャスト」と全幅の信頼を寄せた。
 犬神家の巨額な遺産をめぐる連続殺人事件を描く基本的なストーリーはそのままに「CGも使い、映像的に面白いものを作りたい」と市川監督。製作する角川映画は「映画界を代表する豪華なオールスターキャストを用意する」と意気込んでいる。07年公開。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジェニファー・アニストン、オスカーのプレゼンターに!!

 第78回アカデミー賞授賞式で、ジェニファー・アニストンが初めてプレゼンターを務める。他のプレゼンターは、昨年の主演男優賞、主演女優賞を受賞したジェイミー・フォックスとヒラリー・スワンク、モーガン・フリーマンやルーク・ウィルソンらが登場する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ニコール・キッドマン、国連親善大使に!!

 ニコール・キッドマンが国連の親善大使を務めることになった。キッドマンは、世界の女性の権利のために、「UNIFEM」の大使として働くことになる。キッドマンは、AP通信のインタビューに対し「私が、女性たちの物語を伝える橋渡しの役となれることを望んでいます。私の育った環境や、これまでの人生で目にしてきたものが、私をこの役目に導いたと思います」とコメント。オーストラリアで過ごした少女時代、両親に大きな影響をうけた、というキッドマンは、「私の家族は、夕食時にテーブルを囲んで政治の話をしました。父はいつも私に、傍観者ではなくて参加者になりなさい、と言っていました」と語る。同じ国連大使として精力的に活動しているアンジェリーナ・ジョリーについては、「アンジェリーナとは別の問題に取り組むことになるけれど、それがひとつの成果につながることを期待しているわ」と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.29

■「奇妙なサーカス」は「乱歩地獄」を超えた!!

 園子温監督・脚本・音楽作品「奇妙なサーカス」を観てきた。かなり過激な作品だとは思っていたが、エログロの極北という懐かしい言葉を連想させるほど、すさまじい。気味の悪さでは「乱歩地獄」を超えている。テンションはどんどん高くなる。何が現実で何が幻覚なのか、観客にも分からない。見事なマジック。宮崎ますみの女優復帰作だが、歴史に残る怪演を見せてくれた。彼女は乳ガンのため療養中だ。乳房から血が吹き出すシーンが痛々しかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「水素10倍」整水に成功、がんにも効果!!

 水の中に従来技術の10倍の水素を溶かすことに、県立広島大生命科学科の三羽信比古教授らのチームが成功した。
 水に溶けた水素は、老化などを引き起こす活性酸素を消去する能力があり、研究チームは、実際にこの水が、がん細胞の増殖を抑える効果も確認したという。研究成果は3月に仙台市で開かれる日本薬学会で発表する。
 普通の水には水素はほとんど含まれない。水を電気分解して水素が含まれる水を作る整水器は市販されているが、高濃度の水素を含む水は作れなかった。三羽教授らは水素を吸着する活性炭フィルターを圧縮するなどの工夫で、水素が従来の3〜10倍多く溶けた水を作ることに成功した。
 研究チームは、人間の舌がんの細胞に、通常の水と水素の多い水を与えてそれぞれ培養した。通常の水では、がん細胞は増殖を続けたが、水素の多い水では、がん細胞が壊れ、増殖が約3分の1に抑制されることがわかった。三羽教授は「今後、動物実験で口腔(こうくう)がんへの抑制効果を確認したい」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.28

■劇場版スキージャンプペア、劇場公開初日!!

「劇場版スキージャンプペア」が、いよいよ劇場で公開。
おバカ映画、堂々の劇場公開記念日。初日28日に観てきた。
劇場入り口で、2本セットのチュウチュウアイス(チョココーヒー味)を
手渡される。劇場が熱かったので、チュウチュウしながら作品を観た。
「アハハッ!!!!」。とんでもないアイデアでチュウチュウアイスが登場。
ドキュメンタリーとしては、イマイチの出来だが、
あのトリノオリンピック決勝のCGに、見事につながった時は
やはり深い感慨を覚えた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■真田とチャン・ドンゴンの深い愛!

 『さらば、わが愛/覇王別姫』などで知られる名匠、チェン・カイコー監督の元に、日中韓のトップスターが集結した超大作ファンタジー映画『PROMISE 無極』。来日記者会見が都内で行われチェン・カイコー監督以下、チャン・ドンゴン、真田広之、チェン・ホンが登壇した。6か月間にも及ぶ、中国の山奥での撮影だったため、ともに外国人であるチャン・ドンゴンと真田広之は、キャッチボールをするなどして親睦を深め、今ではチャン・ドンゴンを真田広之が「ドンちゃん」と呼ぶほどまでに親密になったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.27

■ロシア、ヘリウム3採掘へ月面基地計画!!

 27日付のロシア紙イズベスチヤは、ロシアが月に大量に存在する将来のエネルギー源、ヘリウム3を確保するため、2015年までに月面に恒久基地を建設し、20年から商業採掘することを計画していると報じた。宇宙開発企業エネルギア社のセバスチヤノフ社長が公表した。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■第1回「札幌国際短篇映画祭」が作品募集中!!

 ことし9月6日-10日に開催される「札幌国際短編映画祭」(通称「SAPPOROショートフェスト」、)が、ショートフィルム作品の募集を開始している。札幌に世界中の映像や音楽の若い才能が集い、国内コンテンツ産業の一大マーケットとして賑わい、市民全体でショートフィルムをもっと楽しめることを願って開催する。
 応募の形式は、作品単位で応募する「作品部門」と、作家が自作3本以上15本以下でプログラムを組んで応募する「フィルムメーカー部門」の2種類。作家性が表現できる「フィルムメーカー部門」を設けているのが大きな特徴だ。
 応募は無料で、締切は2006年3月31日(金) 当日消印有効。
詳細は、同映画祭HPの「ショートフィルム大募集」欄で。
【応募部門】
「作品部門」
 短編1本単位で応募、30分以内、2004年1月1日以降完成のもの。
「フィルムメーカー部門」
 自作の短編3本以上15本以下、45分以内のプログラムに構成、完成年の制限なし。�

� http://sapporoshortfest.jp/ja/entry.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■テレサ・ラッセル、『スパイダーマン3』へ出演!!

 『ワイルドシングス』『デブラ・ウィンガーを探して』のテレサ・ラッセルが、大ヒット映画『スパイダーマン』のシリーズ3作目へ出演することが決まった。ラッセルが扮するのは『サイドウェイ』のトーマス・ヘイデン・チャーチ演じる悪役サンドマンことフリント・マルコの妻役で、このマルコ夫妻には娘がいる設定だそうで、誰が娘役を演じるか話題になっている。『スパイダーマン3』には、前作に引き続きトビー・マグワイアとキルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコが出演することが決まっていて、先日『ヴィレッジ』のブライス・ダラス・ハワードがスパイダーマンの恋人グエン・ステーシー役で出演することが明らかにされたばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ついに札幌にもアップル直営店が!!

 ついに札幌にもアップル直営店ができそうだ。札幌市中央区南1西3の旧丸善ビルのスペースを大幅増床し、地下と1階にアップルストアが入居する方向で検討している。日本の直営店は全国で7番目。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.26

■DVD「ベスト・オヴ・ボウイ」に興奮し続ける!!

?DVD2枚組みの「ベスト・オヴ・ボウイ(The Best Of Bowie)」は、40年にわたるデヴィッド・ボウイのビジュアル遍歴を追い、全47曲のビデオが収録されている。グラム・ロックの反逆者から、ポストモダン・ポップ・アイロニストまで、ファッション、音楽、ビデオがたどってきた歴史を示している他に例を見ないアーティスト・アンソロジーだ。
 ボウイのファンとしてはディスク1が貴重だが、ディスク2のビデオ作品も素晴らしい。1995年の発表当時、どうしても手に入らなかった「Heart's Filthy Lesson」の映像に接してあらためて感動したり、FloriaSigismondiが監督した「Little Wonder」「Dead Man Walking」に興奮した。とてもぜいたくなミュージックビデオDVDである。bestofbowie

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「モーツァルト年」幕開け!!


 オーストリアの天才作曲家モーツァルト(1756−1791年)生誕250年当日の27日、オペラやコンサートが1年にわたって各地で催される「モーツァルト年」の幕が開く。生まれ故郷ザルツブルクでこの日、誕生パーティーとして各種イベントが行われるなど、ファンにとってはモーツァルトを満喫できる楽しみな年が始まる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ショーン・ペンの弟、クリス・ペン急死!!

