« ■PSP、累計出荷1000万台、発売10カ月で達成!! | トップページ | ■即席ラーメン「マルちゃん」、メキシコで大人気!!! »

2005.10.21

■ブッシュ大統領の声で着信音、米国で密かなブーム、抗議着信音!!

 これは、日本でも流行らせよう!!。もちろん小泉首相の声で。
 携帯電話の着信音が鳴る。その着信音は、まず「Brownie、大変な重労働だね」というブッシュ大統領の声が聞こえ、その後にフォーク歌手Arlo Guthrieのヒット曲「City of New Orleans」が流れ始める。最初の大統領の声は、が大洪水に見舞われた南部の都市で行なった演説から抜粋したものだ。大統領はその演説の中で、米連邦緊急事態管理局(FEMA)のMichael Brown局長を称賛したが、局長はその直後に辞職してした。この辛らつな政治的メッセージとも取れる手作り着信音を作ったのは、ワシントン地区で活躍する非営利のウェブ開発者Eric Gundersenだ。この着信音は、抗議着信音(Protest Ringtone)と呼ばれ、2、3カ月前にフィリピンで生まれた草の根活動として、最近、米国でも徐々に広まりつつある。
 「もし誰かの携帯電話からBushのイラクに関する発言や、その他の馬鹿げた発言が聞こえてきたら、『よし、他にも仲間がいる』と思うでしょう」(Gundersen)

|

« ■PSP、累計出荷1000万台、発売10カ月で達成!! | トップページ | ■即席ラーメン「マルちゃん」、メキシコで大人気!!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/1152/6506739

この記事へのトラックバック一覧です: ■ブッシュ大統領の声で着信音、米国で密かなブーム、抗議着信音!!:

« ■PSP、累計出荷1000万台、発売10カ月で達成!! | トップページ | ■即席ラーメン「マルちゃん」、メキシコで大人気!!! »