« ■アンソニー・ホプキンス、セシル・B・デミル賞を受賞!! | トップページ | ■建設中の耐震偽造マンション解体へ!! »

2005.11.21

■光に反応する人工ウイルス、東大が遺伝子治療用に開発!!

 特定の機能を持つ遺伝子を体内に入れて病気を治す遺伝子治療で、遺伝子を目的の細胞内に運び入れる役目を担う新たな「人工ウイルス」を、東京大の片岡一則教授と西山伸宏助手らの研究グループが開発した。光を当てた場合にだけ反応して効果を発揮するため、ある部位を限定的に治療したい時に役立つという。21日付の英科学誌ネイチャーマテリアルズ(電子版)に発表した。
 研究グループは、天然のウイルスの構造を参考に、光に反応して活性酸素を放出する性質を備えた高分子の“殻”で治療用遺伝子を包み、大きさ約100ナノメートル(1ナノメートルは100万分の1ミリ)の人工ウイルスを作成した。

|

« ■アンソニー・ホプキンス、セシル・B・デミル賞を受賞!! | トップページ | ■建設中の耐震偽造マンション解体へ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/7248811

この記事へのトラックバック一覧です: ■光に反応する人工ウイルス、東大が遺伝子治療用に開発!!:

« ■アンソニー・ホプキンス、セシル・B・デミル賞を受賞!! | トップページ | ■建設中の耐震偽造マンション解体へ!! »