 ショーン・ペンの弟で、性格俳優として知られるクリス・ペンがロサンゼルスのアパートで死んでいるのが発見された。死因は明らかではないと報道されているが、他殺ではないようだ。クリスは、クエンティン・タランティーノ監督の『レザボアドッグス』に出演していたほか、『ロンリー・ブラッド』では、兄ショーンと共演。ペン家のスポークスマンは「つらい時なので、マスコミにはプライバシーを尊重してほしい」とコメントを発表している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ソニー、ウォークマンの国内生産撤退!!!

 ソニーは25日、携帯音楽プレーヤー「ウォークマン」の国内生産をやめることを明らかにした。1979年に初生産を担当した、子会社の工場「埼玉テック」(埼玉県坂戸市)の製造ラインを3月末までに閉鎖。コストの安いマレーシア、中国に生産を集約する。日本の代表的な先端商品だった「ウォークマン」の生産が全面的にアジアに移る。
 同工場はCD・MDウォークマンのほか、ICレコーダーなどの携帯音楽機器を生産していた。ウォークマンの生産は05年11月に終了。設計業務の拠点として存続するが、ライン閉鎖に伴い、従業員約1000人のうち200人を削減する。
 ソニーは2005年9月発表の経営方針で、11の生産拠点の統廃合を挙げた。すでに米サンディエゴやピッツバーグのブラウン管工場の閉鎖を表明しているが、国内の生産拠点のリストラ計画が明らかになったのは初めて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.25

■世界最小、7.9ミリの魚発見!!

 シンガポール国立大学などの研究チームは、十分に成長しても大きな蚊ほどの大きさしかない世界最小の魚を発見したと25日付の英王立協会紀要に発表した。この魚はインドネシアのスマトラ島やマレーシア側のカリマンタン島(ボルネオ島)の湿地帯に生息、コイの遠戚(えんせき)に当たるという。
 研究チームが捕獲した最も小さい成魚はスマトラ島で発見され、鼻先から尾までの体長が7.9ミリしかなかった。これは世界最小の魚類であるだけでなく、最小の脊椎(せきつい)動物でもあるという。これまで世界最小の魚といわれたのは西太平洋に生息する「ドワーフ・ゴビー」と呼ばれるハゼの仲間で、体長は8ミリだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ディズニー、ピクサーの買収を正式発表!!

 Disneyは米国時間24日、Pixar Animation Studiosを74億ドル相当の株式交換で買収すると発表した。Apple ComputerのCEO(最高経営責任者)Steve JobsはDisneyの取締役に就任する。
 Walt Disneyが普及させたペンとインクによるアニメーション製作手法を受け継ぐものとして、Pixarのデジタルなアプローチを採用することは、アニメーション映画の製作元として由緒ある歴史を持つDisneyにとって大きな賭けといえる。
 今夏に完了する見通しのこの買収の一環として、Pixarの幹部2人がDisneyのアニメーション部門を統括することになる。Pixarの社長を務めるEd Catmullは、PixarとDisney Animation Studiosの合併会社の社長に就任する。また、Pixarのエグゼクティブ・バイスプレジデントで、同社のクリエイティブ部門のリーダーと広く認知されているJohn Lasseterは、新会社でクリエイティブ部門の最高責任者に就任する。なお、Pixarは引き続きカリフォルニア州サンフランシスコのベイエリアに本社を置く。
 Jobsは「企業も株主も異なっていたDisneyとPixarのコラボレーションを妨げる障害はなくなった。これで、全員が重要なこと--つまり、世界の数百万人の人々を楽しませる革新的な物語やキャラクター、映画をつくり出すことに集中できる」とする声明を発表した。
 Disneyは74億ドル相当の株式を発行するが、Pixarが10億ドルを若干上回る現金を保有している点を考慮すると、実際の支払額は63億ドル弱になる。Pixarの株主は保有株式1株に対し、2.3株のDisney株を受け取る。これにより、JobsはDisneyにとって最大の個人株主となる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マツケン、50cmに縮む!!

 松平健の体が50cmに縮む!映画『MAMAN ママーン』が21日から公開される。松平健は若い恋人を持つDJの役で、映画の冒頭ではスクラッチも披露。しかし、いきなり体が50cmになり、デートどころか外出もままならない。洗濯機でグルングルンと回されてしまったりというシュールな展開だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.24

■映像温泉芸社その13が2月11日開催!!


 『映像温泉芸社その13「ゲイシャ13」』 が、2月11日(土)に東京中野 野方区民ホールで開かれる。Googleをパロッた紹介ホームページが秀抜。
【時間】14:30開場15:00開演  
【会場】東京中野 野方区民ホール(のがたWIZ地下2階)
【料金】1,000円
【URL】http://homepage2.nifty.com/DA-KIKAN/geisha13/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■Macintoshが生誕22周年に!!

 1984年1月22日に歴史的に有名な“1984”っていうコマーシャルがSuper Bowlで流れ,1月24日にMacintoshが披露された。今日はMacintosh生誕22周年。Macintoshも色褪せないけれど、管理を拒絶した“1984”っていうコマーシャルの輝きも色褪せないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ディズニーの取締役会、ピクサー買収計画を承認!!

 ウォルト・ディズニーの取締役会は、ピクサー・アニメーション・スタジオの買収計画を承認した。24日までに買収提案を行うとみられる。金額については明らかにされていない。ピクサー側の取締役会も24日に買収提案を検討するとみられる。
 ウォールストリート・ジャーナル紙ヘッドライン(WSJ)紙は先に、ディズニーがすべて株式交換によるピクサー買収を検討しており、ピクサーのスティーブ・ジョブズCEOがディズニー最大の個人株主になる見通しと報じていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■マラソンをメジャー化、賞金5700万円!!

 海外ビッグマラソンの主催者が23日、初の試みとして「ワールド・マラソン・メジャー」の開催を発表した。シリーズはボストン、ロンドン、ベルリン、シカゴ、ニューヨークの5大レースと世界陸上選手権、五輪で構成。各レースの成績に応じてポイントが配分され、2年間で総合成績を競う。男女の総合優勝者は賞金50万ドル(約5700万円)を獲得する。 ニューヨーク・マラソンのウィッテンバーグ・レースディレクターは「このシリーズは、ゴルフに例えるならマスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロ選手権と同様である」と話した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ブライス・ダラス・ハワード、スパイダーマンの恋人に!!

 『ヴィレッジ』『マンダレイ』のブライス・ダラス・ハワードが、『スパイダーマン』の3作目へ出演することが決まった。グエン・ステーシー役で、原作ではスパイダーマン・ピーター・パーカーの恋人として登場し、グリーン・ゴブリンとの戦いで殺されてしまうヒロイン。今回は、ピーターとメリー・ジェーンとグエンの三角関係が描かれていく。『スパイダーマン3』には、トビー・マグワイアとキルスティン・ダンスト、ジェームズ・フランコが出演し、『サイドウェイ』のトーマス・ヘイデン・チャーチが悪役サンドマンを、『トラフィック』のトファー・グレイスが悪役ベノムを演じる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.23

■VHS「ケイト・ブッシュ・ストーリー」を見つける

 昨年2005年11月に12年ぶりの新作「Aerial(エアリアル)」が発売されたことに影響されたわけではないが、ケイト・ブッシュの初期のアルバムを聞き返している。
 Amazonのマーケットプレイスで1986年発売のVHS「ケイト・ブッシュ・ストーリー」の中古を偶然見つけ、さっそく注文した。絶版となっている貴重品。届いたビデオは、よほど丁寧に保存されていたらしく、予想以上に画質が良かった。感謝。ミュージックビデオの先駆ともいえる映像。本当に懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■歌手・川田正子さんが死去!!

 童謡「みかんの花咲く丘」「里の秋」などで知られる歌手の川田正子(かわだ・まさこ、本名渡辺正子=わたなべ・まさこ)さんが22日午後8時31分、虚血性心不全のため東京都世田谷区の病院で死去した。71歳。東京都出身。葬儀は親族だけで営む。「音楽葬」を2月5日午後1時から東京都港区芝公園4−7−35、増上寺光摂殿で行う。喪主は夫渡辺一男(わたなべ・かずお)氏。
 1942(昭和17)年、7歳で歌手デビュー。45年「里の秋」、46年「みかんの花咲く丘」を歌い大ヒット。甘くやわらかなソプラノで終戦直後の人々の心をとらえ、人気を集めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■中国で「SAYURI」上映禁止!!

 来月10日に中国本土で予定されていたハリウッド映画「SAYURI」の初上映が中止された。中国人女優のチャン・ツィイーさんがヒロインの芸者役を演じていることから、中国人に旧日本軍の従軍慰安婦問題を思い起こさせ、反日感情の悪化につながることが懸念されるためと、香港紙などは伝えている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「憂國」DVDで4月28日発売!!

 幻のフィルムだった「憂國」(1966年)のDVDが、4月28日に発売される。定価 6,300円(税込)。「憂國」は、公開当時に国際的な話題を呼んだ、三島由紀夫による禁断のアート・ムービー。三島由紀夫みずからが原作から脚色、監督、主演までを務め、自身の思想をモノクロ映像で表現している。三島由紀夫が割腹自殺の予告をした映画だとも評されたが、長らく幻のフィルムとされていた。
●特典DISC内容
(1)英語版本編・フランス語版本編(同映像/テロップのみ別)
(2)「憂國」の三島由紀夫
(3)映画「憂國」アルバム
(4)三島由紀夫の文学

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ダニエル・デイ=ルイス、久々の新作!!

 最近スクリーンから遠ざかっていた『ギャング・オブ・ニューヨーク』のダニエル・デイ=ルイスが、ポール・トーマス・アンダーソン監督の新作『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(原題)へ出演することが明らかになった。アプトン・シンクレアの小説「オイル!」を基に製作。アメリカンドリームを夢見て石油ビジネスに投資した男の成功と破滅を描く物語で、撮影は5月中旬からテキサス州とニューメキシコ州で行われる予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.22

■グレッグ・イーガンの「ディアスポラ」読了!!

グレッグ・イーガンの「ディアスポラ」を読み終えた。とことんハードなSF小説です。30世紀の壮大な多次元宇宙旅行と異生物との遭遇。理解不能な未知の存在に「出会う」「触れる」喜び。スタニスワフ・レムの「ソラリス」以来のSF的な感動でした。つなぐ存在としての「架橋者」に希望を託す姿勢に共感を覚えるが、数学原理主義的な思考には疑問を感じる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■英国アカデミー賞ノミネーション発表!!

 英国アカデミー賞のノミネーションが発表された。ジョン・ル・カレ原作の『ナイロビの蜂』(集英社文庫)を「シティ・オブ・ゴッド」のフェルナンド・メイレレス監督で映画化した「コンスタント・ガーデナー(原題)」が最多10部門で候補に挙がった。主な部門のノミネーションは以下の通り。
【作品賞】
 「ブロークバック・マウンテン」
 「カポーティ」
 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 「クラッシュ」
 「グッドナイト&グッドラック」
【英国作品賞】
 「A Cock and Bull Story」
 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 「Festival」
 「プライドと偏見」
 「ウォレスとグルミット/野菜畑で大ピンチ!」
【主演男優賞】
 デヴィッド・ストラザーン 「グッドナイト&グッドラック」
 ヒース・レジャー  「ブロークバック・マウンテン」
 ホアキン・フェニックス 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
 フィリップ・シーモア・ホフマン 「カポーティ」
 レイフ・ファインズ 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
【主演女優賞】
 シャーリーズ・セロン 「スタンドアップ」
 ジュディ・デンチ 「Mrs. Henderson Presents」
 レイチェル・ワイズ 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 リース・ウィザースプーン 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
 チャン・ツィイー 「SAYURI」
【助演男優賞】
 ドン・チードル 「クラッシュ」
 ジョージ・クルーニー 「グッドナイト&グッドラック」
 ジョージ・クルーニー 「シリアナ」
 ジェイク・ギレンホール 「ブロークバック・マウンテン」
 マット・ディロン 「クラッシュ」
【助演女優賞】
 ブレンダ・ブレシン 「プライドと偏見」
 キャサリン・キーナー 「カポーティ」
 フランシス・マクドーマンド 「スタンドアップ」
 ミシェル・ウィリアムズ 「ブロークバック・マウンテン」
 タンディ・ニュートン 「クラッシュ」
【監督賞】
 アン・リー 「ブロークバック・マウンテン」
 ベネット・ミラー 「カポーティ」
 フェルナンド・メイレレス 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 ポール・ハギス 「クラッシュ」
 ジョージ・クルーニー 「グッドナイト&グッドラック」
【オリジナル脚本賞】
 「シンデレラマン」
 「クラッシュ」
 「グッドナイト&グッドラック」
 「ホテル・ルワンダ」
 「Mrs Henderson Presents」
【脚色賞】
 「ブロークバック・マウンテン」
 「カポーティ」
 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 「ヒストリー・オブ・バイオレンス」
 「プライドと偏見」
【外国語映画賞】
 「真夜中のピアニスト」
 「Le Grand Voyage」
 「カンフーハッスル」
 「Joyeux Noel」
 「Tsotsi」
【音楽賞】
 「ブロークバック・マウンテン」
 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 「SAYURI」
 「Mrs Henderson Presents」
 「ウォーク・ザ・ライン/君につづく道」
【撮影賞】
 「ブロークバック・マウンテン」
 「コンスタント・ガーデナー(原題)」
 「クラッシュ」
 「皇帝ペンギン」
 「SAYURI」

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.21

■冥王星へ探査機打ち上げ、2015年に最接近!!

 太陽系で唯一の未探査惑星、冥王星への初接近を目指す米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ニューホライズンズ」が米東部時間の19日午後2時(日本時間20日午前4時)、フロリダ州のケープカナベラル空軍基地からアトラス5ロケットで打ち上げられた。
 探査機は、まず木星に近づき重力を利用して加速。9年半をかけ、2015年7月に地球から約49億キロ離れた冥王星に、約1万キロまで最接近する計画だ。成功すれば米国は、地球を除く太陽系全惑星の探査一番乗りを達成することになる。
 太陽系外縁部に位置する冥王星は、直径約2300キロと地球の月よりも小さく、天文学者の一部は「惑星とは呼べない」と主張している。遠さと暗さのせいで観測が難しく、未解明な点が多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■しっぽの先までネタがつまった映画祭!!

『映像温泉芸社in札幌 その3.5』を観てきました。
いわゆるバカ映画系自主映画上映会と呼ばれているものです。
おおいに笑いました。しっぽの先までネタがつまった映画祭でした。
とりわけ「バカ映画の手塚治虫」なにわ天閣の作品に感心しました。
良いものを見せてもらいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ロンドン・テムズ川にクジラ出現!!

 ロンドンで20日、市内中心部を流れるテムズ川にクジラが出現、大勢の市民らが橋の上から見学する騒ぎとなった。民放のスカイニューズ・テレビは上空にヘリコプターを飛ばし実況中継した。クジラはゴンドウクジラで体長は約6メートルと伝えた。大時計ビッグベンがある国会議事堂の近くを遊泳し、潮吹きも“披露”した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■映像温泉芸社in札幌その3.5が開催!!

 映像温泉芸社in札幌その3.5が、きょう21日にイベントスペース・EDiT(札幌市中央区南2条西6丁目 東急ハンズ裏)で開催される。13時開場・13時30分開演。入場料金:1,000円。

「映像温泉芸社in札幌その3.5」

映画・テレビ | | コメント (0) | トラックバック (0)

■ウディ・アレン「人生は悲劇」!!

 ニューヨークに住む若者たちの恋をコメディタッチで描いたウディ・アレン監督の『僕のニューヨークライフ』が、まもなく公開される。ウディ・アレンは、「人生は悲劇」と、波乱に満ちた人生を振り返った。
 ミア・ファローとの結婚後、彼女の養女スン・イーとの不倫が発覚しドロ沼離婚。その後、スン・イーと結婚し幸せな生活を送っている。アレン監督は「人生とはいくつかの面白いエピソードが含まれた悲劇。人生は、いつも悲しくて悲劇的なんだ。すべての人の人生が美しく終わるとは限らないから」と、コメントをした。
 アレンの20歳のころの夢は「当時は、悲劇を書く劇作家になることを夢見ていた。でも僕には悲劇を書く才能はなくて、笑わせることしかできないと、あるとき気付いたんだ。そのころは、人を笑わせることになんて興味を持っていなかったからとても失望したよ」と若いころの自分を語った。
 「この映画の主人公は昔の自分の要素をたくさん取り入れたし、僕の演じた老人は被害妄想的なところなんてまさに自分だと思う。作っていてとても楽しかった映画なのでみなさんも楽しんで観てください」とメッセージを送った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.20

■絲山秋子さん、芥川賞賞金の半分寄付へ!!

  「沖で待つ」で第134回芥川賞の受賞が決まった絲山秋子さん(39)が20日、同賞の賞金100万円の半分を、海外の紛争地や災害被災地などで医療や復興支援活動を行う民間団体に寄付することを明らかにした。
 絲山さんは「寄付には以前から興味があり、スマトラ沖地震でもお小遣い程度を寄付した。実は(昨年)直木賞候補になった時からの『願掛け』でもあった。こういう仕事をしていると社会とのつながりがぼけてしまう。寄付先について調べることは、とても勉強にもなった」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アメリカ3大新聞シカゴ・トリビューンが『るにん』絶賛!!

 極限状態で島に生きる流人(るにん)たちの壮絶な人間模様を描く『るにん』が、日米で同日公開され評判を呼んでいる。奥田瑛二が製作から公開までに2年の歳月かけて作り上げた、渾身(こんしん)の一作。主演の松坂慶子も約10kgの減量をして役作りに臨んだ。
 日本の江戸時代という舞台設定ながらも、映画祭などで海外から高い評価を得、このたびの日米同時公開となった。また、アメリカ3大新聞シカゴ・トリビューン紙は「『るにん』は素晴らしい」と大絶賛している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ロバート・アルトマン監督、オスカー名誉賞を受賞へ!!

 第78回アカデミー賞で、ロバート・アルトマン監督がその功績を称えられ、名誉賞を受賞することになった。アルトマン監督は、『ショート・カッツ』や『ゴスフォード・パーク』など、これまでに5度監督賞にノミネートされているが、受賞は果たしていない。アカデミー協会はアルトマン監督について「常に、芸術の形を刷新し、映画監督や観客に刺激を与える」と語っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.19

■ホリー・ハンターが双子を出産!!

 オスカー女優のホリー・ハンターが双子の赤ちゃんを出産していたことが発表された。母子共に健康という以外、赤ちゃんの性別などは明らかにされていない。父親は、ハンターの恋人で俳優のゴードン・マクドナルド。ハンターは、撮影監督のヤヌス・カミンスキーと1995年に結婚したが、6年後に離婚。マクドナルドとは、2004年にロンドンの舞台共演で知り合ったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■堀江氏 吉川ひなのと正月旅行!!

 証券取引法違反の疑いで強制捜査を受け、粉飾決算の疑いも浮上したライブドアの堀江貴文社長(33歳)は18日、東京・六本木ヒルズの本社にいつもどおり出社した。しかし、報道陣の前には姿をみせず、一連の捜査の影響について、自身のブログに「風評で一時的に営業活動が停滞する恐れあり」などと記した。プライベートでは、女優吉川ひなの(26歳)と正月に海外旅行していたことが、この日明らかになった。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■ライブドア関連元社長 死亡か!!

 ライブドアのグループ会社社長も務めたエイチ・エス証券副社長(38歳)とみられる男性の遺体が沖縄県内で発見されたことが18日、分かった。沖縄県警で身元の確認を急いでいる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ルーカス監督、ピープルズ・チョイス賞授賞式に出席!!

 ロサンゼルスでピープルズ・チョイス賞の授賞式が行われ、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』が「お気に入りの映画」賞と「お気に入りのドラマ映画賞」を受賞した。セレモニーに出席したジョージ・ルーカス監督は、この賞が一般の人々の投票で選ばれる点で特別に重要だ、とコメント。「僕は批評家たちのお気に入りの監督ではないけれど、彼らの意見なんて関係ない。僕が映画を作るのは観客のためだ」と語った。そのほか、お気に入りの男優にはジョニー・デップ、お気に入りの女優にはサンドラ・ブロックが選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■スーザン・サランドン、邪悪な女王に!!!

 スーザン・サランドンが、ウォルト・ディズニー・ピクチャーズの新作映画『エンチャンティド』で真実の愛を壊す邪悪な女王役に扮することが決まった。アニメと実写が融合した映画で、おとぎの国のお姫様が邪悪な女王ナリッサのせいで現代のマンハッタンへ追放された王子を捜して現実の世界へやって来るファンタジー・ラブストーリー。『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』のエイミー・アダムスと『X−メン』シリーズのジェームズ・マーズデンがお姫様と王子に扮し、『102』のケヴィン・リマが監督する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.18

■キャサリン・ゼタ・ジョーンズ、初来日!!!

 『レジェンド・オブ・ゾロ』の公開に先駆け、ヒロイン役を演じたキャサリン・ゼタ・ジョーンズが始めて来日し、記者会見を開いた。
 ハリウッドで最もゴージャスな美女の登場に、会場は異様な熱気に包まれた。初めて日本のマスコミを前にして緊張したのか、キャサリンは会見中頻繁に汗を拭っており、見かねたスタッフがティッシュペーパーの箱を手渡したほど汗だくだった。しかし、キャサリンの美しさは損なわれることはなく、逆にキラキラと輝いて見えた。
 キャサリンには日本の印象や25歳も年の離れた夫、マイケル・ダグラスについてなど、プライベートな質問が集中した。キャサリンは「彼は私のヒーロなのよ」とノロケ、「私は小さいころ友だちに日本人のハーフだと思われていたのよ」と日本人として親近感を持てるエピソードを披露した。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

■レイチェル・ワイズ、妊娠5か月!!

 『ザ・コンスタント・ガーデナー』で妊娠中の活動家を演じたレイチェル・ワイズが、妊娠5か月であることが明らかにした。父親は、婚約者で監督のダーレン・アロノフスキー。ワイズはアロノフスキーについて、「教養があり、洗練されたアメリカ人。多くのアメリカ人と違ってヨーロッパがどこにあるかを知っている人でとても男らしい」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■芥川賞に絲山秋子さん、直木賞に東野圭吾さん!! 

 第134回芥川・直木賞(日本文学振興会主催)の選考委員会が17日、東京・築地の「新喜楽」で開かれ、芥川賞が絲山(いとやま)秋子さん(39)の「沖で待つ」(「文学界」9月号)に、直木賞は東野圭吾さん(47)の「容疑者Xの献身」(文芸春秋)に決まった。贈呈式は2月17日午後6時から、東京・丸の内の東京会館で開かれ、正賞の時計と副賞100万円がそれぞれ贈られる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.17

■宮崎勤被告に17日午後1時半から最高裁判決!!

 東京都と埼玉県で1988―89年、幼女4人が相次いで犠牲になった連続誘拐殺人事件で、誘拐、殺人、死体損壊など6つの罪に問われ、1、2審で死刑を言い渡された元印刷業手伝い宮崎勤被告(43)の上告審判決が17日午後1時半から、最高裁第3小法廷(藤田宙靖裁判長)で言い渡される。
 社会に衝撃を与えた事件から17年余り。1審東京地裁の初公判から16年に及ぶ裁判が終結する。裁判では事実関係に大きな争いがなく、犯行時の被告に善悪を判断して行動する能力(刑事責任能力)があったかどうかが最大の争点だった。1審東京地裁では2度にわたり精神鑑定を実施。「人格障害」として完全責任能力を認める1次鑑定と、「統合失調症」「解離性同一性障害(多重人格)」として責任能力を一部否定する2種類の2次鑑定の計3通りの鑑定書が提出された。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■シャーリーズ・セロン、短編小説を映画化!!

 シャーリーズ・セロンが、新作映画『ジ・アイス・アット・ザ・ボトム・オブ・ザ・ワールド』(原題)のプロデュースと主演を務めることが決まった。セロン自らがマーク・リチャードの短編小説の映画化権を獲得して数年前から映画化を進めていたもの。チェサピーク湾を舞台に、健康問題からしぶしぶ引退した元海軍大尉とその家族の関係を描く人間ドラマだ。セロンは元海軍大尉の娘で、ヘロイン中毒のシングルマザー役に扮する。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.16

■漫画家・加藤芳郎氏が死去!!

 「まっぴら君」などで知られる漫画家の加藤芳郎(かとう・よしろう)氏が6日午後10時36分、呼吸不全のため、東京都新宿区の病院で死去していたことが16日、分かった。80歳。東京都出身。自宅は非公表。連絡先は東京都新宿区片町3、日本漫画家協会。葬儀・告別式は近親者で済ませた。喪主は妻敏江(としえ)さん。
 戦後、東京都職員として勤務しながら漫画を描き、庶民の暮らしをユーモラスに描いた1954年の「オンボロ人生」が人気になった。同年から2002年まで毎日新聞夕刊に「まっぴら君」を連載、1万3600回を超える新聞連載漫画の最長記録を達成した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■エイドリアン・ブロディ、『バットマン』のジョーカー役を希望!

 『キング・コング』『戦場のピアニスト』のオスカー俳優エイドリアン・ブロディは、『バットマン ビギンズ』の続編で悪役ジョーカー役を希望している。ジョーカーは笑い顔で表情が固定され、悪ふざけとしか思えない方法で殺人を楽しむキャラクターで、シリーズ1作目の『バットマン』ではジャック・ニコルソンが扮しゴールデン・グローブ賞にノミネートされている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.15

■「ポセイドン・アドベンチャー」の女優シェリー・ウィンターズ、死去!!

 アカデミー賞を2度受賞したハリウッド黄金時代の大物女優シェリー・ウィンターズが14日朝、心不全のためビバリーヒルズのリハビリ・センターで死去した。85歳だった。3カ月前、心臓発作に見舞われていた。歯に衣着せぬ手厳しい発言で知られ、ハリウッドで最も尊敬される女優の1人だった。
 駆け出しのころは早口のだらしない女の役が多かったが次第に性格俳優として頭角を現し、モンゴメリー・クリフト、エリザベス・テイラーと共演した1951年の「陽の当たる場所」でアカデミー賞にノミネートされた。59年の「アンネの日記」と65年の「いつか見た青い空」ではアカデミー助演女優賞に輝いた。72年の「ポセイドン・アドベンチャー」でもアカデミー賞にノミネートされた。
 99年までほぼ60年にわたって休みなく映画に出演し、出演本数は約130本とハリウッドで最多の1人となった。その中で自分が最もよく演技できたのは62年の「ロリータ」だったと語っていた。同映画ではロリータの、世の中に飽きた母親を演じた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カイリー・ミノーグ、乳がん征圧か!!

 オーストラリア出身の世界的ポップ歌手カイリー・ミノーグは乳がんから完全に解放されたと英紙サンが13日報じた。ミノーグは医師団から、がん細胞が全くないと太鼓判を押された。ミノーグは左の乳房にがんが見つかったため、昨年5月に豪州メルボルンで乳房を部分切除したあと、夫の俳優オリビエ・マルティネスの故郷であるフランスのパリで6カ月にわたり化学療法による治療を受けている。今月6日に、がん性細胞はないとの最終検査結果が伝えられた。
 ミノーグは乳がん再発予防のため、放射線による治療を開始する予定で、もう6カ月たったあとで初めて完全回復の正式確認が行われる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.14

■父親の死がグウィネス・パルトロウの演技を変えた!!

 グウィネス・パルトロウが、新作『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』での演技は、舞台版の自分の演技とはまったく異なるものだと語った。パルトロウは同作品で、死んだ天才数学者である父の才能を受け継ぐ娘を演じている。
 舞台終了後、映画版が製作されるまでの間に、パルトロウの父ブルース・パルトロウが亡くなった。「舞台で演じていた時には父は生きていたわ。父親の死というものは実際に体験するまで想像もつかないもの。だから映画でのわたしの演技も変わったの」とパルトロウは語った。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.13

■オンライン犯罪対策で「iPod」を無料で国民に配る?!

 英国政府機関の上級幹部が、同国が進めるIDカード計画で新しいアイデアを考えついたと語った。デジタル証明書を搭載した「iPod」を無料で国民に配るという案だ。
 英通商産業省のアプリケーションおよびデータサービス部門を率いるPatrick Cooperは現地時間10日、2006年のテクノロジー界を予測するAdobe Systems主催のイベントに出席し、冗談交じりにこうした考えを口にした。
 Cooperは、特に政府のサービスをオンラインで利用する場合において、IT業界はネットワーク認証とセキュリティという2つの大きな問題を抱えていると述べた。ADSLネットワークのユビキタス性は、セキュリティ上のリスクという代償を払って実現されているというのが同氏の主張だ。Cooperはまた、ISDNはADSLより安全性の高い作りになっているが、大半の消費者や小規模企業のニーズを満たすことはできないと話した。
 しかし、携帯電話やiPodなどにデジタル署名もしくはデジタル証明書を搭載し、一般ユーザーや企業ユーザーがこれをみずからのマシンに接続するようになれば、オンライン認証およびID管理に関する問題を有効に解決できるかもしれないと、Cooperは言う。
 「デジタル証明書が搭載されている携帯電話を持っていれば、それをPCにつなぐだけでよい。同様に、デジタル証明書を搭載したiPodも利用できるだろう。そのうち、国民にiPodを支給するようになるかもしれない。みんなが持っていれば、盗難事件もなくなるというものだ」(Cooper)
 さらにCooperは、iPodを支給することで、オンライン詐欺を撲滅しようとする政府の取り組みにコスト効率のよい新たな道が開かれるのではと、冗談めかして語った。英政府では、個人識別番号(PIN)やパスワードを設定した国民IDカードを提供し、オンライン認証ツールとして機能させていくことを提案している。
 London School of Economicsの最新調査によれば、すべての英国民に対してIDカードを発行する場合、政府のITインフラを各政府機関や公的部門のインフラと統合する必要があり、1人あたりの発行費用がおよそ500ポンド(約884ドル)に達する可能性があるという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■妻が切断のモーツァルト自筆楽譜一つに!!

 音楽家モーツァルト(1756〜91年)の妻が二つに切断し、別々に保管されていたモーツァルトの自筆楽譜が170年ぶりにロンドンの大英図書館で一つの楽譜に戻った。モーツァルト生誕250年を記念して14日から同館で始まる展示会で公開される。
 復元されたのは17歳のモーツァルトがウィーン演奏旅行時(1773年)に書いた楽譜。片面はピアノ協奏曲のカデンツァ(独奏部)、裏面は弦楽四重奏用のメヌエットのスコアが記されていた。モーツァルトが本格的に作曲を手がけ始めた時期にあたり、メヌエットは彼自身が同じ年に作った四重奏曲の連作に取り込もうとしてあきらめた経緯があるという。
 モーツァルトの死から44年後の1835年に妻のコンスタンツェが楽譜を二つに切り、地方政府の役人と宮廷音楽家に別々に渡した。死後のモーツァルトの名声は高かったがコンスタンツェは金に困っており、楽譜を分割して多額の金を得たとみられている。
 楽譜の下半分は1953年から大英図書館が保管。上半分は最近まで個人の収集家の手元にあったが、21世紀に入って同館が入手した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■大地真央の見事な魔女っぷり!!

 3月4日より全国公開のディズニー映画『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』の日本語吹き替え版で、白い魔女にふんする女優の大地真央が、マスコミ向けにアフレコ取材に応じた。ディズニー映画の声優は、純粋に声がキャラクターと合っているかどうかで選ばれる。厳しい審査に合格し、白い魔女役に大抜擢された大地真央は、収録スタジオに役柄と同じ白いロングドレス姿で登場した。その姿は美しく、白い魔女のイメージにぴったり。映像に合わせてセリフを入れて見せ、その威厳ある声は魔女そのものだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.12

■シュワ知事、無免許運転おとがめなし!!


 米カリフォルニア州のシュワルツェネッガー知事が大型2輪免許を取得せずに大型バイク、ハーレーダビッドソンを運転していた問題で、ロサンゼルス地検は11日、知事に罰金刑を適用しない方針を決めた。警官は知事が運転するのを目撃していない上、地検は「罰金刑に終わるささいな問題に地検は関与しない」と判断した。 同知事は母国オーストリアではバイク免許を取得していたが、1960年代に渡米後、無免許の自覚がないままハーレーを乗り回していた。問題は8日、知事がハーレー運転中に車と衝突事故を起こし、15針縫うけがを負った際に発覚した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■iPod課金見送り、文化審が報告書!!

 文化審議会著作権分科会は12日の会合で、人気の「iPod」などのデジタル携帯プレーヤーへの課金をめぐり議論となっていた「私的録音録画補償金制度」について、同審議会法制問題小委員会が昨年末にまとめた「課金は見送り、抜本的に制度の見直しを行う」などとする案を基本的に了承し、現時点でデジタル携帯プレーヤーを追加指定しないことを報告書にまとめた。
 私的録音録画補償金制度は、個人がデジタル方式の記録機器を利用する際に著作権者が補償金を受け取る仕組み。権利者保護のため1993年に導入され、機器の販売価格に一定額を上乗せして還元する。
 iPodの課金問題について分科会報告書は、「検討過程で補償金制度の問題点や社会状況の変化などの指摘があったことを踏まえ、私的録音録画の概念の抜本的見直し、補償金制度の廃止や骨組みの見直しのほか、他の措置の導入も視野に入れた抜本的な検討を行うべきだ」とし、2007年度中に一定の具体的結論を出すよう求めた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■「ちびまる子ちゃん」実写化!!

 フジテレビ系で放送中の人気長寿アニメ「ちびまる子ちゃん」(日曜後6・0)が初めて実写版のドラマになる。4月に2時間スペシャルとして放送予定。
 2年前、昨年1月のテレビ放送15周年を目指しドラマ化の企画が持ち上がったが、まる子のイメージにあう子役が見つからず一度は断念。だが、あきらめきれない制作サイドが昨年末に再度オーディションを行ったところ、500人を超える天才子役集団の中に、“まる子”を発見した。
 まる子役を射止めたのは、原作者のさくらももこさんが以前目にした住友生命のCMで「まる子にいいなぁ」と思っていたという森迫永依=もりさこ・えい=(8つ)。「まる子に決まってうれしい。まる子になりきってやろうと思います」と大はりきりの森迫に、浅野澄美プロデューサーは「森迫さんは見た目はもちろん、子どもらしさと大人と対等に会話できる能力が同居している。原作のキャラクターを自然に演じることができる」と太鼓判を押した。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■グウィネス・パルトロウ、2人目は水中出産?

 グウィネス・パルトロウが、5月に生まれる予定の2人目の赤ちゃんを水中出産すると報道されている。どこで生まれてもいいように、ニューヨークとロンドンの両方の家に出産用のプールが準備されているとのこと。長女アップルの時も水中出産に興味があったらしいが、自信がなく見送ったらしい。今回はリサーチを入念にし、自信もつけたという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「お茶づけ海苔」開発、永谷園創業の永谷嘉男氏が死去!!

 永谷嘉男氏(ながたに・よしお=永谷園創業者)昨年12月28日、心不全で死去。82歳。告別式は近親者で済ませた。「お別れの会」は後日行われるが、日時は未定。喪主は長男、栄一郎氏。
 1952年に、インスタント食品の先駆けとされる袋入りの「お茶づけ海苔」を開発し、当時としては高価な1袋10円で発売。年間2億7000万袋を販売するヒット商品に育てた。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2006.01.11

■ヘザー・グラハム、インディペンデント映画へ出演!!

 ヘザー・グラハムが、インディペンデント映画『1-9』(原題)へ出演することが決まった。同作は、寂しさが身に染みる冬の街を舞台に、三人の男女が織り成す人間ドラマで、『バックドラフト』のウィリアム・ボールドウィンも出演する。監督はアルフレッド・デ・ヴィラがあたり、撮影は今月末からニューヨークで開始される予定だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■足の付け根圧迫で筋力アップ!!

 足の付け根をベルトで圧迫(加圧)し、1日わずか1キロ・メートルほど歩くだけで、3週間後には足腰の筋力が10%も上昇することが、首都大学東京の安部孝教授(身体運動科学)らの研究でわかった。
 加圧によるトレーニング法開発者の佐藤義昭氏らとの共同研究で、教授らは大学生18人を2グループに分けた。一方は、足の付け根を幅5センチほどのベルトで圧迫し血流を制限した状態で、もう一方は何も付けずに、休憩をはさみながら10分程度、毎日2回歩いた。歩行は大またで、時速約3キロ・メートルのゆっくりしたペース。3週間後、ベルトを締めたグループの太ももの周囲は2センチ増加。太ももの筋肉量、筋力はそれぞれ6%、10%増加した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■アップル、Intelチップ搭載の「iMac」「MacBook Pro」を発表!!

 11日に開幕したMacworld Expoの基調講演で、Apple CEOのSteve Jobsが同社初のIntelプロセッサ搭載Macとして、新しい「iMac」と「MacBook Pro」を発表した。iMacが11日から、MacBook Proが2月に発売される。
 iMacは、価格、形状とも現行のPower PC搭載モデルと変わらないが、デュアルコアのIntel Core Duoチップを搭載することから、2〜3倍高速化していると、Jobsは語った。同氏はまた、Intelチップへの移行について、今年度中にすべてのモデルを移行する計画と述べた。
 Jobsはさらに、同じくIntelプロセッサを採用し、現行のPowerBook G4より4〜5倍高速な「MacBook Pro」も発表した。この新しいラップトップには「Front Row」が搭載され、リモコンを使って音楽を聴いたり映画や写真を観たりすることが可能。筐体は現行モデルよりもわずかに薄く、「iSight」カメラが内蔵されている。
 MacBook Proの仕様と価格は、1.67GHzモデルが1999ドルで、512Mバイトのメモリと80Gバイトのハードディスク、さらにSuperDriveを搭載する。一方、2499ドルの上位モデルはプロセッサの動作速度が1.83GHzで1Gバイトのメモリと100Gバイトのハードディスクを搭載。両モデルとも画面サイズは15.4インチ(解像度1440x900)となる。
 アップルコンピュータのウェブサイトでも、すでに新製品の情報が公開されている。「MacBook Pro」には1.67GHzモデル(税込価格24万9800円)と1.83GHzモデル(税込価格30万9800円)の2種類が、また新iMacにも1.83GHzのチップを搭載する17インチモデル(税込価格15万9800円)と2GHzチップ搭載の20インチモデル(税込価格20万9900円)が2モデルが用意されている。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006.01.10

■キネ旬2005年度ベストテン!!

 映画専門誌「キネマ旬報」の2005年度ベストテンと個人賞が10日、決まった。日本映画部門では、井筒和幸監督の「パッチギ!」がベストワンと監督賞を獲得した。
 【日本映画】<1>パッチギ!<2>ALWAYS 三丁目の夕日<3>いつか読書する日<4>メゾン・ド・ヒミコ<5>運命じゃない人<6>リンダ リンダ リンダ<7>カナリア<8>男たちの大和/YAMATO<9>空中庭園<10>ゲルマニウムの夜
 【外国映画】<1>ミリオンダラー・ベイビー<2>エレニの旅<3>亀も空を飛ぶ<4>ある子供<5>海を飛ぶ夢<6>大統領の理髪師<7>ウィスキー<8>スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐<9>キング・コング<10>ヒトラー〜最期の12日間〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ジョン・スチュワート、第78回アカデミー賞の司会に!!!

 3月5日に開催される第78回アカデミー賞の司会は、ジョン・スチュワートが務めると発表された。スチュワートの番組「ザ・デイリーショー・ウィズ・ジョン・スチュワート」は7つのエミー賞を獲得しており、グラミー賞の司会も過去に2回務めている。「アカデミーの本当の目的は、僕が司会をしたらビリー・クリスタルが見ちゃいられないとマイクを奪いにくることなんじゃないかな」と早くもジョークを飛ばすスチュワート。プロデューサーのギル・ケイツは、「スチュワートは、予想外のことに対処し、会場を盛り上げられるコメディアン。頭の回転の速さと、怖いものなしの態度が番組を最高のものにしてくれることを期待する」とコメントしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.09

■ディズニーランドで浦安市の成人式!

 うらやましいかも-。千葉県浦安市は9日、東京ディズニーランド(TDL)で成人式を行い、ミッキーマウスなどのキャラクターが新成人を祝福した。TDLでの成人式は5回目。同市の新成人の73%に当たる1199人が参加した。オープニングのショーにミッキーマウスが登場すると大歓声が上がった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■邦画アニメが中国初上映!

 アニメ映画「銀色の髪のアギト」(監督杉山慶一)が、今年3月から中国で封切られることが決まった。日本アニメが中国で劇場公開されるのは初めて。配給は、中国最大手の中国電影集団公司が手掛け、楊歩亭代表は「中国のアニメ業界の活性化、アジアの映画の今後を占う画期的な出来事」とコメントした。約1000スクリーンという破格の規模で、今後のアジア、世界進出への試金石となりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.08

■「秘密のかけら」の不思議な官能!!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 アルメニア出身のアトム・エゴヤン監督がトルコによるアルメニア人虐殺を描いた前作「アララトの聖母」は、自らのルーツを問う重厚な作品だった。今回は、1950年代の華やかなアメリカ・ショービズ界の光と闇を描く異色サスペンス。官能と頽廃に満ちた物語だが、とても人工的な感じがする。初めてハリウッドで撮影したエゴヤン監督は、ハリウッドの魅力の陰にある表面的な虚飾をさりげなく切ってみせる。その皮肉は、まさにエゴヤン映画だ。
 物語の構図は、なかなか屈折しているが、俳優たちも、これまでとは違った側面をみせる。ケビン・ベーコンがくせのある役を演じるのは、見慣れているが、コリン・ファースがコメディから、一転暴力的になる場面は驚いた。ラスト近くでは、さらにすごい場面がある。子どもっぽい役が多いアリソン・ローマンはベッドシーンに挑戦している。相次ぐベッドシーンに登場する女優たちはなかなか魅力的で大胆だった。しかしアメリカ、日本で成人映画に指定されたのは理解できない。

 2005年作品。カナダ・イギリス・アメリカ。108 分。配給=ムービーアイ。監督=アトム・エゴヤン(Atom Egoyan)。製作=ロバート・ラントス(Robert Lantos)。製作総指揮=アトム・エゴヤン(Atom Egoyan)、コリン・リーヴェンタール(Colin Leventhal)、ドナルド・A・スター(Donald A. Starr)、ダニエル・J・B・テイラー(Daniel J.B. Taylor)。原作=ルパート・ホームズ(Rupert Holmes)。脚本=アトム・エゴヤン(Atom Egoyan)。撮影=ポール・サロッシー(Paul Sarossy)。プロダクションデザイン=フィリプ・バーカー(Phillip Barker)。衣装デザイン=ベス・パスターナク(Beth Pasternak)。編集=スーザン・シプトン(Susan Shipton)。音楽=マイケル・ダナ(Mychael Danna)。ラニー・モリス=ケヴィン・ベーコン(Kevin Bacon)、ヴィンス・コリンズ=コリン・ファース(Colin Firth)、カレン・オコナー=アリソン・ローマン(Alison Lohman)、ボニー・トラウト=ソニヤ・ベネット(Sonja Bennett)、モーリーン=レイチェル・ブランチャード(Rachel Blanchard)、ルーベン=デヴィッド・ヘイマン(David Hayman)、サリー・サンマルコ=モーリー・チェイキン(Maury Chaykin)、パブリシスト=キャスリン・ウィンスロー(Kathryn Winslow)、アリス=クリスティン・アダムス(Kristin Adams)
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■「オペラ座の怪人」ロングラン新記録!!!

 ミュージカル「オペラ座の怪人」が、あす9日にニューヨークのマジェスティック・シアターで7486回目の公演を迎える。そして「キャッツ」を抜いてブロードウェーのロングラン記録を塗り替える。この劇場での上演は26日で18年になり、計1100万人が足を運び、興行収入は6億ドルにのぼる。公演も世界20カ国に広がり、8千万人の観客が32億ドルをもたらした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.07

■グウィネス・パルトロウの家は幽霊屋敷!?

 グウィネス・パルトロウと、シンガーの夫クリス・マーティンが、自宅に「悪い気が流れている」と語っている。この邸宅はロンドン北西部にあり、ふたりはこの家をおよそ7億3千万円で購入した。大衆紙「ザ・サン」によると、ふたりはお祓いを願い出たそうで、このお祓いでは、10人の男性が詩篇を唱え、ヒツジの角を吹く儀式が行われるようだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『あらしのよるに』海外公開が決定!!

 昨年の12月10日より公開されている『あらしのよるに』の観客動員数が、公開から27日目にして120万人を突破した。つまり昨年末から正月にかけて、100人に1人の日本国民が観賞した計算になる。この結果を受け、配給元の東宝は「漫画が原作ではないオリジナルアニメ映画としては異例の大ヒットだ」と発表した。
 早くも海外での公開が決定し、台湾では1月20より55館で公開される。この数は、台湾で公開された日本映画の中で、『ハウルの動く城』『着信アリ2』に続く歴代3位に入る大規模公開となる。ほかにもイギリス、韓国など世界26か国で公開が予定されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.06

■「ハリー・ポッター」最終章、執筆開始!!

 作家のJ・K・ローリングが、間もなく「ハリー・ポッター」シリーズ7作目となる最終章の執筆を始める。ローリングは「興奮しているし、恐ろしいわ。ハリーなしの人生は想像できない」とコメント。「この数週間、7作目の執筆のための準備を十分にしてきたから、1月から執筆を開始できる」と語っている。最新刊「ハリー・ポッターと謎のプリンス」は2005年の夏に出版され、世界的ベストセラーとなった。映画第5作『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団』は、ダニエル・ラドクリフの続投出演で、2月から撮影を開始する予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.05

■101歳の現役スキーヤー三浦敬三さん死去!!

 100歳を超える現役スキーヤーとして知られていた三浦敬三(みうら・けいぞう)さんが、5日午前2時32分、多臓器不全のため亡くなった。101歳。2005年4月に札幌市内のスキー場で転倒し、けいついを損傷。一時は歩行できるまで回復したが、9月に脳こうそくを起こし、入院していた。告別式は11日午前11時半から、東京都中野区中央2の33の3の宝仙寺で。喪主は長男で、山岳プロスキーヤーの雄一郎氏。
 70歳でエベレスト山麓(さんろく)のチャングリ氷河、77歳でキリマンジャロのスキー滑降に挑戦。さらに、81歳の時に、アルプスのシャモニー(フランス)からツェルマット(スイス)までの100キロを踏破し、2003年2月には99歳で、雄一郎さん(73)と孫の雄大さんの親子3代でモンブラン氷河の走破に成功した。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■松下、ベッド並み世界最大プラズマTV開発!!

 松下電器産業は5日、世界最大となる103型プラズマテレビを開発した、と発表した。画面は幅約2・3メートル、高さ約1・3メートルとセミダブルベッド並みの大きさだ。
 空港やホテルのロビー、公共施設といった業務用のほか、家庭向けではホームシアターとしての需要が期待できるという。価格や商品化の時期は未定だが、量産技術を確立しており、今後、需要を見極めた上で発売を決める。
 これまで100型を超えるサイズは、発光の均一性などが課題とされていたが、駆動装置を改良するとともに、昨年9月の尼崎工場(兵庫県尼崎市)の稼働で、超大型のプラズマパネルの生産が可能になった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■カンヌ映画祭審査委員長にウォン監督

 フランス南部カンヌで毎年催されるカンヌ国際映画祭の実行委員会は4日、今年5月17〜28日に開催される2006年映画祭の審査委員長を香港在住の中国人、ウォン・カーウァイ監督が務めると発表した。中国人が同映画祭の審査委員長になるのは初めて。ウォン監督は1997年、監督作「ブエノスアイレス」で同映画祭監督賞を受賞。また「花様年華」(2000年)はコンペティション部門のパルムドール(最高賞)候補にノミネートされた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■芥川賞、直木賞候補作決まる

 日本文学振興会は4日、第134回芥川賞、直木賞の候補各6作を発表した。選考委員会は17日午後5時から東京都内で開かれる。候補作は次の通り(敬称略)。 
・芥川賞=伊藤たかみ「ボギー、愛しているか」(「群像」12月号)▽絲山秋子「沖で待つ」(「文学界」9月号)▽佐川光晴「銀色の翼」(「文学界」11月号)▽清水博子「vanity」(「新潮」10月号)▽西村賢太「どうで死ぬ身の一踊り」(「群像」9月号)▽松尾スズキ「クワイエットルームにようこそ」(「文学界」7月号)
・直木賞=伊坂幸太郎「死神の精度」(文芸春秋)▽荻原浩「あの日にドライブ」(光文社)▽恩田陸「蒲公英草紙」(集英社)▽恒川光太郎「夜市」(角川書店)▽東野圭吾「容疑者Xの献身」(文芸春秋)▽姫野カオルコ「ハルカ・エイティ」(文芸春秋)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■トム・ハンクスが『スター・トレック』に出演か?

 トム・ハンクスが、人気SF映画『スター・トレック』のシリーズ11作目『スター・トレックXI:ザ・ビギニング』(原題)へ出演するのではと噂されている。SF映画とオスカー俳優が結びつかないようにも思えるが、シリーズ11作目の脚本を担当することが決まっているエリック・ジェンドレセンとハンクスは古い友人で、「バンド・オブ・ブラザース」で二人はコンビを組んでいのだ。ハンクスの出演が実現すれば、シリーズ11作目はシリーズ中もっとも豪華な俳優が出演することになり、スター・トレックファンならずとも注目の一作になりそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.04

■俳優イチロー、うますぎる!!

 新春ドラマSP 古畑任三郎ファイナル「フェアな殺人者・バッター、ライト、イチロー、ピッチャー、警部補、古畑任三郎」(三谷幸喜脚本)2006年1月4日午後9時〜10時48分。

 古畑仁三郎ファイナルでのイチローの演技、すごくない?。うますぎる。お世辞ではなく、別な才能も感じた。これは、別の意味で事件だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■『ロッキー6』ロッキーの相手役女優決定!!

 シルヴェスター・スタローンが監督・脚本・主演の三役をこなす『ロッキー』シリーズ6作目『ロッキー・バルボア』(原題)で、最愛の女性エイドリアンを亡くしたロッキーの相手役となる女優が明らかになった。演じるのは『おまけつき新婚生活』のアイルランド人女優ジェラルディン・ヒューズで、彼女はシリーズ1作目『ロッキー』に登場したマリー役に扮する。マリーは40歳代になり息子がいる設定で、ロッキーは彼女と彼女の息子にレストランでの仕事を与え、父親のいないマリーの息子にいろいろ指導してあげるそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■モーガン・スパーロック、新作映画を企画!!

 『スーパーサイズ・ミー』でアカデミー賞にノミネートされたモーガン・スパーロック監督が、サイエンス作家、クリス・ムーニーのベストセラー本「科学に対する共和党の闘い」の映画化企画に乗り出した。この本は、ブッシュ大統領が率いる共和党が、科学の重要性を軽視する傾向にあることを取り上げたもので、スパーロック監督は、2006年に本格的に企画を始動させる予定。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■故ジョン・キャンディ企画の映画が製作開始!!

 1994年に心臓発作のためにジョン・キャンディが急死してから10年以上が経った今、ついにキャンディが企画していた映画が製作されることが決まった。タイトルは『アワー・ファーザー』(原題)で、物語は南カリフォルニアで派手な生活を送っていた司祭がデトロイトのスラム街教会区での仕事に異動させられるコメディだ。脚本は『ポリスアカデミー』シリーズ3・4作目や『ヤング・ブラッド』のジーン・クインターノが手掛ける。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.03

■「あらしのよるに」は種と性を超えた純愛!!

ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
 これは2005年のうちに観るべき作品だった。きむらゆういち作のベストセラー絵本のアニメ化。オオカミとヤギという、本来交われないはずの関係に芽生えた友情、そして両集団からの迫害、逃走を描いている。構造的に対立する関係の中でも個々の交流は可能というテーマは、宮崎アニメ「風の谷のナウシカ」「もののけ姫」でも中核となる、極めて現代的なテーマだ。「あらしのよるに」は、食べる、食べられるという関係だけに、より深い亀裂を飛び越えた物語だといえる。その荒唐無稽ともいえる設定に、現代的な希望が託されている。丁寧に仕上げたアニメーションの質も高い。

 深刻なテーマを、軽妙に描くというセンスを否定しないが、あまりにも軽々と奇跡的な関係が生まれ、持続していくので、展開に起伏が乏しくなった。絵空事、きれい事としらけさせかねない。そしてオオカミのガブの葛藤に比べ、ヤギのメイはあまりにも脳天気すぎる。オオカミとヤギの関係は、やがて愛情に近づいていく。この辺が素晴らしい。種と性を超えた究極の純愛映画なのかもしれない。

 2005年作品。日本映画。107 分。配給=東宝。監督=杉井ギサブロー。アニメーション監督=前田庸生。アニメーション制作=グループ・タック。アニメーション制作プロデューサー=藤田健、桜井宏。製作=近藤邦勝。プロデューサー=中沢敏明、大岡大介、梅村安、田代敦巳。エグゼクティブプロデューサー=木村明子。企画=濱名一哉。原作=きむらゆういち。脚本=きむらゆういち。杉井ギサブロー(演出脚本)。撮影=佐藤陽一郎。美術監督=阿部行夫。編集=古川雅士。音楽=篠原敬介。音楽プロデューサー=大川正義。主題歌=aiko『スター』。CGディレクター=館信一郎、佐藤陽一郎。キャラクターデザイン=江口摩吏介。音響監督=藤山房伸。企画協力=あべ弘士。作画監督=江口摩吏介。色彩設計=歌川律子。CG映像ディレクター=篠崎亨。構成プランナー=くずおかひろし。ガブ=中村獅童、メイ=成宮寛貴、ギロ=竹内力、バリー=山寺宏一、タプ=林家正蔵[9代目]、ヤギのおばさん=KABA.ちゃん、ヤギの一族の長老=板東英二、ビッチ=柳原哲也、ザク=平井善之、ミイ=小林麻耶、ガブの母=早見優、メイのおばあちゃん=市原悦子
ホームページ連携
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

| | コメント (1) | トラックバック (3)

■アンソニー・ホプキンスの天才的な能力!!

 アンソニー・ホプキンスは、天才的な能力を持っている。何月何日が何曜日だったかという、日付と曜日をすぐに計算できる。「今年の6月28日は火曜日だった。ちょうど50年前の1955年の6月28日も火曜日だった。私はその年に初めて演技のクラスを受講したんだ。あれは10月3日だったから月曜日ということになる」とスラスラと日付と曜日が出てくる。「なぜだかわからないけれど、日付と曜日を即座に計算できるんだ。残念ながら何の役にもたたないがね」と語った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ヒトとチンパンジー、Y染色体の差はゲノムより大!!

 チンパンジーの性を決めるY染色体のDNA塩基配列をヒトと比較したところ、違いは1・78%で、ゲノム(全遺伝情報)の違いより大きかったとする解析結果を、理化学研究所ゲノム科学総合研究センター(横浜市)など日本と韓国の国際チームがまとめた。
 1日付の米科学誌ネイチャージェネティクス(電子版)に発表した。
 Y染色体は哺乳(ほにゅう)類で雄であることを決定付ける役割を持ち、Y染色体の遺伝情報は父から息子へと常に雄を通じて伝わる性質を持っている。
 同センターの藤山秋佐夫客員主管研究員は「Y染色体にはゲノム上で過去に起きた変化が保たれている。ヒトとチンパンジーを比べる場合、Y染色体を見ると正確に違いが分かるのではないか」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.02

■近藤貞雄氏死去、中日などで監督歴任!!

 プロ野球の中日、大洋(現横浜)、日本ハムで監督を歴任した近藤貞雄(こんどう・さだお)氏が2日午前9時22分、都内の病院で呼吸不全のため死去した。80歳だった。愛知県岡崎市出身。告別式は10日午前10時から東京都品川区西五反田5の32の20の桐ケ谷斎場で。喪主は妻恵子(けいこ)さん。
 法大を中退し、1943年に西鉄に入団。巨人に移籍して46年に23勝をマークするなど、投手として55勝71敗の成績を残した。中日、ロッテのコーチ時代に、先発、抑えの分業制を提唱。81年に中日の監督に就任し、翌年リーグ優勝した。85年から大洋、89年から日本ハムの監督を歴任。大洋時代に高木豊、加藤博一、屋鋪要を「スーパーカートリオ」として売り出すなど、豊かな発想の持ち主としても知られた。99年に野球殿堂入り。 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

■KinKiKids、ストーンズ超え!!

 ユニット・KinKi Kidsが12月31日、東京・水道橋の東京ドームでコンサートを行った。1998年以来8年連続となる同所での年末年始ライブ(30-1日)は、この日で23公演目。英ロックバンド「ローリング・ストーンズ」が持つ最多記録22回を更新した。
 初日公演で米歌手マイケル・ジャクソンの21回も抜いたキンキ。ストーンズは、昨夏スタートの北米ツアーで120万人を動員し、興業収入190億円を稼ぎ出した。今年3月には3年ぶり5度目の来日公演が決まった。東京ドームでは2公演が予定され、2006年元日に24公演となるキンキに並ぶ。しかし、ストーンズが毎年、来日公演を行うことはないため、キンキが再びトップを独走することになる。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.01

■北海道、 2005年交通死ワースト返上!!

 北海道の 2005年の交通事故死者数は前年比85人減の302人(速報値)となり、1991年以来14年ぶりに全国ワーストを返上し、4位となった。4位以下になるのは、5位だった1974年以来31年ぶり。
 道内は12月31日、死亡交通事故がなかった。全国ワーストは愛知県の351人、2位は埼玉県の322人、3位は千葉県の305人(いずれも速報値)。道内の前年比減は2001年以来5年連続で、減少数は全国で最も多い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■幼稚園から義務教育!!?

 政府・与党は、小中学校の9年間と定められている義務教育に幼稚園などの幼児教育を加え、期間を10〜11年間程度に延長する方針を固めた。
 幼稚園―小学校の区分による環境の変化が学力のばらつきを招いているため、幼稚園を義務教育に含め、一貫した学習体系を構築するのが狙いだ。幼児教育を無償にすることで、少子化対策を強化する面もある。1月に召集される通常国会に提出する予定の教育基本法改正案で義務教育の9年間規定を削除し、2009年度以降の義務教育延長の実現を目指す。
 義務教育をめぐっては、近年、小学校低学年で、集団生活になじめない児童が騒いで授業が混乱する「小1問題」が起きている。幼稚園―小学校―中学校と進学するにつれ、指導の内容、難易度などが大きく変わり、成績格差が拡大する問題も指摘されている。このため、政府・与党は幼稚園などの幼児教育を含めた義務教育制度の見直し論議に入っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■iPod」デザイナーに大英勲章!!!

 米アップル社の携帯型デジタル音楽プレーヤー「iPod」のチーフデザイナーで同社のデザイン担当上席副社長、ジョナサン・アイブ氏が12月30日、英国のエリザベス女王による、叙勲対象者リストに選ばれた。ロンドン生まれのアイブ氏は大英帝国勲章(CBE)を授与された。同氏はアップル社での約13年間で、「iPod」以外に、「iMac」、「iBook」やコンピューターのPowerbookシリーズを製作したチームのリーダーを務めた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■レコード大賞は倖田來未!!

 第47回日本レコード大賞(日本作曲家協会など主催)の最終審査会が12月31日、東京都初台の新国立劇場で行われ、女性歌手・倖田來未の「Butterfly」が大賞に輝いた。最優秀歌唱賞には「五能線」を歌った水森かおりさん、最優秀新人賞には8人編成のポップス・グループ、AAA(トリプル・エー)が選ばれた。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

■俳優の豊川悦司、離婚!!

 豊川悦司は、1997年にヘアメークアーティストの女性と結婚。離婚について「責任はすべて私にあります。この選択は、二人で十分に話し合い、理解し合って出した結論です」とのコメントを出した。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »